パンツを取り入れたカジュアルコーディネートをまとめました。働く女性の格好良さを演出するパンツルックのテクニックをご紹介します。

【目次】

春のオフィスカジュアルパンツコーデ


【1】白ワイドパンツ×ブルーのコート×ブラウス

【1】白ワイドパンツ×ブルーのコート×ブラウス
コート・ブラウス・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

淡いグレージュをベースに、縦横に走る濃淡のインディゴブルーの織り柄が表情豊か。ファブリックに強いという伝統をもつアニオナだからこその、薄くて軽いこだわりのコットンツイードです。裏地なしの軽やかさを生かし、カーディガンのようにさっとはおり、共布のベルトをきゅっと結ぶだけで、こなれたカジュアルが完成します。

【2】ベージュパンツ×白シャツ×ロングジレ

【2】ベージュパンツ×白シャツ×ロングジレ
ロングジレ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(ブラミンク)、バッグ(マドリガル〈エバゴス〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター)  撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

白シャツ×ベージュパンツは、大人の定番。そこに、やわらかなラムスエードで仕立てたグレージュのロングジレを投入すると、大人のセンスが際立ちます。小粋なストローバッグを添えれば、今年らしいリラックスカジュアルに。

【3】ベージュワイドパンツ×イエローブラウス

【3】ベージュワイドパンツ×イエローブラウス
ブラウス・パンツ(ソニア リキエル 青山店)、ペンダント・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈マクリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(アングローバルショップ 表参道〈ペリーコ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

程よいハリとしなやかさを備えたコットンストレッチに、ギャザーでボリュームを出しながら、ウエストも袖口もキュッと絞ったバルーンスリーブのブラウス。全体にボリューム感がある場合、絞りをきかせたシルエットを選び、首、手首、足首を見せる抜け感でバランスよく。リラックス感のあるサフランイエローで、大人かわいいカジュアルに。

【4】デニムパンツ×ボーダーニット

【4】デニムパンツ×ボーダーニット
ニット・デニムパンツ・バッグ(グッチ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

一見シンプルなボーダーニットだけれど、レースからのぞく素肌が官能的で、ハッとさせられる遊び心がモードな一着。まさにカジュアルな透け感のあるレース使いが今の気分を印象づけます。デニムでよりカジュアルダウンしたら、端正なトップハンドルのバッグで、大人のクラス感を添えることも忘れずに。

【5】黒パンツ×ニットカーディガン×白カットソー

【5】黒パンツ×ニットカーディガン×白カットソー
カーディガン・カットソー・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

クリケットのユニフォームをイメージしたというゆったりシルエットながら、着やせ効果も備えた革新的なニットカーディガン。黒×キャメルのストライプ柄が縦のラインを強調するため、スタイルアップは確実。黒ボトムに白のカットソーを合わせたシンプルコンビにふわりとはおるだけで、肩の力の抜けたリッチカジュアルが完成します。

【6】黒パンツ×白ブラウス×ベージュコート

【6】黒パンツ×白ブラウス×ベージュコート
コート・シルクのブラウス・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ベーシックなひざ丈のトレンチは、だれもが着るアイテムだけに、モードブランドのもつ洗練オーラで、圧倒的な違いを印象づけましょう。またスニーカーなどでカジュアルに、ラフに着くずすのは、今や平凡なパターンに陥りがちなので、黒のスティックパンツや細めのデニムにヒールパンプスで、シルエットを引き締めつつ、エレガンスを極める方向を目指すべき。袖口からしなやかなブラウスの白をのぞかせるだけでも華やぎます。

ジャケット×パンツのオフィスカジュアルコーデ


【1】ツイード地テーラードジャケット×白スティックパンツ

【1】ツイード地テーラードジャケット×白スティックパンツ
ジャケット(トム ブラウン 青山)、ニット(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、パンツ(三喜商事〈アルト〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテックフィリップ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

やや長めの着丈のオーバーシルエットに、足首まできゅっと強調するスティックパンツの組み合わせは、今シーズンの最強コンビ! フォルムが上品なぶん、素材やきれい色を取り入れれば、おしゃれの幅もぐんと広がります。アウターはツイード地が華やかなテーラード。袖ぐり、ラペル幅が細身のため、着てみると想像以上にスマート。カジュアルを目指すなら、小物をメンズライクにまとめるのがこなれるコツです。

【2】ビジュー使い黒ブルゾン×黒パンツ

【2】ビジュー使い黒ブルゾン×黒パンツ
ブルゾン・ノースリーブトップス・パンツ・バッグ(ジバンシィ表参道店)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

人気が復活したMA-1やボンバー風のディテールをベースに、クチュール感あふれるビジュー使いが贅沢なジップアップブルゾン。一見ハードな流行も、モードブランドの黒で取り入れれば、大人のカジュアルがグンとあか抜けます。またワンピースなど、女らしい着こなしに合わせるのも、上級センスの見せ場になります。

【3】ブルージャケット×グレーパンツ

【3】ブルージャケット×グレーパンツ
ジャケット・パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、シャツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ポケットチーフ・バッグ(和光)、メガネ(ファブ〈セリマ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

