年齢を重ねると、あごのラインが丸くなって下ぶくれ気味に。なんとかしたい輪郭の変化をカバーするのが、髪のうねり。ツンと尖ったあごに戻すのは大変でも、髪型ひとつで引き締まった顔になれるなら、実行しない手はありません!

【お悩み】あごのラインが丸くなって下ぶくれ気味に見えるのをどうにかしたい!

ショート代表:平岡亜優美さん(38歳/WEBデザイナー)のお悩みを解決するには…

■髪型:髪のうねりを生かしたCカールでシェーディング

完成
サイド
バック

平岡さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ (細→太)★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

クセがあって、ボリュームが出にくい髪質だという平岡さん。

「S字を描くクセやうねりの場合、毛先が内向きになるCの長さでカットすれば自然な丸みが生まれてボリュームが出るうえに、顔まわりにフィットするようにカットすることで顎のラインが引き締まって見えます」(enfleurage青山 マネージャー 生井貴行さん)

■スタイリング:トップは根元を立たせ、毛先を内巻きにしてメリハリをつける

「全体がCカールになるようにカットしてあるので、毎朝のスタイリングはトップの髪を立たせて、あとは毛先を内巻きに整えるだけで大丈夫。ツヤが欲しいときは120度前後の低め温度に設定したアイロンに、髪をサッと通すといいでしょう。このとき、髪を強く引っ張るとせっかくのふわっと感がなくなってしまうので、力を入れないでくださいね」(生井さん)

スタイリング前

■1:つむじを中心に顔側の髪は前向き、後頭部側の髪は後ろ向きに3分ほど巻く

顔側の髪は前向きに。後頭部側の髪は後ろ向きにするのがポイント

■2:もみあげの毛先が「斜め前」に向くようにワックスをなじませる

指で毛先をねじる

■3:トップの髪をアイロンで軽く挟み、力を入れずにスライドさせる

髪を前方にスライド

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■つむじ部分をカーラーで巻いて、地肌見えを防ぐ
  2. ■トップのボリュームをもみあげでキュッと引き締め、メリハリをつける
  3. ■アイロンは下向きでなく、根元を立たせるように上向きにスライドさせる

「ボリュームが少なくなると、つむじ部分から地肌が透けて見えます。つむじ割れを防ぐようにカーラーで根元を立たせてください。アイロンをスライドさせるときも、下ろすとペタッとしてしまうので、フワッと髪を浮かせるように動かしてください」(生井さん)

enfleurage青山 マネージャー・生井貴行さん。DIY好きが高じて、ついに山梨にアトリエをつくってしまったんだとか。「休日のたび通って、インテリアも内装も遊び放題に楽しんでいます」

問い合わせ先

閑静な住宅街に建つ居心地のいいサロン。より確かな技術と洗練されたセンスに定評が

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