ショルダーバッグを取り入れたコーディネートをまとめました。肩にかけたバッグも様になる、大人のバッグコーディネートをご紹介します。

【目次】

春のショルダーバッグコーデ


【1】シルバーショルダーバッグ×ブラウス×パンツ×コート

【1】シルバーショルダーバッグ×ブラウス×パンツ×コート
マックスマーラのコート・マックスマーラのブラウス・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラジャパン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

直球の女らしさではなく、感じさせるフェミニティーは、やわらかい色味を緻密に重ねて実現。シルバーバッグやローファーも、ハイトーンでまとめることでぐっと女らしく。シンプル・エレガンスの深淵さを引き立ててくれます。

【2】イエローショルダーバッグ×ブラウス×パンツ×ジャケット

【2】イエローショルダーバッグ×ブラウス×パンツ×ジャケット
ジャケット(ADORE)、ブラウス(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ・靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

黒を基調としたパンツの着こなしに、バッグと足元できれい色を加味。ベーシックカラーに慣れ親しんだ大人の世代にとって、きれい色はハードルの高い存在。でも、なじみのある黒を味方につければ、スッとものにできるのです。

【3】白ショルダーバッグ×プルオーバー×スカート

【3】白ショルダーバッグ×プルオーバー×スカート
バッグ・プルオーバートップス・スカート・ピアス・靴(セリーヌ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

旅人を意味する「トロッター」という名前にふさわしい軽快さを、モダンな解釈でデザインしたショルダーバッグ。クリアな白で際立たせた、迷いのない美しい曲線と、プリーツスカートのしなやかさのバランスが素敵です!

【4】白ショルダーバッグ×ニット×スカート

【4】白ショルダーバッグ×ニット×スカート
ニット・スカート(ブラミンク)、ネックレス・チャーム(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ザ ライト〈マックス ピティオン〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

フューシャピンクのスカートは、優雅に揺れる流麗なシルエットが特徴。そんなフェミニンなボトムには、黒のシンプルニットで、スポーツテイストをプラス。サングラスや斜めがけバッグなどの黒を効かせた辛口小物も効果的です。

【5】ベージュショルダーバッグ×ワンピース×ブルゾン

【5】ベージュショルダーバッグ×ワンピース×ブルゾン
ブルゾン(ウールリッチ 表参道店)、ワンピース(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(ザ ライト〈マックス ピティオン〉)、バングル(ケイテン)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

シンプルさを極めた深みのあるベージュのブルゾンに、クリアな白のワンピースを合わせて、爽やかなオフ白~ベージュの装いを。ともするとガーリーになりがちなコットンの白ワンピースだけれど、スポーティーなブルゾンがハンサムに仕上げてくれます。ショルダーバッグでインパクトも加えて。

【6】白ショルダーバッグ×Tシャツ×パンツ×ニットジャケット

【6】白ショルダーバッグ×Tシャツ×パンツ×ニットジャケット
ジャケット(三喜商事〈Tジャケット〉)、インナー・パンツ(VINCE 表参道店〈ヴィンス〉)、サングラス(ストラスブルゴ〈オリバー ゴールドスミス〉)、バングル(インターナショナルギャラリー ビームス〈ビルウォールレザー〉)、モローパリのバッグ・バーニーズニューヨークの靴(バーニーズ ニューヨーク) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ミドルゲージのニットにも関わらず、袖を通せば、驚くほど構築的なシルエットとTシャツのような軽やかさを実現。ホワイトのショルダーバッグも上品に映えます。

【7】キャメルショルダーバッグ×ブラウス×パンツ

【7】キャメルショルダーバッグ×ブラウス×パンツ
ブラウス・パンツ・サッシュベルト(ebure〈ebure〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ネックレス・キーチャーム・キーチャーム・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビー×白×キャメルの上品配色は、色使いの名人、ピッティの伊達男たちをお手本に。旬のサッシュベルトとショルダーバッグで新鮮さをプラスしましょう。

【8】イエローショルダーバッグ×ワンピース×カーディガン

【8】イエローショルダーバッグ×ワンピース×カーディガン
コットンカーディガン・ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・ブレスレット(ウノアエレジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ハッとさせるような迫力があるイエローのミニ丈カーディガン。イエローのショルダーバッグで知的なワンピースを、フレッシュに印象づけましょう。

【9】白ショルダーバッグ×トップス×ワイドパンツ×ジャケット

【9】白ショルダーバッグ×トップス×ワイドパンツ×ジャケット
パンツ(MOGA)、トップス(ebure)、ジャケット(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ スポート〉)、イヤリング・バングル(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店) 佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

