40代女性におすすめの春コーディネートをまとめました。おしゃれな女性はどんなアイテムを選んでいるのか、これからの着こなしの参考にしてください。

【目次】

レディース春のおしゃれファッションコーデ


【1】ツイード柄ジャケット×ブラウス×パンツ

【1】ツイード柄ジャケット×ブラウス×パンツ
ジャケット(ルック〈スキャパ〉)、ブラウス(Theory luxe)、パンツ(MOGA)時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

春の日差しに映えるマルチカラー×ゴールドラメのツイードのノーボタンジャケットは、手元のおしゃれを楽しめる7分袖、ウエスト位置を高く見せるフリンジが活躍度と着映えの決め手です。華麗なボレロ風ジャケットにハイウエストのスエードワイドパンツを合わせて視線を上に集めれば、歩いてもたたずんでもスタイルよく見えます。

【2】ベージュブラウス×白スティックパンツ

【2】ベージュブラウス×白スティックパンツ
パンツ(キートン)、ブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ピアス・ネックレス・5連バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツはオフ白の優美さを引き立てるしっとりとしたウールクレープ素材。ヒップ位置から入ったセンターシームなど、細部にわたって仕立てのよさが際立つエレガントな一本です。大きなリボンでウエストをデフォルメしたブラウスは、一枚で主役になれる存在感。細身パンツでバランスよく着こなしましょう。

【3】水色シャツ×ベージュパンツ

【3】水色シャツ×ベージュパンツ
シャツ・スカート・ベルト(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バングル・リング(ジョージ ジェンセン ジャパン)、バッグ(ブランドニュース〈メアリ オルターナ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

白のピンストライプが施されたタイトスカートには、サイダーのように爽快なブルーシャツを取り入れて、おしゃれを更新しましょう。比翼シャツはゆったりとしたドルマンスリーブ、スカートにはフロントにラッフルが施され、きちんと感をキープしながらも、ほんのり旬が楽しめるデザインに。

【4】ベージュブラウス×チェックパンツ

【4】ベージュブラウス×チェックパンツ
ブラウス・パンツ・バッグ(ドリス ヴァン ノッテン)、インナー/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

袖を通すだけでワクワクするような、美しい透け感のモカベージュのブラウス。端正なシルエットでありながら、肌にヴェールをまとったようなニュアンスを与える繊細なシルクオーガンジー素材と、襟元の精緻なビジューによって、ぐっと華やかなニュアンスが加味されます。同系色のチェックのパンツを合わせ、シックにリズミカルに春のベージ ュのおしゃれを楽しみましょう。

【5】ベージュプルオーバー×レザースカート

【5】ベージュプルオーバー×レザースカート
プルオーバー・スカート(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

今どきのアスレジャーファッションを、極上素材の上品なベージュで楽しむのも大人の流儀。最高級のラムナッパレザーで仕立てたスポーティーなプルオーバーを、同レザーのプリーツスカートとセットアップで着こなしましょう。肌になめらかに沿う極薄のレザーは、一流のクラフツマンシップの賜物。レザーそのものの色、コクのあるタンベージュとレザーのやわらかな光沢感が、アクティブなおしゃれにラグジュアリーな奥行きを醸し出してくれます。

【6】ドットブラウス×グリーンパンツ

【6】ドットブラウス×グリーンパンツ
ブラウス・パンツ・バッグ・リング(グッチ ジャパン)、インに着たキャミソール/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

上質なシルクジョーゼットで仕立てたドット柄のボウブラウス。ビビッドなブライトグリーンのパンツと合わせて、遠目から見てもハッとするほど新鮮なスタイルを楽しみましょう。スタッズでオリエンタルな文様を描いたチェーンバッグ『ディオニュソス』、ベルベットとクリスタルの異素材ミックスが楽しげなボリュームリングなど、小物使いも攻めの気分で。

【7】白カーディガン×Tシャツ×デニムパンツ

【7】白カーディガン×Tシャツ×デニムパンツ
カーディガン・Tシャツ・デニム・靴(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

グッチの伝統的なアイコン、ウェブ ストライプのトリミングが目を引くツイードカーディガン。たっぷりとしたオーバーサイズが鮮度の高い装いへと導いてくれます。1980年代に誕生したグッチ ロゴをアップデートしたプリントTシャツとブリーチデニムで、懐かしくも新鮮な着こなしに。足元の仕上げは、おしゃれ通に人気を博すホースビット付きスリッパサンダルで決まりです!

