「以前はキリッとした目だったのに、最近目尻が下がってきた」。加齢とともに下がってくるのが、顔のさまざまなパーツ。40代・50代のマダムから指名が多いACQUA omotesando 店長の尼野 聡さんに、顔のダウン傾向をリフトアップさせるヘアスタイルを教わります。

驚くことに、髪でリフトアップが狙えると同時に、ダウン傾向を強調してしまう髪型もあるのだとか…! 知らないうちに、老けた印象をアピールしていたら…!? 自分の髪型を観察しながら、下向き傾向の目元、口元、フェイスラインを引き上げる髪型のつくりかたをしっかりマスターしましょう!

【お悩み】すべてが「下がり気味の印象」を若々しくグッと引き上げたい

ミディアム代表:西片智香子さん(45歳/CHIKAFE経営)のお悩みを解決するには…

■髪型:トップはふんわり、毛先は外向きにして毛流れの動きでリフトアップ!

完成
サイド
バック

西片さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ (柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★★

ダウン傾向を強調する髪というのは、「ペタッとしたトップ、ストレートな髪、長い前髪ですね。髪の根元から毛先に向かって真っ逆さまに落ちるような髪のラインは、ダウン傾向を強めます」(ACQUA omotesando 店長・尼野聡さん)

うねりが出てきた西片さんの髪。「このうねりを利用して、毛先を軽くして外に流すようにすれば、リフトアップ感が出ます。うねりをコントロールしにくければ、パーマ液に熱を加えるデジタルパーマをかけておくと、スタイリングが楽になりますよ」(尼野さん)

■スタイリング:カールを復活させるように握りながらドライヤーを当てる

スタイリングの前に洗い流さないトリートメントをなじませておくと、髪にツヤとコシが出るとか。「僕のオススメはケラスターゼの『ユイルクロノジスト』ですね。オイルなのに。ボリューム感も出せます」(尼野さん)

デジタルパーマをかけている西片さんの場合、「自宅でスタイリングするときは、カールを復活させるように『握る』のがポイントです」(尼野さん)

スタイリング前

■1:洗い流さないトリートメントを両手で髪を挟み込むようにしてなじませる

アウトバスで、髪型を整える際にトリートメントを

■2:髪の中間から毛束を握るようにしてドライヤーを当てる

紙の中間からドライヤーを当てる

■3:髪の中間あたりから毛束を握るようにしてスタイリングムースをなじませる

毛束を握るようにしてムースをなじませる

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. 前髪は短くし、ストレートは避ける
  2. 髪色は重たい印象になる黒ではなく、明るめに染める
  3. うねりのコントロールが難しければデジタルパーマをかける

「髪色が暗いのもダウン傾向を強調します。細めにハイライトを入れるとか、明るめの髪色にするだけでリフトアップ効果が狙えます」(尼野さん)

ACQUA omotesando 店長・尼野 聡さん。「インナービューティを心がけています。毎朝20分のヨガは、もう日課ですね」

問い合わせ先

  • ACQUA omotesando
  • 住所/東京都渋谷区神宮前5-2-14 ゲートスクエアビル2F
  • TEL:03-3400-8585
  • 営業時間:月~金11:00~21:00 土10:00~19:00 日・祝日10:00~18:00
  • 定休日:月曜(祝日の場合、翌火曜に振り替え)
丁寧なカウンセリングを通して、人それぞれの魅力を最大限に引き出してくれる。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