繊細な素材とやわらかな色で全体をまとめることで「とろみワイドパンツ」のラグジュアリーな個性が生まれます。ショルダーバッグなど、シンプル&クールな小物で甘さを抑えるのが大人のバランスです。

黒ショルダーバッグコーデ


【1】黒ショルダーバッグ×グリーンワンピース×コート

【1】黒ショルダーバッグ×グリーンワンピース×コート
コート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈グレンフェル〉)、ワンピース(ADORE)、ネックレス・バングル(ダミアーニ銀座タワー)、バッグ(バリー 銀座店〈バリー〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

英国ブランドらしく、正統派のディテールを備えた一着。ブラックは肌の白さが際立ち、クールな女らしさを表現する美人効果も発揮。さらにモノトーンのバッグやレースのパンプスで、遊び心を加えて。これが、印象が沈んで見えないテクニックです。

【2】黒ショルダーバッグ×ニット×パンツ×トレンチコート

【2】黒ショルダーバッグ×ニット×パンツ×トレンチコート
コート・ニット・パンツ・バッグ(バーバリー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

黒のワイドパンツ+ショルダーバッグに合わせ、あえてボタンを留めずにきゅっとベルトを結ぶ。程よくゆとりのあるトレンチコートのシルエットにメリハリが生まれ、自分らしいスタイルが完成します。コートは伝統的なディテールを踏襲したクラシックタイプ。ひざにかかるロング丈が着回し力の決め手です。

【3】黒ショルダーバッグ×イエローニット

【3】黒ショルダーバッグ×イエローニット
ニット・パンツ・バッグ・バングル・ネックレス・リング(ルイ・ヴィトン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

光の象徴のように鮮やかなイエロー。幸福感あふれる春のきれい色は、咲き誇る花のような笑顔を運んでくれます。一見派手と思われがちだけれど、白~ベージュといったベーシックカラーの延長にあり、どんな色にも合わせやすいから、気負うことなくメインアイテムに投入したい。楽しげなモチーフをあしらったバッグの存在感も、イエローの華やぎに、さりげなくなじみます。

【4】黒ショルダーバッグ×ワンピース×ネイビーブルゾン

【4】黒ショルダーバッグ×ワンピース×ネイビーブルゾン
ブルゾン(クルチアーニ銀座店)、ノースリーブニットワンピース(三崎商事〈マロ〉)、リング(TASAKI〈M/G TASAKI 〉)、2連使いしたネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、スカーフ(バーニーズ ニューヨーク〈バーニーズ ニューヨーク〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ネイビーのナイロンブルゾンは、控えめな光沢が上品。裾に絞りがないぶん、タイトなワンピースやボトムがきれいに決まります。エレガントなコーディネートのスパイスとして、ショルダーバッグにスカーフを添えて。

【5】黒ショルダーバッグ×シャツ×デニムパンツ×黒ジャケット

【5】黒ショルダーバッグ×シャツ×デニムパンツ×黒ジャケット
バッグ・ジャケット・シルクシャツ・デニム・靴・イヤリング・ブローチ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

新作のショルダーバッグ『シャーロット』を、モダンな光沢を放つ黒のパテントで。上品なトラッド感があるので、スモーキングジャケットをデニムでドレスダウンするような、絶妙なバランス感覚の装いにマッチして、シャープなアクセントになります。

【6】黒ショルダーバッグ×ブラウス×パンツ×ツイード柄ジャケット

【6】黒ショルダーバッグ×ブラウス×パンツ×ツイード柄ジャケット
ジャケット(ルック〈スキャパ〉)、ブラウス(Theory luxe)、パンツ(MOGA)時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/唐澤光也・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

春の日差しに映えるマルチカラー×ゴールドラメのツイードのノーボタンジャケット。手元のおしゃれを楽しめる7分袖、ウエスト位置を高く見せるフリンジが活躍度と着映えの決め手です。華麗なボレロ風ジャケットにハイウエストのスエードワイドパンツとショルダーバッグを合わせて視線を上に集めれば、歩いてもたたずんでもスタイルよく見えます。

ネイビーショルダーバッグコーデ


【1】ネイビーショルダーバッグ×白ニット×白スカート×コート

【1】ネイビーショルダーバッグ×白ニット×白スカート×コート
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット・スカート(アキコオガワ インターナショナル〈アキコオガワ ランジェリー〉)、バッグ(ADORE)、サングラス(ミラリ ジャパン〈マイケル・コース〉)、ネックレス(ピアジェ)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