【8】マント×キャメルニット×パンツ

【8】マント×キャメルニット×パンツ
マント(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ニット(ブラミンク)、パンツ(サン・フレール〈エドワード アシュール〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バングル・スカーフ(ブルガリ ジャパン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

大判マントのオフ白をベースに、トーンの異なるキャメルを重ねたら、大人好みのグラデーション配色が完成! ぼやっとした印象を引き締めてくれる黒小物がキーアイテムになっています。

【9】白ブラウス×黒スカート

【9】白ブラウス×黒スカート
シルクブラウス・スカート・バッグ(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)、時計(クリスチャン ディオール〈ディオールタイムピーシズ〉)、リング(クリスチャン ディオール〈ディオール ファイン ジュエリー〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

優しい着心地のシルク素材、腕をすらりと見せる袖口のカッティング、メリハリを与える小さな襟とリボンのあしらい…。ごくシンプルに見えて細部までこだわったブラウスが、清らかな美しさを引き立ててくれます。

【10】白シャツ×ジレ×白パンツ

【10】白シャツ×ジレ×白パンツ
パンツ・ジレ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、シャツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、バッグ(ブランドニュース〈マンサー ガブリエルフォー エッセンス〉)、ネックレス(ピアジェ)、靴(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ジョーゼットのゆとりパンツと、とろみ素材のブラウスは白でまとめて軽やかに。薄手のラムレザーで仕立てたロングジレが着映え効果を発揮します。

【11】ピンクワンピース×バッグ

【11】ピンクワンピース×バッグ
ヴァレンティノのシルクワンピース・ヴァレンティノガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

女性ならだれもが無条件に心惹かれるピンク。それだけに包容力は抜群です。臆することなく着て、おしゃれの高揚感を実感しましょう。前身ごろはシンプル、後ろ身ごろだけ、ウエスト周りにドレープを寄せたフレアドレスは、無防備な後ろ姿にも自信がもてる一着。遠目にも際立つフューシャピンクの愛らしさと、目の前で揺らめく美しさで、周囲から賞賛されそう。

【12】キャメルカーディガン×ニット×白パンツ

【12】キャメルカーディガン×ニット×白パンツ
ラルフ ローレンコレクションのカーディガン・ニット・パンツ・ラルフ ローレンのバッグ(ラルフ ローレン)、ピアス・パールネックレス(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ファッションアイコンたちが時代を超えて愛してきたアンサンブルニットやパールネックレス。コンサバティブだからこその安心感も、多くの人に親しまれる理由のひとつです。そんな王道名品を退屈に見せず、絶えず旬を感じさせるのが、おしゃれの楽しさ。長めでゆったりとしたカーディガンに、ロングネックレスで、今年らしい着こなしに仕上げましょう。

【13】ストライプシャツ×ネイビーワイドパンツ

【13】ストライプシャツ×ネイビーワイドパンツ
シャツ・パンツ・ベルト・バッグ(マイケル・コース ジャパン〈マイケル・コース コレクション〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

襟とカフスの白が目にまぶしい、クラシックなクレリックシャツ。トラッドはいつの時代も、清潔感や初々しさを表現してくれます。特にネイビーに注目が集まるこの夏は、大人のマリンスタイルのアップデートをおしゃれの優先課題にしてみては? ドレスシャツにワイドパンツをゆったりと合わせれば、はっきりとした配色のかわいさに、しなやかな女らしさが加わって、とびきり好感度がアップします。

