コシがなくなって髪がペタ~ッとしてくると、少しでもボリュームを出すために毎朝スタイリングで苦労する…なんて経験、ありませんか? 貴重な朝の時間を節約するには、毛先パーマが効くようです。手入れが簡単で、しかも見栄えがするスタイルを紹介してもらいました。

【お悩み】コシがなくて、すぐペタ~ッとなる髪にボリュームがほしい!

ミディアム代表:廣瀬真波さん(40歳/伝統工芸アドバイザー)のお悩みを解決するには…

■髪型:レイヤーでボリュームを出し、毛先のパーマで動きを表現

完成
サイド
バック

廣瀬さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ(細→太) ★
  4. うるおい(乾→潤) ★★★
  5. 白髪の量(多→少) ★★★

以前はコシがあってスタイリングしやすい髪だったのが、ここ数年で髪が細くなり、パサつきやすくなったという読者代表の廣瀬さん。

「髪が細くなるとうねりが出やすくなります。このうねりを生かしように、髪の中間あたりから毛先にかけてパーマをかけると、まるで狙ったかのような動きが表現できます」(pinceau 代表 山岸亜由美さん)

また、毛が細くなると髪がペタ~ッと頭に貼り付いたようなシルエットになりがち。

「ふっくらとしたボリュームは、耳の上あたりにレイヤーを入れれば簡単。あとは毎日のスタイリングで頭頂部の根元を立ち上げればペタ~ッとした印象はなくなります」(山岸さん)

■スタイリング:頭頂部を立ち上げ、毛先を指でねじればゴージャスな雰囲気に

「髪の中間から毛先にかけてパーマがかかっているので、指で毛先をねじるだけで巻き髪が復活します。仕上げにサラッとした感触のヘアオイルをなじませると、ツヤ感が生まれます」(山岸さん)

スタイリング前

■1:頭頂部の髪をマジックカーラーで巻き、根元の立ち上がりをつくる

頭頂部の髪を根元から直径5㎝ほどのマジックカーラーでそれぞれ矢印の方向に巻いて、根元の立ち上がりをつくる

■2:毛先を指に巻きつけ、動きのある毛先をつくる

頭頂部周辺を巻いている間、指に巻き付けるように毛先をねじり、動きのある毛先をつくる

■3:手ぐしでヘアオイルをなじませる

カーラーを外したら、手ぐしでとかすようにしてヘアオイルをなじませる

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■中間から毛先にパーマをかけてうねりを生かす
  2. ■頭頂部の髪を根元から立ち上げてボリュームを出す
  3. ■ヘアオイルでパサつきを抑えつつツヤ感もプラス

「ミディアムの長さで髪全体にパーマをかけるとボリュームが出すぎるので、毛先中心のパーマでOK。これだけで、毎朝のヘアスタイリングが楽になりますよ」(山岸さん)

pinceau代表 山岸亜由美さん。趣味は芸術鑑賞。「小学1年生からずっと書道を習っていて、今でも休日に写経したりするんですよ」

問い合わせ先

  • pinceau(パンソー)
  • TEL:03-6804-1256
  • 住所/東京都港区元麻布3-11-3 パティオ麻布十番2-2F
  • 営業時間:平日10:00~21:00 土・日・祝10:00~20:00
  • 定休日:火曜、第1・3月曜
フランス語で「絵筆」を意味するpinceau。その人の個性や髪質を最大級に生かしたスタイルを提案してくれる。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