Tシャツを取り入れたコーディネートをまとめました。インナーとしての定番といえばTシャツ。シンプルだけど意外と奥が深いTシャツコーデをご紹介します。

【目次】

レディース春のTシャツコーデ


【1】グレーTシャツ×ピンクカーディガン×パンツ

【1】グレーTシャツ×ピンクカーディガン×パンツ
カーディガン・Tシャツ・ストール(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

上質なカシミヤウールのやわらかさを表現するのに最適なペールピンク。麻と綿のシャリ感のあるパンツを合わせ、今春のリラックスした雰囲気に。甘いピンク×涼しげなブルーで色味とテイストをミックスさせて、こなれた余裕を感じさせましょう。

【2】ベージュTシャツ×黒コート×パンツ

【2】ベージュTシャツ×黒コート×パンツ
コート・ストール・バッグ(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、トップス(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ベージュを重ねたシックトーン配色で大人っぽく。サイドライン入りパンツやスリッポンで仕上げたスポーティーな着こなしも、艶やかなブラックサテンのコートがあれば、カジュアルになりすぎず品よくまとまります。

【3】グレーTシャツ×白ブルゾン×白スカート

【3】グレーTシャツ×白ブルゾン×白スカート
ブルゾン(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、トップス(三喜商事〈アリュード〉)、スカート(ファビアナ フィリッピ)、ネックレス・ブレスレット(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

はおるだけで上級センスが宿るMA-1風ブルゾンを主役に。カジュアルなブルゾンを仕事シーンでさりげなく着こなすには、知的なライトグレーでなじませることが大切です。さらに、艶や透け感など、素材の違いを明確にすれば、全体がぼやけず奥行きのある着こなしが完成。コクのあるグレージュバッグが引き締め役になってくれます。

【4】赤ボーダーTシャツ×ライダースジャケット×デニムパンツ

【5】赤ボーダーTシャツ×ライダースジャケット×デニムパンツ
ジャケット・Tシャツ・デニム・バッグ、靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

大人の春アウターにふさわしい上質なシルクのジャケット。コンパクトなライダース丈は、スカートにもパンツにも似合い、体型を選ばないのが魅力です。光沢のある明るめのサンドベージュなので、程よい色落ちのデニムと好相性。シルクの上質感に頼って、かわいいボーダーTシャツを合わせたフレンチシックに。初夏に向けて、流行のミモレ丈の軽やかなスカートと合わせるのもおすすめです。

レディース春の黒Tシャツコーデ


【1】黒Tシャツ×黒ジャケット×黒パンツ

【1】黒Tシャツ×黒ジャケット×黒パンツ
ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スタイリッシュなテーラードジャケットは、ブランドのアイコン的存在。今季は、コンパクトな美シルエットをゴールドレザーのトリミングでリッチに刷新。クールになりすぎる黒一色の着こなしも、はっとするほどラグジュアリーです!

【2】黒Tシャツ×イエローコート×パンツ

【2】黒Tシャツ×イエローコート×パンツ
コート(ヘルノ プレスルーム)、シャコットのカットソー・セブンティのパンツ(東レ・ディプロモード)、サングラス(シャネル アイウエア事業部)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

鮮やかなイエローが冴える春コートは、肩を覆うようなハーフスリーブが新鮮。ロングスリーブのインナーを合わせると、レイヤードによる色や素材のハーモニーを楽しめるので、おしゃれの幅もぐんと広がります。しっかりとした地厚の生地ながら、微撥水加工を施した軽量高密度コットン素材を用いているので、驚くほど軽い着心地。
甘さの香るミモザイエローのコートには、黒トップス×ストライプパンツを合わせ、スタイリッシュな品のよさを極めましょう。

【3】黒Tシャツ×ネイビージャケット×黒パンツ

【3】黒Tシャツ×ネイビージャケット×黒パンツ
パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ジャケット(コロネット〈ボリオリ〉)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(アニヤ・ハインドマーチ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

主役のパンツは、レーヨン×コットン混の緻密に織られたストレッチ素材。程よいテーパードラインに、発色のいい黒が上品です。黒で統一したトップス&パンツに、深いネイビーのタキシード風ジャケットを肩がけ!男前なジャケットスタイルに、ロングパールとパテントローファーでパリジェンヌのような小粋さを演出しましょう。