【14】イエローコート×黒カットソー×白パンツ

【14】イエローコート×黒カットソー×白パンツ
コート(ヘルノ プレスルーム)、シャコットのカットソー・セブンティのパンツ(東レ・ディプロモード)、サングラス(シャネル アイウエア事業部)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

鮮やかなイエローが冴える春コートは、肩を覆うようなハーフスリーブが新鮮。ロングスリーブのインナーを合わせると、レイヤードによる色や素材のハーモニーを楽しめるので、おしゃれの幅もぐんと広がります。しっかりとした地厚の生地ながら、微撥水加工を施した軽量高密度コットン素材を用いているので、驚くほど軽い着心地。
甘さの香るミモザイエローのコートには、黒トップス×ストライプパンツを合わせ、スタイリッシュな品のよさを極めましょう。

【15】パープルトレンチコート×ネイビーワンピース

【15】パープルトレンチコート×ネイビーワンピース
コート・ワンピース(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、ピアス(TASAKI) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

バックサテンのような、程よく光沢が抑えられたシルクの軽やかな生地で仕立てたトレンチ。動くたびにドレープが揺れる躍動感を楽しみたいオーバーサイズシルエットのコートは、まとうと大人の余裕を感じさせます。フェミニンなムードを高めるパフスリーブが特徴的なので、そのほかはミニマルに仕上げましょう。

【16】赤トレンチコート×白ブラウス

【16】赤トレンチコート×白ブラウス
コート・ブラウス・バッグ・靴(ステラ マッカートニー ジャパン)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

レンガ色のブリックレッドは、人と重なりにくい、一歩先をゆくカラーチョイス。体になじみやすいコットン混素材で仕立てたロングトレンチは、前を開けても、ベルトを締めても、やわらかな風合いでしなやかなたたずまいを演出できます。

【17】オレンジワンピース×白ローファー

【17】オレンジワンピース×白ローファー
ワンピース(エミリオ・プッチ ジャパン)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

肌をワントーン明るく見せる、フレッシュなオレンジで、イタリアの陽気な太陽を知り尽くしたエミリオ・プッチらしさが光るワンピース。一点の曇りもない、クリアなホワイトのローファーを合わせれば、足どりも踊るように弾みます。

【18】ネイビーコート×グリーンニット×パンツ

【18】ネイビーコート×グリーンニット×パンツ
コート(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(ファブ〈ティエリー ラスリー〉)、ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(IWC)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

カジュアル巧者の女性たちの間で、いつも話題になるのは、イタリア「伊達男」たちの着こなしセンス。特に「スポーツアウター」は、洒脱な彼らの真骨頂。肩の力の抜けた着くずしや、シックな色を印象的に見せる配色の巧さは、ぜひお手本にしたいところです。、例えば、フード付き「モッズコート」なら、そのままでは地味で武骨な印象。そこで鮮やかなグリーンを投入。派手かな? と思うくらいの差し色が、ジュエリー以上の効果をもたらし、軽妙さを演出します。「ミリタリーブルゾン」は、あえてまじめなスーツやジャケットの上に重ね、そのギャップを狙うのが、彼らの重ね着ルール。女性の場合は、堅くなりすぎないよう、白シャツ×カーディガンで、上品なレイヤードを実践してみましょう。

【19】ブラウンジャケット×白シャツ×スカーフ

【19】ブラウンジャケット×白シャツ×スカーフ
ジャケット・シャツ(ラルフローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、スカーフ(アマン〈アルテア〉)、インナー/私物71 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

まるでシャツのように、さらりとはおることができるラムスエードのサファリジャケット。ポケットやベルトなどオーセンティックなデザインに、冒険をこよなく愛するデザイナー、ラルフ・ローレンの美意識が宿ります。白シャツをレイヤードし、イエローのスカーフを巻けば、ジュエリーをせずとも、明るい光が放たれて。袖口を大胆にロールアップさせ、ベルトもサイドでキュッと結び、計算ずくの無造作を演出しましょう。

