グリーンのアイテムを取り入れたコーディネートをまとめました。新緑の季節に着て出かけたい鮮やかなグリーンのアイテムを大人らしく上品に着こなすためのテクニックをご紹介します。

【目次】

上下グリーンの春コーデ


【1】ミントグリーンニット×ミントグリーンパンツ×ジャケット

ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、カシミアのニット・パンツ・靴(Theory)バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、カシミヤのニット・パンツ・靴(Theory)、バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

このコーディネートの最大のポイントは色使い。たとえば、トップスだけグレーやベージュにすると、インパクトは半減。ワントーンでそろえるところが重要な鍵になります。また、デザインはベーシックなものにすることで、仕事中も邪魔にならず、動きやすいという利点も。簡単に洗練度アップできる「色合わせ」はぜひマスターすべきです。

【2】ヴァレンティノのニット×ニットスカート

【1】ヴァレンティノのニット×ニットスカート
ヴァレンティノのニット・ニットスカート・ヴァレンティノガラヴァーニのバッグ・バッグに付けたIDケース・靴(ヴァレンティノ インフォメーションデスク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

グリーンベースに細いホワイトストライプが配されたプリーツスカートは、歩くたびに裾が戯れ、爽やかなオーラを振りまいてくれます。

グリーンパンツの春コーデ


【1】アップルグリーンパンツ×白Tシャツ×ジャケット

パンツ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、ジャケット(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)、カットソー(ステディ スタディ〈ベラ・フロイド〉)、ピアス・ネックレス・リング・バングル(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
パンツ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、ジャケット(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)、カットソー(ステディ スタディ〈ベラ・フロイド〉)、ピアス・ネックレス・リング・バングル(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは王道のシルエットで人気の定番モデルの新色。織り感のある生地だから脚の線を拾わずすっきり見えます。艶黒のスモーキングジャケットには、あえてロゴTシャツで外しを加え、堅い印象にならない大人のカジュアルを提案しましょう。

【2】ミントグリーンパンツ×黒ニット×黒カーディガン

パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉、カーディガン・ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、時計 別売りの白のレザーストラップ(ヴァシュロン・コンスタンタン〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉)、バッグ(マルティニーク丸ノ内〈カパフ〉)、 靴(クリスチャンルブタン ジャパン〈クリスチャンルブタン〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉、カーディガン・ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、時計・レザーストラップ(ヴァシュロン・コンスタンタン〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉)、バッグ(マルティニーク丸ノ内〈カパフ〉)、 靴(クリスチャン ルブタン ジャパン〈クリスチャン ルブタン〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のカラーパンツは裾に向かって細めに絞ったラインが美脚と評判のモデル。ハリのあるコットンストレッチ素材です。着こなしはジャッキーをイメージしたパンツスタイル。遠目からでも印象的な色だからこそ、シックな黒と合わせてクラシカルにまとめましょう。

【3】オーガニックグリーンパンツ×トレンチコート×ニット

トレンチコート(バブアー 二子玉川店)、ニット(RHC ロンハーマン〈RHC〉)、パンツ(ブラミンク)、エメラルドグリーン×白のスカーフ(エミリオ・プッチ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
トレンチコート(バブアー 二子玉川店)、ニット(RHC ロンハーマン〈RHC〉)、パンツ(ブラミンク)、エメラルドグリーン×白のスカーフ(エミリオ・プッチ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

カーキのトレンチとオーガニックグリーンのパンツという装いに、エメラルドグリーン×白が鮮やかなスカーフをプラス。グリーン系の柄を加えるのも、華やかなこなれ感を生むテクニックです。

【4】グリーンパンツ×ネイビーニット

【1】グリーンパンツ×ネイビーニット
コート・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

むだな装飾をいっさい施さず、シンプルを極めたラップコートは、アニオナの定番素材ともいうべきウールのダブルフェースで、軽やかな仕上がりに。サイドスリットを深く入れているため、歩くたびに裾が翻り、春のウキウキした気分を後押ししてくれます。鮮やかなグリーンとネイビーとの配色も爽快です。

【5】ダークグリーンパンツ×グレーコート

【2】ダークグリーンパンツ×グレーコート
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ブラウス(バイ マレーネ ビルガー 青山店)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ・靴(JIMMYCHOO)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、時計・ブレスレット・リング(ピアジェ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

透湿防水フィルムをボンディングしたリネン素材を使用。ピーコックグリーンのパンツがすらりとした美脚ラインを強調してくれます。

【6】ミントグリーンパンツ×白シャツ

【3】ミントグリーンパンツ×白シャツ
パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、シャツ(エーピー ストゥディオ・ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉)、ネックレス(ボン マジック)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン・ゼニス)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915 〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

パンツは艶のあるシルクウール。ミントグリーンの爽やかな色が新鮮です。背中にボリュームをもたせた白シャツは、フロントのみボトムインして、もたつきを解消。靴とバッグは淡いベージュトーンで品よくまとめましょう。