レディース春の白Tシャツコーデ


【1】白Tシャツ×ピンクブルゾン×フレアスカート

【1】白Tシャツ×ピンクブルゾン×フレアスカート
ドゥロワーのブルゾン・ドラゴンのバッグ(ドゥロワー 丸の内店)、アバティのTシャツ・エリザベス アンド ジェームスのスカート(コロネット)、時計(ブライトリング・ジャパン)、靴(ebure〈アルムナエ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

今春、ぜひ取り入れたい大人のスポーツテイスト。ブルゾンはパワフルなピンクを選択。その迫力に負けないようにたっぷりしたフレアスカートで女力ある華やぎを加味しましょう。端正なアイボリーカラーとなら、軽快さも十分です。

【2】白Tシャツ×黒ジャケット×黒パンツ

【2】白Tシャツ×黒ジャケット×黒パンツ
ジャケット・パンツ(マディソンブルー)、カットソー(スローン)、ピアス・ネックレス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ウエスト位置を高めで絞ったジャケット、ヒップラインを美しく見せるパンツ…。こんなさりげない女らしさを感じさせる、シルエットのきれいな黒のセットアップこそ、特別な日に限定せず、日常に取り入れましょう。

【3】白Tシャツ×パーカー×パンツ×ストール

【3】白Tシャツ×パーカー×パンツ×ストール
フーデッドコート・ストール・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(ブラミンク)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)  撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

週末のオフタイムには、自然になじむベージュのスエードアウターをはおれば、リラックス気分もさらに盛り上がります。白Tシャツをインに、淡いベージュを重ねて、春気分も満載。

【4】白Tシャツ×黒ジャケット×黒スカート

【4】白Tシャツ×黒ジャケット×黒スカート
ディオールのジャケット・カットソー・スカート・靴・ディオール ファインジュエリーのブレスレット・リング・バングル(クリスチャンディオール) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

モノトーンのジャケットスタイルに、女性らしさあふれるチュールスカートで味つけ。端正な着こなしにTシャツで遊び心を加えてセンスをアピール。

【5】白Tシャツ×グレーベスト×グレーパンツ

【5】白Tシャツ×グレーベスト×グレーパンツ
パンツ・ベスト・トップス・バッグ・ブレスレット・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パンツのチャコールグレーを基軸に、グレーの色調でシックにまとめて。温度調節に重宝するサマーベストは、肩先にあしらったブロンズのボールチェーンの意匠がリュクスな雰囲気を後押ししてくれます。

【6】白Tシャツ×白カーディガン×デニムパンツ

【6】白Tシャツ×白カーディガン×デニムパンツ
カーディガン・Tシャツ・デニム・靴(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

グッチの伝統的なアイコン、ウェブ ストライプのトリミングが目を引くツイードカーディガン。たっぷりとしたオーバーサイズが鮮度の高い装いへと導いてくれます。1980年代に誕生したグッチ ロゴをアップデートしたプリントTシャツとブリーチデニムで、懐かしくも新鮮な着こなしに。足元の仕上げは、おしゃれ通に人気を博すホースビット付きスリッパサンダルで洗練を極めましょう!

【7】白Tシャツ×白ジャケット×黒スカート

【7】白Tシャツ×白ジャケット×黒スカート
ジャケット・Tシャツ・スカート・ネックレス(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

Tシャツをインに合わせ、美しいシェイプのジャケットをオープンに。軽やかなチュールのスカートを合わせた着こなしは、「ニュー ルック」の新解釈です。カジュアルな遊び心で表現したかしこまらないエレガンスは、まさに今の気分! これこそが、女性の精神性をリアルにとらえたマリア・グラツィア・キウリの視点です。

【8】白Tシャツ×ロングジレ×グレーパンツ

【8】白Tシャツ×ロングジレ×グレーパンツ
ジレ(オルドス、ファッション ジャパン)、Tシャツ(三喜商事〈アリュード〉)、パンツ(ウールン商会〈ぺセリコ〉)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)ピアス・ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー〈タグ・ホイヤー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

モードな雰囲気を気軽に楽しめるロングジレは、初夏まで活躍。白のTシャツとミモザ色のバッグで、躍動感を加えましょう! 

【9】白Tシャツ×ストライプカーディガン×パンツ

【9】白Tシャツ×ストライプカーディガン×パンツ
カーディガン・カットソー・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

クリケットのユニフォームをイメージしたというゆったりシルエットながら、着やせ効果も備えた革新的なニットカーディガン。黒×キャメルのストライプ柄が縦のラインを強調するため、スタイルアップは確実です。黒ボトムに白のカットソーを合わせたシンプルコンビにふわりとはおるだけで、肩の力の抜けたリッチカジュアルが完成します。