シンプルな服を使ったおしゃれファッションコーデ


【1】白オーバーシャツ×キャメルパンツ

【1】白オーバーシャツ×キャメルパンツ
ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)、リング(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

白のオーバーシャツと麻混パンツという穏やか休日スタイルも、鮮やかな色石リングとビッグフェースの白い時計を加えるだけで、こんなにも洗練された着こなしに。合わせた時計&ジュエリーは贅沢な重ねづけをしたくなるような愛らしいソリテールリングの『ヌード』。キャンディのように透明感のある色石が、手元を品よく彩ります。

【2】白ブラウス×デニムパンツ

【2】白ブラウス×デニムパンツ
ブラウス(REYC)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ネックレス・リング(フレッド)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(フィガロ パリ 東京ミッドタウン店〈アレクサンドル バーマン〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

デニム×オーバーブラウスのシンプルな組み合わせをぐっと盛り上げるのは、チェーンバッグとサンダルに配したビビッドなピンクの存在感。バッグはラフィア素材にチェリーピンクの花モチーフを刺しゅうしたもの。繊細なチェーンと片手に収まるほどの小さめのサイズ感を生かして、アクセサリー感覚で楽しみましょう。

【3】黒ブラウス×白パンツ

【3】黒ブラウス×白パンツ
ブラウス・パンツ(フェンディ ジャパン)、ピアス(フレッド) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

動くたびに周囲の視線を釘づけにするような、ふっくらとした袖が印象的なブラウス。今季の気分を象徴するような一枚は、コットン素材のブラックで、袖以外はごくシンプルというさじ加減も絶妙です。春もワードローブの基本はブラックという人も、この一枚を手に入れたら新しい気分のおしゃれが楽しめます。

【4】ネイビーニット×ネイビーパンツ

【4】ネイビーニット×ネイビーパンツ
ブレスレット・ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ニット・パンツ(ステラ マッカートニー ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

シンプルで知的に映るネイビーニットは、大人の定番。けれど今日は華やぎたいという日には、物足りないことも…。そんなとき加えたいのが、ゴールドジュエリーの洗練オーラ。ゴールドの煌きらめきを重ねることで、ドキッとさせるほどの美人オーラが生まれるのです。ローズゴールドにシルバー、ウッド…。ゴールドジュエリーを主役に多彩な素材を重ねていくと、華やかさもこなれ感も高まります。

【5】黒カーディガン×黒ニット×スウェードスカート

【5】黒カーディガン×黒ニット×スウェードスカート
スカート・カーディガン・ニット(クルチアーニ 銀座店)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)ピアス・ネックレス・右手のカフ・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

クルチアーニといえば、上質なニットウエアで名高いブランドですが、実は、ニットに合わせるコーディネートアイテムにも隠れ名品がひそんでいます。今季は、着こなしに女らしいこなれ感を生み出す、ベージュのスエードスカートを発見! 旬のタイトシルエットで仕立てたスカートは、ラップデザインで足さばきもよく、快適な着心地です。タイト&フィットが基本のクルチアーニのニットスタイルにはもちろん、オンオフを問わず、さまざまな装いで活躍必至のアイテムです。

【6】黒シャツ×白パンツ

【6】黒シャツ×白パンツ
シャツ(SUPER A MARKET〈SEYA〉)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、時計(パテック フィリップ)、ピアス(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

黒シャツは、身幅にややゆとりのあるものを選ぶのが、ストイックになりすぎない秘訣。襟元を大きめに開け、鎖骨を見せて着こなすと、女らしいニュアンスが生まれます。シンプルな白ボトムを合わせ、小物も大ぶりのものを少しだけ、という潔い着こなしでかっこよく。

【7】ネイビーコート×ネイビーニット×グリーンパンツ

【7】ネイビーコート×ネイビーニット×グリーンパンツ
コート・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

