働く女性の必須アイテムのひとつである「ジャケット」ですが、ステレオタイプの制服的なスタイリングのイメージが強いだけに、ルールを崩すことができない人も多いのではないでしょうか?

今回は、ストラスブルゴ ウイメンズのバイヤーでありディレクターを務める植原ほのさんに、常識を覆す「大人の着回しテクニック」を教えていただきました。

 
植原ほのさん
ストラスブルゴ ウィメンズ エグゼクティブ スーパーバイザー

(うえはら ほの)ストラスブルゴで取り扱う商品を、世界中のコレクションや展示会からバイイング。そして来日したデザイナーとの商談や、シーズンディレクションまでの一連を行う傍ら、現在は2016年にオープンしたストラスブルゴ銀座店の店長も務める。「店頭にてお客さまとお話し、洋服を通じてハッピーの連鎖を生むことが何よりも楽しい」と語る、生粋のストラスブルゴウーマン。

定番の「ジャケット」を3パターンで華麗に着回す方法

「定番すぎるスタンダードなジャケットスタイルは、どうしても制服っぽくなってしまう人が多い」という植原さんは、アレンジを加える際には、フェミニンもしくはマスキュリンの方向に、ちょっと極端だなと感じるくらい、大胆に表現するのが良いといいます。「男性と違って女性のファッションは、ルールを崩す着こなしを楽しむことができるので、その特権を生かした着こなしを楽しみましょう」。

■1:女っぷりが上がる「フェミニンなスカート」スタイル

ストラスブルゴ オリジナルのパターンオーダージャケット¥76,500〜・アリクアムのシャツ¥19,000・ハイアリンのスカート¥45,000・ニッキーのメンズのチーフ¥7,000・マリア ブラックのピアス¥10,000・ハムのネックレス¥142,000ブレスレット¥133,500ブレスレット¥87,000・マノロ ブラニクのシューズ¥92,000(ストラスブルゴ)

まずは、女性らしさを強調したタイトスカートを合わせたコーデ術を指南。ここで意識すべきは、丈の長さとシルエットのバランスです。「ジャケットとの美しいバランスを考えると、スカートのシルエットが台形よりになるほどミニ丈に、裾がタイトめなシルエットなら長めの方が格好良く着こなせます」。

全体を薄めのパステルトーンでまとめることで、目線が上にいき、スタイルアップ効果も発揮。美しい縦長ラインを意識することで、美人シルエットが手に入ります。チーフの色選びは、「スカートなどと色系統を合わせると初心者の方でもスタイリッシュに仕立てやすいですよ」。

美しく着映えるポイント

POINT1:シャツは襟を立てめに外に出す

女性らしさを表現する上で、襟元のあしらいはとても重要。「動きが出るくらいを基準に、やわらかい素材のシャツを選んで、襟をジャケットの上に出します。そして、少し襟を立てることできりりとした印象になりますよ」。ジャケットとシャツの襟がピッタリと沿わないよう、意識的に空間をつくってあげることで、立体的なシルエットが生まれます

POINT2:肌を美しく魅せるネックレスはマスト!

「シャツのボタンは深めに開けて、ファンデーション効果のあるネックレス選びを習慣づけましょう」。ほかにポイントとなるアイテムがあるので、ヌードカラーの華奢なネックレスを選ぶことで美バランスが生まれます

POINT3:メンズのポケットチーフで遊び心を

ポケットチーフは、花びらのように先端に遊びを加えることで立体感が出て、コーディネート全体が華やぎます。植原さん曰く「いちばん今っぽさを出せるポイント」とのことなので、デジタル柄など、トレンディーなプリントを積極的に取り入れるとモダンに仕上がります

■2:女性らしい仕草が際立つ「ワンピース×肩掛け」スタイル

ストラスブルゴ オリジナルのパターンオーダージャケット¥76,500〜・マリア ブラックのピアス¥10,000・メゾン ミハラヤスヒロのワンピース¥47,000・ハイアリンのキャミソール¥8,600・ムンガイのチーフ¥6,000・マリハのY字のネックレス¥45,000ロングチェーンネックレス¥66,000月モチーフのネックレス¥100,000ゴールドボールが連なったロングチェーンネックレス¥155,000・マノロ ブラニクのパンプス¥92,000(ストラスブルゴ)

次に、週末などオフモードの日に活躍するドレスワンピースにジャケットを合わせて、オンモードにシフトするテクニックをご紹介。「やわらかさのあるドレスにはカーディガンなど同じムードのアイテムを合わせがちですが、あえてアウトラインがしっかりと決まるジャケットを選ぶことで、コーディネート全体を立体的に、クールに仕立てることができます」と植原さん。

