年齢、性別問わずいつでも喜ばれるのは、栗を使ったスイーツ。フレデリック・カッセルから、マロンをテーマにした限定スイーツコレクションが登場します。

maron フォンテーヌブローに本店を構えるスイーツブティック、フレデリック・カッセル マロングラッセ


深い森に囲まれたパリ郊外の古都・フォンテーヌブローに本店を構えるスイーツブティック、フレデリック・カッセル。こだわり抜いた素材と伝統が紡ぎ出す繊細なパティスリーは、世界中で多くの人々を魅了しています。

フレデリック・カッセルが毎月テーマを決めて東京とフォンテーヌブローで共有する“Inspiration(インスピレーション)”は、年2回のスペシャルなスイーツコレクション。

素材は産地や品種、作り方によってさまざま。素材そのものの味わいはもちろん、素材同士の味わいをグラデーションにしたりと、伝統的なフランス菓子を踏襲しながらも 自由な感性で生まれるコレクションです。

2017年初となる”インスピレーション”は…マロン

unnamed-10


フレデリック・カッセル好きにはおなじみの「ミルフイユ・フィンガー」 をはじめ、「マカロン」「サントノーレ」 、そしてメレンゲのプティガトー「プティ・メルヴェイユ」など、マロン深い味わいとのマリアージュを楽しめるラインナップ。

なかでもゆっくりと煮つめた大粒のイタリア栗のマロングラッセは、口に入れたとたん、なかから栗の甘みと香りがあふれ出ます!

ホームパーティなどのイベントも多く、手土産に悩む12月、1月。スペシャルなマロンのスイーツは、この冬のお遣い物におすすめの品。限定コレクションなので、見逃さないで!

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。