うねってくると、ボリュームも減ってくるのでレイヤーでふんわりさせたい。でも表面にレイヤーを入れると髪が広がってパサつく…。そんな負の連鎖を断ち切るスタイルが、レイヤーのバランス技。MINXのエグゼクティブディレクター・菅野久幸さんに、その技を反映させた髪型を見せていただきました。

【お悩み】パサついてうねる髪に「ツヤ感」がほしい!

藤本良子さん(37歳/ヨガインストラクター)のお悩みを解決するには…

■髪型:レイヤーは「顔周りと髪の内側にのみ」に入れるのがポイント

完成
サイド
バック

藤本さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ (柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

髪の表面がフラットであればあるほど光が反射しやすくなり、ツヤが生まれるもの。「ツヤとボリュームがほしい藤本さんの場合、レイヤーは髪の表面ではなく、内側に入れます。顔にかかる部分にもレイヤーを入れておくとスタイルに軽さが出て、若々しい印象になります」(MINX エグゼクティブディレクター・菅野久幸さん)

■スタイリング:スプレーで根元を立ち上げてふんわり感をキープ

髪の表面はカールアイロンで根元からワンカールさせます。「スタイルをキープするには、ハードタイプのスプレーで根元に吹きつけておくといいでしょう。僕のオススメは霧が細かい『トリエ ルベル10』ですね。いくつか段階があるのですが“10”はスタイリング力がいちばん強力なタイプです」(菅野さん)

スタイリング前

■1:180度と「高めに温度設定」したカールアイロンで、髪の根元からフワッと立ち上げる

温度を180℃に

■2:髪の根元にスプレーし、立ち上がりをキープ

根元にスプレーを

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ツヤが欲しいところにレイヤーを入れない
  2. ドライヤーやアイロンは根元から毛先方向に動かしツヤを出す
  3. スプレーで根元の立ち上がりをキープしてふんわり感をキープ

「キューティクルの方向を整えるだけでツヤ感が出てきます。ブローするときや乾かすときは、必ず根元から毛先に向かって熱や風を当ててください」(菅野さん)

MINX エグゼクティブディレクター・菅野久幸さん。「1年ほど前から中国語を勉強しています。聞き取りが難しいですね」

問い合わせ先

  • MINX 銀座店
  • 住所/東京都中央区銀座2-5-4 ファザード銀座2F/7F
  • TEL:03-5159-3838
  • 営業時間:月~金11:00~21:00 土10:00~20:00 日・祝日10:00~19:00
  • 定休日:火曜(祝日の場合は営業)
技術・空間・メニューのいずれも最高品質を自負。美容業界のゲストが多いのもうなずける。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