「お客さまによく、ジャケットやコートを肩掛けしたとき『電車で椅子に座るときの処理の仕方がわからない』と聞かれるのですが、例えばいすに座るときにはジャケットを肩から外して膝まわりにかけて、立ち上がる際に肩にはおり直して電車を降りるなど、演出の一部として取り入れると素敵に見えると思うんです。自分の装いに気をかけている仕草が女性らしいと思うので、堂々と取り入れてほしいスタイルです」

美しく着映えるポイント

POINT1:ドレスと違う質感のチーフ選びが肝

やわらかいシフォン素材のワンピースには、あえて質感の違う固め素材のリネンチーフを差すことで、モダンな印象に。「黒ジャケットに寄り添って同化するブラックカラー、そして、ボヘミアンテイストのドレスと好相性の縁取りレースディテールが、洗練されるポイントです」

POINT2:ドレスのムードに合わせて重ねるネックレス

服の個性を活かすようなネックレス選びが重要。「今回はジャケット合わせなので、あえて女性らしさを引き出してくれるような、月モチーフのネックレスを選んでバランスをとりました」

■3:「カジュアルパンツ」で着崩す大人のオフスタイル

ストラスブルゴ オリジナルのパターンオーダージャケット¥76,500〜・アルベルタ フェレッティのTシャツ(ソックスとセット)¥33,000サポート サーフェスのパンツ¥46,000・ニッキーのチーフ¥7,000・メゾン ボワネのベルト¥12,000パコ ラバンヌのバッグ¥66,850・アヴァン コンバースのスニーカー¥30,000(ストラスブルゴ)

最後は、上級者へとランクアップする、「ジャケットにデニムやカジュアルパンツを合わせる」着こなし術にフォーカスします。「トレンディーなステートメントTシャツに光沢あるアーティフィシャルレザー(人工皮革)のパンツを合わせて、シーズン性を強調しています。異素材をバランスよく取り入れることで、モダンにまとめましょう」。

ここでは、カジュアルになりすぎないよう、上質素材を交えながら全体の調子を整えることが最重要課題です。「フューチャリスティックなメタル素材、近未来的なネオンカラー、テクノロジーを駆使した人工皮革など、共通点のあるムードををうまく共鳴させながら、新しい表情を引き出してください」

美しく着映えるポイント

POINT1:インナーは「軽め」デザインが旬

あえて、派手めなステートメントTシャツを選ぶのが今どきのセンス。「思い切ってレタードプリントやフラッシュカラーを選んで、今っぽさを引き出して」

POINT2:「チーフ」をアクセサリー代わりに!

金属のジュエリーではなく、あえてチーフをブレスレットに見立てることで、粋な装いへ

POINT3:レザー小物の取り入れ方

カジュアルになりすぎないよう、足元にはレザーが効いたアートなスニーカーをセレクト。「異素材を上手にミックスして、近未来的なムードを漂わせて」

「決まりきった、ユニフォームのようなジャケットスタイルから抜け出せない!」という方必読の、黒ジャケットのアレンジテクニックは、いかがでしたか? 洗練された大人としては、1アイテムで、雰囲気がまったく異なる「3スタイル」を演出できることが理想です。

「素材や質感選び、トーンやムード合わせなどを意識的に行うことで、ファッションの幅が広がります。視点を変えるだけでオシャレの幅はぐんと広がるので、挑戦してみてください!」という植原さんのアドバイスを参考に、今年こそはもっと自由に、おしゃれを楽しんでください。

■今回の攻略アイテム「黒ジャケット」の詳細

ストラスブルゴ オリジナルのパターンオーダージャケット¥76,500〜(ストラスブルゴ)

着ることで女性のボディラインの美しさが際立つよう、しなやかに絞られたウエストラインが特徴のジャケット。王道のピークドラペルデザインが、トレンドに左右されることなく着こなしやすいポイントです。着丈はお尻の半分くらいまで隠れる長さを意識的に選ぶことで、パンツだけでなくスカートスタイルにも合わせやすくスタイリングの幅も広がります。一枚あると使える、まさに「万能ジャケット」です。

※掲載した商品の価格は、すべて税抜です。一部セール商品も含まれます。

  •  
  • ■取材協力
    ストラスブルゴ 銀座店
    営業時間/11:00〜21:00
    TEL:03-3573-6192
  • 住所/東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座1F

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
鈴木智哉(キリンニジイロ)
EDIT&WRITING :
石原あや乃