銀座と赤坂の人気鮨店を経て、26歳という若さで銀座に店を構えた高橋 潤さん。元野球少年だけあって、一手一手リズムよく握られた鮨は、その姿同様、キリリとして美しい。

高橋 潤さん

薄めの赤酢を用いたシャリはしっかりと粒が立ち、ていねいな仕事が施されたネタとの相性は抜群。奇をてらうことなく、シンプルに旬の味を楽しめるつまみも人気です。名店でしっかりと腕を磨いただけあって、リピーターが多いというのもうなずけます。

中トロと赤身は紀州勝浦産、すっきりと酢でしめたコハダ、鹿児島のスミイカ、出す直前にさっと炙るふっくらアナゴ、ゆでたてを目の前でむいて握る車エビ、春の味覚の煮ハマグリ。

「朝、築地へ行ってから店に戻り、仕込みをしてお客様と向き合う。毎日同じことの繰り返しだからこそ、あたりまえのことをひとつひとつ、誠実にやっていきたいと思っています。自分のスタイルを変えることは簡単ですが、続けることはもっと難しいですから」

独立して約2年。そんな生真面目な高橋さんには、同世代はもちろん、年配の方のファンも多いとか。オフの日は常連さんや家族と、和洋中、さまざまなジャンルの話題の店を食べ歩き、研究にも余念がありません。

「おいしいものを食べるのが好きなだけです(笑)。これからもお客様においしい鮨を楽しんでもらいたい。それだけです」

高橋 潤さんに、こんなことも聞いてみました

Q.好きな魚は?

A.しめサバ。「きちんと仕事がされたネタはおいしい」

Q.自分を魚にたとえると?

A.ウニ。「素材だけで勝負する生真面目さが好き」

Q.好きな言葉は?

A.変わらないこと。「変わることは簡単、続けることは難しい」

Q.好きな音楽は?

A.椎名林檎、クイーン。「昔、バンドを組んでいました」

Q.オフの日の過ごし方は?

A.常連さんや妻とご飯に行く。「食通の常連さんたちは話題のお店に詳しいので」

Q.今、いちばん行きたい場所は?

A.世界遺産。「特にヨーロッパに行ってみたいです」

Q.小さいころの夢は?

A.野球中継の実況アナウンサー。

 

鮨 たかはし
住所/東京都中央区銀座1-14-14 森川ビル1F
TEL:03-3561-6503
営業時間/17:00~23:00
定休日/水曜 ※要予約
おまかせコースのみ ¥16,000(つまみ5~6品、握り10~11貫)、日本酒1合 ¥1,200~
カウンター8席のみ

※この情報は2016年5月7日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

この記事の執筆者
TEXT :
田中美保さん 編集者
BY :
『Precious6月号』小学館、2016年 / 2018.2.4 更新
1974年生まれ。編集プロダクション「スタッフ・オン」取締役社長。『Precious』をはじめ、『Domani』『Oggi』など女性誌の食や旅、生き方や著名人インタビューのページを担当。『しょうが女神の簡単おつまみ127』、『武田双雲の「書いて」夢をかなえる本』、『漂流郵便局』(いずれも小学館)など書籍の編集も。 好きなもの:食べること、料理、お弁当を詰めること、広いキッチン、大きなベッド、古い建物、鎌倉、『Empire 成功の代償』、『Castle ミステリー作家は事件がお好き』、キューバ、ブエノスアイレス、ハワイ、ジャック・ジョンソン、有吉佐和子『悪女について』、林真理子『星に願いを』(山田詠美のあとがきも好き)、ガルシア・マルケス『百年の孤独』、サーティワンのチョコレートミント
クレジット :
撮影/篠原宏明 取材/森中奈央(TRYOUT) 文/田中美保