「いつかは手に入れたい…」

誰しも心のブックマークにそれとなく入っている憧れのアイテムって、ありますよね。

特に、おしゃれを楽しむのが好きな女性にとって、「いつかはバッグ」の存在は、ささやかな目標にもなります。

雑誌Domaniをはじめ、さまざまなファッションメディアで活躍するスタイリスト・望月律子さんの場合、その憧れの対象となるバッグは、ボッテガ・ヴェネタの『カバ』でした。

ボッテガヴェネタ『カバ』バローロ バッグ[縦27cm×横40cm×マチ16cm] ¥880,000(税抜)
ボッテガヴェネタ『カバ』バローロ バッグ[縦27cm×横40cm×マチ16cm] ¥880,000(税抜)

「20代のころから、いつかは私も…と憧れ続けたバッグが、『カバ』。

スーパーベーシックでありながら端正で美しい、その控えめな佇たたずまいに惚れこみました。

いつ買っても間違いなくずっと愛せるものだからこそ、今だから買おうと思うタイミングが難しかったのですが、私の場合は、30代後半で日本限定50個という”ミスト”というグレイッシュな白が登場したときに決断。

シンプルでクラシカルなデザインだからこそ、大人の女性が持つなら、少し変化球の色を選んだほうが、カジュアルにも使えて着こなしの幅も広がることを実感しました。

そんな意味でもこちらの”バローロ”カラーはオススメ。使うほどにやわらかく、レザーがしなやかになっていって味も出てきます。

自分と一緒に年を重ねて深みを増していく、そんな楽しみ方ができる名品バッグです」

■職人が丸2日かけて手作業でレザーを編み込んでいく、高いクラフトマンシップを誇るボッテガ・ヴェネタにしかつくれない不朽の名品のひとつが『カバ』。2016年の新色のひとつが、この”バローロ”。ワインのように深みのある赤が、シックで美しい。

※この情報は2016年11月1日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
望月律子さん スタイリスト
2017.10.31 更新
雑誌『Domani』など、女性ファッション誌を中心に活動中。ベーシックでいながら洗練されたスタイルが人気。トークイベントやブランドとのコラボアイテムの開発など、活躍の場を広げている。著書『望月律子のBASIC THEORY』(ワニブックス)が好評発売中。
公式サイト:公式ブログ「Ritsuko's Styling Theory」
クレジット :
文/望月律子 撮影/佐藤 彩 構成/菊谷まゆ