【7】グリーンパンツ×ドットシャツ

【4】グリーンパンツ×ドットシャツ
ブラウス・パンツ・バッグ・リング(グッチ ジャパン)、インに着たキャミソール/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

上質なシルクジョーゼットで仕立てたドット柄のボウブラウス。ビビッドなブライトグリーンのパンツと合わせて、遠目から見てもハッとするほど新鮮な、おしゃれを楽しみましょう。スタッズでオリエンタルな文様を描いたチェーンバッグ「ディオニュソス」、ベルベットとクリスタルの異素材ミックスが楽しげなボリュームリングなど、小物使いも攻めの気分で。

【8】グリーンパンツ×白シャツ×エルメスのスカーフ

【5】グリーンパンツ×白シャツ×エルメスのスカーフ
シャツ・パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカーフ・ブレスレット(エルメスジャポン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

発色のいいグリーンに、斜めに走るラインが特徴的なイタリア製カルゼ生地を採用したコットンパンツ。やや短め丈に細身のシルエットが小粋です。目の覚めるほど鮮やかなグリーンを選んだら、トップスは奇をてらわずに、ベーシックな白シャツを。ゆったり巻いたスカーフが、ジュエリー以上の華やかさを演出してくれます。

グリーンスカートの春コーデ


【1】グリーンスカート×白Tシャツ×ベージュジャケット

ジャケット・スカート(ブラミンク)、Tシャツ(マッキントッシュ青山店)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZASIX店〈イレアナ・マクリ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート(ブラミンク)、Tシャツ(マッキントッシュ青山店)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZASIX店〈イレアナ・マクリ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

「目立つ色はボトムに!」は、色に苦手意識をもつ大人におすすめしたい攻略法のひとつ。インパクトのある光沢グリーンのスカートは、Tシャツやサファリ風ジャケットでさりげなく着くずすのがこなれて見せるコツです。

【2】グリーンプリーツスカート×黒ブラウス

スカート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ブラウス(レキップ)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ルック〈フィラージュ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スカート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ブラウス(レキップ)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ルック〈フィラージュ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ピーコックグリーンがはっと目を引く台形シルエットのラッププリーツスカートに合わせたのは、黒地にベージュの小さなドットが浮かぶブラウス。エアリーな風合いが着こなし全体にやわらかなニュアンスを授け、若々しさのなかにも大人の余裕が香る着こなしに仕上がります。

スカートはプリーツをあしらったフロントスカートを左で留めるラップ仕立て。長く垂れたベルトが軽やかに揺れて、たたずまいを表情豊かに見せてくれます。

【3】グリーンロングスカート×白シャツ

スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、シャツ(ebure)ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バングル(コロネット〈フォルテ フォルテ〉) バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、シャツ(ebure)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バングル(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

今季の流行色、みずみずしいグリーンのスカートを休日のカジュアルスタイルに投入! 白シャツに合わせるだけでハッとするほど新鮮になります。インパクトのあるバッグで着映えましょう。

【4】グリーンタイトスカート×ベージュブラウス

ブラウス・スカート(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、 バングル・リング(ピアジェ)、サングラス・バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ブラウス・スカート(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、バングル・リング(ピアジェ)、サングラス・バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

シルク混のやわらかな生地が優しく揺れて、大人の色香を引き立てるベージュブラウス。こまかなギャザーがきれいなふくらみを描く袖や肩のフリルで、顔周りはジュエリーいらずの華やかさです。ブルーの生地にグリーンのマクラメレースを重ねた重厚スカートで、毅然としたいい女スタイルが完成します。

【5】グリーンスカート×グレージャケット×Vネックニット

【1】グリーンスカート×グレージャケット×Vネックニット
ライトグレーのジャケット(クルチアーニ銀座店)、ネイビーのVネック半袖コットントップス(コロネット〈アバティ〉)、グリーンのフレアスカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・ネックレスチャーム・ネックレスチェーン(ウノアエレ ジャパン)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ミラノリブジャケットは、程よい地厚加減によるサポート力と、ニットの軽やかさが相まって、気負わない今の気分にぴったり。短め丈に、春色のふんわりスカートがバランスよく映えます。

グリーンワンピースの春コーデ


【1】グリーンワンピース×サンダル

ワンピース・靴『タニア』・ボールペン『ノーチラス』(エルメスジャポン)、眼鏡(金子眼鏡店 青山店)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ワンピース・靴『タニア』・ボールペン『ノーチラス』(エルメスジャポン)、眼鏡(金子眼鏡店 青山店)、その他/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ワークウエアのようなラフなシルエットのワンピースは、上質なカーフレザーのやわらかな肌触りも心地よく、仕事に集中できる逸品です。目に穏やかなグリーンクレイの色調もお気に入り。

【2】グリーンワンピース×バッグ

ワンピース・ベルト・イヤリング・リング/人さし指・中指・バッグ (グッチ ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ワンピース・ベルト・イヤリング・リング・バッグ (グッチ ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