むだな装飾をいっさい施さず、シンプルを極めたラップコートは、アニオナの定番素材ともいうべきウールのダブルフェースで、軽やかに仕上がっています。サイドスリットを深く入れているため、歩くたびに裾が翻り、春のウキウキした気分を後押ししてくれそう。鮮やかなグリーンとネイビーとの配色も爽快です。

【8】ベージュコート×白ブラウス×白パンツ

【8】ベージュコート×白ブラウス×白パンツ
マックスマーラのコート・マックスマーラのブラウス・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラジャパン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

直球の女らしさではなく、感じさせるフェミニティは、やわらかい色味を緻密に重ねて実現します。マニッシュなスエードやローファーも、ハイトーンでまとめることでぐっと女らしく。シンプル・エレガンスの深淵さを引き立ててくれます。

【9】白シャツ×ブルーパンツ

【9】白シャツ×ブルーパンツ
シャツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、パンツ(ドゥロワー青山店〈ドゥロワー〉)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(ブリンク ベース〈ティエリー ラスリー〉)、腕時計・ブレスレット・リング(カルティエ) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

きちんと感とアクティブさを兼備するシガレットパンツも、きれい色ならハッとするインパクトを与えてくれます。シンプルな着こなしは、色と小物で深みを出すのが正解です。

【10】グレーコート×ニット×白パンツ

【10】グレーコート×ニット×白パンツ
コート・パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ネックレス・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

布帛のロングカーディガンのようなライトな感覚で着られる、ひざ下丈のシンプルトレンチ。リブニットとクロップドパンツで上品カジュアルに仕上げると、洗練度がぐっとアップします。

【11】ブルーブラウス×グレーパンツ

【11】ブルーブラウス×グレーパンツ
ピアス・ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

華やかに着映えるブルーのブラウスを、シンプルなライトグレーのパンツに合わせると、きれい色の魅力がさらに引き立ちます。ブラウスは、しなやかなシルク素材を使用しているので、色の強さを緩和し顔色をいつもより明るく見せて。前身ごろの美しいドレープとパフスリーブで、ほのかな甘さも演出しましょう。

【12】白シャツ×デニムパンツ×スカーフ

【12】白シャツ×デニムパンツ×スカーフ
シャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、パンツ(エム&アソシエイツ〈シンメ〉)、スカーフ・レザーブレスレット・エナメルブレスレット(エルメスジャポン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

シンプル派にとって基本ともいうべき白シャツは、そのまま着るのでは物足りない。そこでプリントスカーフをネクタイ風に結んで流れるような女らしさをプラスしましょう。さらにプリントのなかのアクセントカラー=ピンクを手首のブレスレットにもリンクさせて。淡いラベンダーカラーの濃淡とローズピンクとの優しいハーモニーは、辛口のシャツをぐっと優雅に印象づけます。

【13】ベージュブルゾン×白ワンピース

【13】ベージュブルゾン×白ワンピース
ブルゾン(ウールリッチ 表参道店)、ワンピース(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(ザ ライト〈マックス ピティオン〉)、バングル(ケイテン)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

シンプルさを極めた深みのあるベージュのブルゾンに、クリアな白のワンピースを合わせて、爽やかなオフ白~ベージュの装いを完成させましょう。ともするとガーリーになりがちなコットンの白ワンピースだけれど、スポーティーなブルゾンがハンサムに仕上げてくれます。いい女の三種の神器、サングラス、煌きパンプス、バングルでインパクトを。

【14】ブラウンワンピース×ベルト×バッグ

【14】ブラウンワンピース×ベルト×バッグ
ワンピース・ベルト・サングラス・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

大地の色を思わせる赤味の強いブラウンは、生き生きとした躍動感を印象づけてくれるパワフルな色。張りのあるコットンのシャツワンピースで取り入れることで、アクティブさももたらして。今季の特徴であるレースアップが袖口にあしらわれ、ハイセンスなアクセントになります。