色清潔感のある配色とフェミニンテイストの掛け合わせは好感度大。紺をリンクさせたバッグと靴は、チェーン付きやポインテッドトウを選ぶと、大人っぽくキレ味よくまとまります。

【2】ネイビーショルダーバッグ×Tシャツ×ワイドパンツ×黒ジャケット

【2】ネイビーショルダーバッグ×Tシャツ×ワイドパンツ×黒ジャケット
パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ジャケット(wb)、Tシャツ(三喜商事〈アリュード〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ネックレス(ドレスアンレーヴ〈ドレスアンレーヴ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

筒幅の広いワイドパンツは靴で遊んでもさりげない印象。ベージュパンツと好相性の流行色=サフラン色をぴりりと効かせて。パンツはリネン風のネップやシワ感のある艶ベージュ素材。表から見ただけではわからない高度な裁断縫製技術で、ヒップが形よく、上がって見えるシルエットが秀逸です。シンプルなショルダーバッグを合わせて、軽快なスタイルにまとめましょう。

【3】ネイビーショルダーバッグ×水色コート

【3】ネイビーショルダーバッグ×水色コート
靴・黒プリーツスカート・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/水田学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パンプスは安定感のあるまっすぐなストレットヒールにまで、パイソンレザーがあしらわれ、後ろ姿からも華麗な気配が漂います。ブロック配色が目を引くショルダーバッグを合わせて、端正な着こなしに。

茶ショルダーバッグコーデ


【1】茶ショルダーバッグ×白シャツ×白パンツ×ジレ

【1】茶ショルダーバッグ×白シャツ×白パンツ×ジレ
パンツ・ジレ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、シャツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、バッグ(ブランドニュース〈マンサー ガブリエルフォー エッセンス〉)、ネックレス(ピアジェ)、靴(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ジャンヴィト ロッシ〉) 撮影/赤尾昌則(WhiteSTOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ジョーゼットのゆとりパンツと、とろみ素材のブラウスは白でまとめて軽やかに。薄手のラムレザーで仕立てたロングジレが着映え効果を発揮します。上品なブラウンレザーのバッグをアクセントに。

【2】茶ショルダーバッグ×ブラウス×パンツ×黒ジャケット

【2】茶ショルダーバッグ×ブラウス×パンツ×黒ジャケット
ジャケット(ディースクエアード 東京〈ディースクエアード〉)、ブラウス(アパルトモン青山店〈ティビ〉)、パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ベルト・バッグ(バリー 銀座店〈バリー〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フォーマル感を重視するなら、モノトーンをベースにするのがおすすめ。キャメル色の小物が、辛口配色に女らしさと軽やかさを授けてくれます。

【3】茶ショルダーバッグ×白トップス×黒スカート

【3】茶ショルダーバッグ×白トップス×黒スカート
トップス・スカート・サングラス・ネックレス・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビー×白でつくるメリハリ配色は当たり前。トップスを艶のあるオフベージュにすることで、こんなにも端正な女らしさが漂うなんて。さらに、ミッドナイトネイビーのタイトスカートに深く入ったスリットが女度をアップ。シンプルな組み合わせなのに、印象に残る着こなしが完成します。

【4】茶ショルダーバッグ×デニムシャツ×デニムパンツ

【4】茶ショルダーバッグ×デニムシャツ×デニムパンツ
シャツ・パンツ・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、サングラス (イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティー〉)、ネックレス・ ブレスレット・バングル ・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジ ャパン・インク) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

濃淡のインディゴブルーでそろえたシャツ&パンツは、ともにこだわりのコットンデニム素材。シルクを思わせるソフトな感触に、テイラーリングの技術を注ぎ込んだ逸品です。キャメルのレザー小物を合わせ、辛口のかっこよさを引き出しましょう。

【5】茶ショルダーバッグ×ニット×イエローパンツ×コート

【5】茶ショルダーバッグ×ニット×イエローパンツ×コート
パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、エリザベス アンド ジェームスのコート・アバティのニット(コロネット)、バッグ(トッズ・ジャパン)、ネックレス・時計・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

晴れやかな春の気分を呼び込むミモザイエローのパンツを主役に。肌なじみのいい穏やかな色合いでまとめて品よく女っぷりをアップさせましょう。ブロックカラーのバッグをアクセントに、上品にまとめて。