鮮やかなグリーンのワンピースは、ハリのあるシルクツイル素材。トップスにはラッフルがあしらわれ、スカートはプリーツに…と表情豊かなワンピースは、存在感のある黒ベルトでマークして辛口に仕上げましょう。

【3】グリーンワンピース×黒コート

【1】グリーンワンピース×黒コート
コート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈グレンフェル〉)、ワンピース(ADORE)、ネックレス・バングル(ダミアーニ銀座タワー)、バッグ(バリー 銀座店〈バリー〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

英国ブランドらしく、正統派のディテールを備えた一着。ブラックは肌の白さが際立ち、クールな女らしさを表現する美人効果も発揮します。のびやかに振る舞え、人とは違う個性を物語るカラードレスが、こなれて見せるポイント。さらにモノトーンのバッグやレースのパンプスで、遊び心を加えましょう。

【4】グリーンワンピース×白ブラウス

【2】グリーンワンピース×白ブラウス
ワンピース・ブラウス(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、眼鏡/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

袖がシルク素材のブラウスとジャンパースカート風のワンピースをレイヤードした新バランス。絶妙なセージグリーンに、涼やかに透けた白で抜け感を加味すれば、クリーンなだけでなく、大人らしいシック感が漂う着こなしが完成します。

【5】マックスマーラのダークグリーンワンピース

【3】マックスマーラのダークグリーンワンピース
ワンピース・ベルト・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

今シーズンのキーカラーは、カーキをさらに渋くグレイッシュにした色味、セージグリーン。パリッとしたシャツとジャージー素材のスカートを組み合わせたワンピースは、きちんと感があるのにキレよくしなやかです。パイソンレザーのベルトでウエストマークすれば、美シルエットがさらに際立ちます。

グリーントップスの春コーデ


【1】グリーンブラウス×黒スカート

ブラウス(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ウールのスカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ブラウス(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ウールのスカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

プレシャス世代のブラウス選びのポイントは一枚でも華やかであること。ただし、スカートや小物まで甘めにすると過剰で野暮ったくなるので、あくまでも辛口に徹するべし。きりっとしたスリット入りのタイトスカート、パンチの効いた小物やジュエリーが洗練されたスタイルに導いてくれます。

【2】グリーンニット×ネイビーコート×ベージュパンツ

【1】グリーンニット×ネイビーコート×ベージュパンツ
コート(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(ファブ〈ティエリー ラスリー〉)、ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(IWC)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

カジュアル巧者の女性たちの間で、いつも話題になるのは、イタリア「伊達男」たちの着こなしセンス。特にスポーツアウターは、洒脱な彼らの真骨頂。肩の力の抜けた着くずしや、シックな色を印象的に見せる配色の巧さは、ぜひお手本にしたいところです。、例えば、フード付きのモッズコートなら、そのままでは地味で武骨な印象。そこで鮮やかなグリーンを投入。派手かな? と思うくらいの差し色が、ジュエリー以上の効果をもたらし、軽妙さを演出します。

【3】ピスタチオグリーンニット×白パンツ

【2】ピスタチオグリーンニット×白パンツ
パンツ(feerique)、ニット(ADORE)、ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ピスタチオグリーン×オレンジ×白…ポップな色遊びが抵抗なく楽しめるのは、ノーブルなシルエットの白パンツのおかげ。ニットは裾がペプラム状になったキュートなデザイン。そのふんわりとしたシルエットを生かすなら、ボトムはすっきりスリム、そして足首見せが絶対条件です。

【4】グッチのグリーンニット×スカート

【3】グッチのグリーンニット×スカート
ニット・スカート・バッグ[メンズ]・イヤリング・リング(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

往年のジャッキースタイルを彷彿させる、タートルネックニットとAラインスカートの着こなし。スカートにあしらわれたダブルGのバックルは、グッチの新時代のステートメントです。グリーン×白のビビッドな配色を品格漂うスタイルで楽しみましょう。

グリーンアウターの春コーデ


【1】ミントグリーンブルゾン×ニット×プリーツスカート

ブルゾン(バリー 銀座店)、ニット(ebure)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)ペンダント(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(三喜商事〈イレブンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ブルゾン(バリー 銀座店)、ニット(ebure)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ペンダント(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(三喜商事〈イレブンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

旬のムードが漂う配色なら、淡くまろやかな色合いでももたつきません。バッグで光沢を添えるのがポイントです。

【2】グリーントレンチコート×トップス×スカート

【1】グリーントレンチコート×トップス×スカート
コート・トップス・スカート(アクネストゥディオズ アオヤマ)、サングラス(サラディストリビュージョン東京〈エナロイド〉)、バングル(ジョージ ジェンセン ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

生地の心地よい重みと、とろみのある素材感で、流れるようなドレープが堪能できるトレンチコート。オールブラックの装いにフォレストグリーンの発色のよさが際立ちます。

「グリーンコーデ」の関連記事