身長156cmのインテリアエディターが「大人のための家具選び」をレポートする好評連載。今回は番外編として、インテリアエディターDが訪れたイタリア・ミラノにて宿泊した、おしゃれなインテリアのホテルをレポートしてもらいました。

ミラネーゼの名前をもつ、ミラノの魅力がつまったデザインホテル「room mate giulia(ルーム メイト ジュリア)」

毎年4月に行われる世界最大規模の家具見本市「ミラノサローネ」へ行ってきました。滞在中、インテリアで話題のホテル2か所に泊まってきました。ひとつ目は、インテリア業界で最も注目を浴びている女性建築家・デザイナーのひとりとして賞賛され、2015年からはカッシーナのアートディレクターも務める、パトリシア・ウルキオラによるデザイナーズホテル「room mate giulia(ルーム メイト ジュリア)」。ふたつ目は、ニコラ・ガリツィアが内装デザイン 、Molteni(モルテーニ)が家具を手がけた「HOTEL VIU MILAN(ホテルビウミラン)」。全く個性の異なる、それぞれのホテルの魅力を全4回にわたってご紹介します。

イタリア・ミラノには何度か訪れたことがあるという方も多いはず。今度行くなら、宿泊するホテルをイタリアならではのおしゃれなインテリアで選んでみませんか?

2016年 3月にオープンした「room mate giulia(ルーム メイト ジュリア)」はミラノの中心部、ドゥオーモ広場横のガレリアから2軒先の非常に便利な立地にある4つ星ホテルです。5つのカテゴリー(スタンダード、スーペリア、デラックス、ジュニアスイート、テラス付きペントハウス)に分けられた、6フロア85室の客室。お部屋の広さは、20〜35㎡。宿泊費の目安は、¥31,114〜¥165,175 (スタンダード ルームの平均価格に基づきます) 。※ミラノサローネが開催される4月は高騰します。

ガレリアからレストラン挟んで2軒先。パークハイアットの向かいです。パークハイアットのバーのインテリアも素敵です。家具の張り地がデダールなのです! 
ガレリアからレストランを挟んで2軒先。パークハイアットの向かいです。パークハイアットのバーのインテリアも素敵です。家具の張り地がデダールなのです!

ルームメイトグループは、ヨーロッパ、北米・南米を中心に、好立地なロケーションにおしゃれなデザインと、リーズナブルなホテルをチェーン展開するスペイン発のホテルグループです。

人気女性建築家・デザイナー、パトリシア・ウルキオラが手がけた最旬インテリア

インテリアを手がけたのは、カッシーナのクリエイティブディレクターに就任したことでも話題の、パトリシア・ウルキオラ。コーディネートのキーワードは「ミラネーゼ」。ルームメイトジュリアの、Giulia(ジュリア)とは、「若々しい」という意味のイタリアで人気のある女の子の名前です。

過去と現在をリサーチしてつり上げる彼女の世界観は、多種多様な素材や感触が組み合わさり、友人の家に招かれたような心地よさとワクワク感があります。

156㎝のインテリア5月に掲載されている「カッシーナ」の「チッコニーニョ」
カッシーナの「チッコニーニョ」

ホテルのロビーの床は、ドゥオーモでも使用されているピンク色の大理石。パトリシアの建築プロジェクトでも使われており、この色は彼女のカラースキームの中でもよく使用されています。

ロビー
気取っていないのに贅沢。新旧ミックスのスタイルは、ミラネーゼのイメージそのもの。

立体的なグラフィックと平面のグラフィックがかけ合わさる楽しいロビー。湾曲した壁面は、ミラノ建築でよく使用されるテラコッタレンガ、グリッド状にカスタマイズされたカーペットに、パトリシアがさまざまなメーカーから出している家具がリズミカルに配置されています。

ラウンジ
ロビーにも廊下にも室内にもアートが取り入れられています。

飾り棚のあるロビーラウンジの一角。アクリルや木、ファブリックにスチール、大理石にグラフィックアートにネオン管。ミックスされた素材感と、ちょっとしたコーナーづくりが楽しい!