カジュアルなコットンのニットジャケットだが、高密度で編まれているため形くずれもせず、きちんと感も◎。インナーの滑りを助けるため、袖のみ裏地を採用するうれしい配慮もこなれています。

【4】ベージュジャケット×ベージュパンツ

【4】ベージュジャケット×ベージュパンツ
ジャケット(キートン)、カットソー(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

「はおる」という表現がぴったりとくる、圧倒的な軽さを誇る着心地と、女性のボディーラインにしなやかに沿う完璧なシルエットは、伝統的なナポリ仕立てを頑なに守る、キートンのアルティザンの技の結晶です。カジュアルにも合わせやすく、スタイルが確実によく見えると誉れ高い、ふたつボタンの「ツービージャケット」は定番名品。格子状に織ることで凹凸のある表面感を出した新素材が、麻のシャリ感とシルクの艶を自然に強調して、ドライなベージュに、今年らしいいきいきとした表情を生み出しています。

靴×パンツのオフィスカジュアルコーデ


【1】スニーカー×ベージュパンツ

【1】スニーカー×ベージュパンツ
コート(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(ファブ〈ティエリー ラスリー〉)、ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(IWC)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

カジュアル巧者の女性たちの間で、いつも話題になるのは、イタリア伊達男たちの着こなしセンス。特に「スポーツアウター」は、洒脱な彼らの真骨頂です。肩の力の抜けた着くずしや、シックな色を印象的に見せる配色の巧さは、ぜひお手本にしたいところ。ミリタリーブルゾンは、あえてまじめなスーツやジャケットの上に重ねて、そのギャップを狙うのが、彼らの重ね着ルール。女性の場合は、堅くなりすぎないよう、白シャツ×カーディガンで、上品なレイヤードを実践してみましょう。単にメンズライクな着こなしを目指すだけではなく、大人の女性の魅力を失わないよう、どこかに優しさを加えることも大切です。

【2】白スリッポン×黒パンツのスポーティーな着こなし

【2】白スリッポン×黒パンツのスポーティな着こなし
コート・ストール・バッグ(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、トップス(三喜商事〈バンフォード〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ベージュを重ねたシックトーン配色で大人っぽく。サイドライン入りパンツやスリッポンで仕上げたスポーティーな着こなしも、艶やかなブラックサテンのコートがあれば、カジュアルになりすぎず品よくまとまります。

【3】ベージュパンプス×白クロップドパンツ

【3】ベージュパンプス×白クロップドパンツ
コート・パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ネックレス・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

布帛のロングカーディガンのようなライトな感覚で着られる、ひざ下丈のシンプルトレンチ。ベージュパンプスと白のクロップドパンツで上品に仕上げると、洗練度がぐっとアップします。

【4】ネイビーパンプス×ネイビーパンツ

【4】ネイビーパンプス×ネイビーパンツ
コート(SANYO SHOKAI〈SANYO〉)、カーディガン(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、ネックレス(チェルキ〈ルーナ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

前立てのボタンが縦ラインを強調して端正なシルエットが際立つ一着。やわらかなコットンが着くずしたときにしなやかな表情を演出します。ニット+パンツの端正スタイルを非凡に仕上げているのが、流行のブライトイエローのニットの見せ方。コートの袖をラフにロールアップしてニットをのぞかせるひと技で、カジュアルを極めた大人のセンスを香らせて。パンプスで女力もさりげなくアップさせましょう。

【5】ブルーパンプス×グレーパンツ

【5】ブルーパンプス×グレーパンツ
スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、コート(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム ホワイトレーベル〉)、バンフォードのニット・イレブンティのシャツ・パンツ(三喜商事)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ピアス・ブレスレット (ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ヴァシック〉)、靴(ピエール アルディ 東京)、※巻き方の詳細は105ページへ 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

シャツ+ニットのレイヤードにしなやかなベージュトレンチを合わせた上品カジュアルな着こなし。シャツの胸元を埋めるように70㎝角スカーフを配して顔周りに華やぎを添えつつ、リッチな印象に仕上げましょう。

【6】スモーキーピンクのスエードパンプス×デニムパンツ

【6】スモーキーピンクのスエードパンプス×デニムパンツ
靴・バッグ(JIMMY CHOO)、ザ ハイアリンのニット・トゥルー ロイヤルのデニム・スティーブン デュエックのネックレス・ハムのブレスレット(ストラスブルゴ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ラウンドトウの新作パンプス「ブリジット」を、スモーキーなピンクスエードで足元から気品漂う着こなしに。デニムを合わせた春カジュアルでも女性らしさをアピールできます。

【7】シルバーフラットシューズ×グレーパンツ

【7】シルバーフラットシューズ×グレーパンツ
ブルゾン(三喜商事〈マレーラ〉)、ノースリーブニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、時計(パテック フィリップジャパン)、リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)靴(ピエール アルディ 東京)、ノートカバー・ノート(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

春先に欠かせない、レザーブルゾン。定番アイテムこそ、淡いブルーを選べば、カジュアルスタイルがぐっとこなれた印象に。インに合わせた白のニットはレフ板効果をもたらし、笑顔が溌剌と輝きます。