グレーショルダーバッグコーデ


【1】グレーショルダーバッグ×ブラウス×ワイドパンツ×ネイビーコート

【1】グレーショルダーバッグ×ブラウス×ワイドパンツ×ネイビーコート
コート・ブラウス・パンツ・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ボウブラウスとセミワイドパンツをオールホワイトでそろえて華やかに。ネイビーのミドル丈トレンチコートが、全体を引き締めつつ着こなしをすっきりとまとめてくれます。ヒールパンプスは紺をリンクさせてパテント素材の艶をトッピング。マットゴールドのチェーンバッグをアクセントカラーに。

【2】グレーショルダーバッグ×カットソー×ピンクパンツ×コート

【2】グレーショルダーバッグ×カットソー×ピンクパンツ×コート
コート・レーストップス(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

上品な艶のあるピンクベージュ、丸みのある襟のライン、軽やかな着丈…と王道のきちんと感がありつつどこか優しい雰囲気のコート。レースのブラウスとピンクの細身パンツを合わせれば、繊細な淡色コーディネートが完成します。シルバーのバッグとベージュのパテント靴でなじませて、すっきりとまとめましょう。

【3】グレーショルダーバッグ×ネイビーブラウス×白ワイドパンツ

【3】グレーショルダーバッグ×ネイビーブラウス×白ワイドパンツ
ブラウス・パンツ(ユニット&ゲスト〈Tibi〉)、ネックレス・ブレスレット(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、バッグ(バリー 銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

見慣れたネイビー×白の配色が、トップスにボリュームを与えるだけでこんなにもゴージャスに。たっぷりとした袖が特徴的なコットンポプリン地のブラウスは、さりげない手の動きやシルエットをグラマラスに印象づけてくれます。ブルートーンの石を配したジュエリー、コンパクトなメタリックバッグを重ねて、清涼感漂う華やぎも忘れずに。

【4】グレーショルダーバッグ×白ワンピース×グレーカーディガン

【4】グレーショルダーバッグ×白ワンピース×グレーカーディガン
カーディガン(クルチアーニ銀座店)、ストラネスのワンピース・ボルボネーゼのバッグ(三喜商事)、サングラス(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティー〉)、Kong qi for Theory luxeのネックレス・Maison Boinetのブレスレット(Theory luxe)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

優しい風合いのカシミヤシルクのロングカーディガンが、コットンワンピースにラグジュアリーなムードをもたらして。素材感のあるバッグと靴を投入して、着こなしにメリハリを加えましょう。

緑ショルダーバッグコーデ


【1】緑ショルダーバッグ×ブルーブラウス×グレーパンツ

【1】緑ショルダーバッグ×ブルーブラウス×グレーパンツ
ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

華やかなブルーのブラウスは、シンプルなライトグレーのパンツに合わせると引き立ちます。鮮やかなブルーでありながら、しなやかなシルク素材を使用しているので、色の強さを緩和し顔色をいつもより明るく見せて。前身ごろの美しいドレープとパフスリーブで、ほのかな甘さも演出。グリーンのショルダーバッグで遊び心も演出しましょう。

【2】緑ショルダーバッグ×プルオーバー×スカート×コート

【2】緑ショルダーバッグ×プルオーバー×スカート×コート
コート・プルオーバー・スカート・ネックレス・ブレスレット・バッグ(シャネル) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

オートクチュールに使われる技を駆使した、端正なブルーグリーン系ツイードを、贅沢にレイヤード。ブレードのブルーがくっきり、まるでネオンカラーのようにモダンに映えて、多色使いのツイードに絶妙な統一感が生まれます。同色のバッグを添えれば、差し色効果のチャーミングさも表現できます。

【3】緑ショルダーバッグ×ブラウス×ピンクパンツ×グレーカーディガン

【3】緑ショルダーバッグ×ブラウス×ピンクパンツ×グレーカーディガン
パンツ(サポートサーフェス)、カーディガン(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ブラウス(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)バッグ(バリー 銀座店)、靴(JIMMY CHOO) 熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

きれいなピンクのパンツを楽しみつつすっきり見せるために、淡いベージュのロングカーディガンでⅠラインシルエットを演出。小物やジュエリーもベージュ系で統一して優しい奥行きを表現しましょう。パンツはリネン混素材の自然な艶と風合いで、ピンクも気負いなく着こなせます。シックカラーのバッグと靴を合わせて、大人らしさを忘れずに。