女性らしいしなやかさと上品さを携えた「ピンク」を大人が着るなら、少し落ち着いたトーンを選ぶのが正解。若々しく見えすぎないよう、色数を減らしながら、品あるシルキーな素材選びでメリハリをつけるなど、こなれポイントをおさえましょう。自分らしく個性的に着映える海外マダムのコーディネートにはいつも、40代・50代のキャリア女性の着こなしのヒントが眠っています。

TUESDAY:品ある大人のピンクで着映える方法

ピンクを大人に着るポイントは素材選びが鍵

女性をかわいらしく魅せてくれるピンクを大人に着こなすには、「ピンク色のトーン」と「合わせる素材選び」がポイント。若づくりに見えないよう、上品さを引き出すよう意識しましょう。自分を美しく輝かせるポイントを熟知している海外マダムの着こなしテクニックを盗めば、センスアップが叶います。

コーディネートのポイント①ファーディテールで上質に魅せて

エレガントなファーコート

落ち着いたピンク色のコートに配された上質ファーが、大人女性の魅力を最大限引き出す鍵です。素材選びは抜かりなく。

コーディネートのポイント②上品な光沢をプラスして夜仕様に

光沢素材で艶をプラス

コーディネートが一気に華やぐシルキーなスカートやクラッチを足して、夜のレセプションでも自信のもてるスタイルへ。

■コーディネートのポイント③足元はエレガントをキープ

ベージュで品格を意識

足元はヌードベージュのパンプスでなじませることで、コーディネート全体のバランスを保って。さらに上級者にステップアップするなら、同系色のネイルカラーをオンして指先まで抜かりなく。

以上、女性らしさを引き出してくれる「ピンク」で大人が着映えるポイントをお届けしました。海外のキャリア女性が実践する簡単にセンスアップするテクニックを盗めば、人からの見られ方が気になるパーティシーンでも自信を持って出かけられるはずです。大人の女性を美人に仕立ててくれる「ニュアンス感のあるピンク」、毎日のお仕事スタイルにぜひ取り入れてみてくださいね。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