【15】白Tシャツ×ストール×白パンツ

【15】白Tシャツ×ストール×白パンツ
ストール・Tシャツ・パンツ・ネックレス(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

エクリュベージュのリネン混ファブリック一枚で仕立てたストールをさらりとはおった、シンプルラグジュアリーなスタイル。全面に織り込まれた極細の金糸が、繊細な煌めき効果を発揮します。陽の光を浴びるとさらにブライトアップされて、いきいきとしたリッチ感に全身が満たされるようです。袖口にあしらったオーストリッチフェザーが、エアリーな印象を高めるアクセントに。

春に取り入れたいおしゃれなファッションアイテム


【1】セリーヌのトレンチコート

【1】セリーヌのトレンチコート
トップ部分はややオーバーサイズ、下半身はすっきり細身で、メリハリのあるシルエットに。(セリーヌ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

凛々しさとしなやかさ。その相反するふたつの要素を両立させることが、大人が目指すおしゃれの理想……。それを見事に体現しているのが、セリーヌのトレンチコートです。トップ部分は、カーキがかったベージュのダブルフェースコットン。エポーレットやガンフラップなど、典型的なトレンチのディテールを踏襲。それに対し、下部分は、落ち感のあるビスコース。わずかに艶のあるピンクベージュが流れるようなドレープを生み、全体から見ると、まるでドレスの上にコートを重ねているかのよう。異素材を合わせることで、甘辛バランスを極めた理想の美人コートです。

【2】ミュウミュウのテーラードコート

【2】ミュウミュウのテーラードコート
コート(ミュウミュウ クライアントサービス) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

形や色はマスキュリンなのに、全体にちりばめられた小花がなんてキュート! その甘辛バランスがおしゃれ心を鷲づかみに。単純な黒とはひと味違う絶妙な『スミ黒』も魅力です。ドロップショルダーのダブル仕立て、少し大きめのサイズ感も旬。あえて全身モノトーンで、コートの軽やかな存在感だけで春らしく着こなすのも素敵です。

【3】マックスマーラのトレンチコート

【3】マックスマーラのトレンチコート
すりガラスを通して見るように繊細なシルクオーガンザを使用。都会にたくましく咲く野花をイメージした、はかなげなフラワープリントも上品な印象に。コート(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

やはり透け感は今季ハズせない筆頭項目。なかでもマックスマーラのこちらのコートは、トレンド要素がいくつも詰まった理想形です。品のよい透け感、フェミニンな小花柄に、大人にふさわしいエレガンスが備わっています。トレンチコートというベーシックなアイテムだから、手もちのアイテムとも合わせやすく、重宝しそう。

【4】ドゥロワーのカーディガン&ニット

【4】ドゥロワーのカーディガン&ニット
カーディガン・ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

この春投入したいのは、ターコイズブルー。マイアミの海を思わせる鮮やかなブルーは、爽やかで知的です。黒とも相性がよく、大人を生き生きと、フレッシュに見せてくれる配色がかないます。

【5】エンポリオ アルマーニのジレ

【5】エンポリオ アルマーニのジレ
ジレ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

シンプルなニットやTシャツに合わせるだけで、今どきのレイヤードスタイルが完成! シルクオーガンジーのトップス部分に他の素材が重なり、さまざまに表情が変わるのも魅力です。

【6】サンローランのライダースジャケット丈トレンチ

【6】サンローランのライダースジャケット丈トレンチ
ジャケット(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ライダースジャケットの少しばかり不良っぽいかっこよさが、女らしさに、凛とした表情をもたらしてくれるから、キャリアスタイルにも取り入れられるようになった昨今。繊細な光沢を放つシルク素材でつくられたこの新作トレンチは、まさに大人仕様の一着。しなやかだから、カジュアルに合わせても上品なおしゃれが楽しめます! 新作のライダースジャケット丈のシルクトレンチ。レザーのライダースジャケットや、コットントレンチと違って、薄く軽いので、マニッシュなディテールながら、ハードに見えず、気後れすることなく着こなせます。