色彩にあふれ、シックで楽しいインテリアの食堂で朝食を

正午までとれる朝食は、1階の食堂でバイキング形式。果物、野菜、種類豊富なフレッシュジュース、あたたかいメニューにスイーツもグルテンフリーのコーナーもあります。

フルーツや野菜のビュッフェ
カフェテリアの朝ごはんもカラフル。スタッフもフレンドリーで居心地がとても良かったです。

ホテルのさまざまなシーンで繰り返し使われているグリッドにパターンと、パイプに革でぶら下げる仕様がここでも。雑誌が入り、背もたれのパディングになっています。廊下に続くキーカラーのブルーのクッションが効いてます。

テーブルと椅子
ランダムな背もたれの膨らみが面白い椅子が印象的でした。

遊び心たっぷりのグラフィカルなスパでリフレッシュ

地下には、宿泊者が利用できるフィットネスとスパがあります。このふたつは繋がっていて、フィットネスを通り過ぎるとスパがあります。フロントに予約すると夜中でも利用できるのがうれしい。

コンパクトなフィットネスルーム
コンパクトなフィットネスルーム。
サウナルーム
ドライサウナとスチームサウナとシャワーがあります。
スパ
ロッキングチェアも、横に置かれたアメニティーのテーブルセットもかわいい。バスローブも重すぎず薄すぎず肌触りもよかった。
シャワールーム
写真左はシャワールーム 繰り返される幾何学模様がミラノのタイルワークのようです。

独特のカラースキームとパーソナリティを反映させたデザインワークで人気の女性建築家・デザイナーPatricia Urquiola(パトリシア・ウルキオラ)

1961年、スペイン、オビエド生まれ。マドリード工科大学、ミラノ工科大学で建築を学び、現在はミラノで活動。2001年、自身のスタジオを開設。人間的な温かみにあふれた、パーソナリティーを反映させたデザインワークは、世界中の人々を魅了し続けています。

2015年より、カッシーナのアートディレクターに。ウルキオラのカラースキームと、彼女独特のインテリアコーディネートは、カッシーナ青山で実現できます。

参考:Patricia Urquiola(パトリシア・ウルキオラ)

カッシーナ・イクスシーでは、5/18(金)から新作4種の発表とともに、新作展示会が開催。

■新作展示会「FLOATING BEAUTY」
青山本店、大阪店/5月18日(金)~6月12日(火)
名古屋店、福岡店/5月24日(木)~6月12日(火)

パトリシア・ウルキオラのソファ「FLOE INSEL」やブルレック兄弟による「COTONE」チェア、「BALENO」ウォールシェルフなどがいよいよ日本でも発売となります。

ミラノのカッシーナでパトリシア・ウルキオラとお喋り

パトリシアとの記念撮影
インタビュー撮影の合間に気さくに応えてくれました。

後日談ですが、カッシーナのショールームで新作についてインタビューを受けているパトリシアに、ホテルの心地よさについて話しかける機会がありました(勇気ひとつで憧れのデザイナーとお喋りできるのも、ミラノサローネの最大の魅力!)。「ローコストでミラノらしいシックなインテリアを設計したのに、立地が便利すぎて宿泊費が高いホテルになっちゃったわ(笑)。でも、ここにいる女性3人はみな東京から、シドニーから、香港から、とミラノデザインウィークに集まってきている、この状況こそI love it!よ」と、チャーミングな笑顔で話してくれました。

問い合わせ先

この記事の執筆者
イデーに5年間(1997年~2002年)所属し、定番家具の開発や「東京デザイナーズブロック2001」の実行委員長、ロンドン・ミラノ・NYで発表されたブランド「SPUTNIK」の立ち上げに関わる。 2012年より「Design life with kids interior workshop」主宰。モンテッソーリ教育の視点を取り入れた、自身デザインの、“時計の読めない子が読みたくなる”アナログ時計『fun pun clock(ふんぷんクロック)』が、グッドデザイン賞2017を受賞。現在は、フリーランスのデザイナー・インテリアエディターとして「豊かな暮らし」について、プロダクトやコーディネート、ライティングを通して情報発信をしている。
公式サイト:YOKODOBASHI.COM
EDIT&WRITING :
土橋陽子