オールシーズン使える定番のデニムアイテム。デニムパンツを中心とした夏のレディースコーデをご紹介します!

レディース夏のデニムコーデ


【1】デニムパンツ×黒ニット

【1】デニムパンツ×黒ニット
ニット(ブラミンク)、パンツ(サン・フレール〈エドワード アシュール〉)、ブレスレット・リング(フレッド) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

服だけでなく、ジュエリーも含めた配色を楽しめるのがネイビーの強みです。手元に輝くのは、海を連想させる深いブルーのリングたち。ひとつとして同じ模様は存在しないラピスラズリと、トパーズのなかでも最も濃いブルーといわれるロンドンブルートパーズを重ねづけ。手元にリンクさせたネイビーニットとライトブルーデニムのグラデーションは、リッチカジュアルの定番配色です。

【2】デニムパンツ×カットソー×ネイビージャケット

【2】デニムパンツ×カットソー×ネイビージャケット
エス マックスマーラのジャケット・ウィークエンドマックスマーラのパンツ・マックスマーラのカットソー・靴(マックスマーラ ジャパン)、ネックレス・ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、ブレスレット(ケイテン)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス・ナルダン〉)、バッグ(エミリオ・プッチ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

デニム調のネイビーを上下で重ねて。ジャケット&パンツは、ともにリネンに洗いをかけた生地を使用。デニム調のメランジ感が、濃淡カラーを自然になじませてくれます。足元は黒スニーカーで、引き締めつつも軽快に仕上げましょう。

【3】デニムパンツ×デニムシャツ

【3】デニムパンツ×デニムシャツ
シャツ・パンツ・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、サングラス (イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティー〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジ ャパン・インク) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

濃淡のインディゴブルーでそろえたシャツ&パンツは、ともにこだわりのコットンデニム素材。シルクを思わせるソフトな感触に、テイラーリングの技術を注ぎ込んだ逸品です。キャメルのレザー小物を合わせ、辛口のかっこよさを引き出しましょう。

【4】デニムパンツ×黒ニット×黒カーディガン

【4】デニムパンツ×黒ニット×黒カーディガン
バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈カパフ〉)、カーディガン・ニット(スローン)、デニム(ゲストリスト〈Yoshiko Tomioka For RED CARD〉)、バングル(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス表参道店〈キャッツ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

カジュアルデニムのオーソドックスな着こなしをセンスよく印象づけるのは、遊び心のあるかごバッグと上質なローファー。手元のバングルで、女らしさも添えましょう。

【5】デニムパンツ×白タンクトップ×黒シャツワンピース

【5】デニムパンツ×白タンクトップ×黒シャツワンピース
ワンピース(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、タンクトップ(Theory luxe)、デニム(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、ベルト(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ネックレス・バングル(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

さらりとはおったシャツワンピースにリズムをもたらすのが細ベルト。シャツワンピースのウエスト位置のボタンを留め、ロープベルトでアクセントをつけて、Xシルエットに。ゆるめのデニムを合わせても重心が上がり、すらりと見えます。

【6】デニムパンツ×白ブラウス

【6】デニムパンツ×白ブラウス
靴・時計・リング・ブラウス・デニム(シャネル) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

黒のつま先が足を小さく見せ、ベージュによって脚を長く見せる…。黒×ベージュの究極のバイカラーの『バレリーナ』は、1984年春夏プレタポルテコレクションで発表されて以来の定番靴です。足元をモダンに見せ、美人力があってはき心地もよく、デニムからワンピースまでオールマイティーに映える。大人の女性にとっての永遠の名品です。

【7】デニムワイドパンツ×白チュニック

【7】デニムワイドパンツ×白チュニック
チュニック(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、パンツ(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、ネックレス・バングル(インデアン・クラフト)、ベルト(コロネット〈フォルテ フォルテ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

風通しのいいコットンチュニック×ワイドデニムで爽やかな表情に。存在感のあるターコイズのロングネックレスやサッシュベルトの小物が、頑張りすぎないカジュアルに程よいトレンド感を与えてくれます。

【8】デニムワイドパンツ×ストライプシャツ

【8】デニムワイドパンツ×ストライプシャツ
シャツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、パンツ(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ノーカラーのストライプオーバーシャツをワイドデニムにさらりと合わせ、肩の力の抜けた爽やかなホワイトカジュアルを堪能しましょう。シンプルなデニムスタイルには、細身のウエッジサンダルなど、どこかに女らしさを残すことも必ず忘れずに。白~ブルーの涼感漂うグラデーションを頼りに、目がくらむような外の暑さをなかったことに!

【9】デニムパンツ×イエロートップス×白ブルゾン

【9】デニムパンツ×イエロートップス×白ブルゾン
ブルゾン(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、パンツ(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、トップス(エリオポール銀座〈バレナ〉)、ネックレス(インデアン・クラフト)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈プーマ〉)、バッグ(グローブ・トロッター 銀座)、靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

休日仕様のアクティブなデニムカジュアルにもどこか大人っぽい表情がうかがえるのは、アウターに清潔感のある白ブルゾンを選んでいるから。足元に白をリンクさせることで、ビビッドなイエローが際立ち、スポーティーなスニーカースタイルにこなれ感が生まれます。

【10】デニムパンツ×白Tシャツ

【10】デニムパンツ×白Tシャツ
Tシャツ(エンフォルド)デニム(ヤマツゥ〈コラール〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈グレコ〉)、バッグ(八木通商〈ジェロームドレフュス〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

永遠の定番でもある、白Tとデニムの着こなし。大人が楽しむときは、構築的なデザインの一枚を選び、カジュアルを格上げしましょう。

【11】デニムパンツ×ネイビーニット

【11】デニムパンツ×ネイビーニット
デニム『1950's701』(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイスⓇ ビンテージ クロージング〉)、ニット(ブラミンク)、ペンダント・バングル・スカーフ(ブルガリ ジャパン)、バッグ(アマン〈アルテサーノ〉)靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

1950年代のグラマラスな女優の休日を彷彿とさせる『1950’s 701』。1939年に発売された、ブランド初のレディス5ポケットデニムです。華奢なウエストを強調するハイライズと、ヒップから太ももにかけてフィットするストレートなシルエットが特長。ワイドパンツの流行とともに、再び旬のボトムとして脚光を浴びています。リジッド(ノンウォッシュ)デニムならではの素朴な風合いも魅力。シンプルなニットのインスタイル、無造作なロールアップからのぞく足首の白さに野性味を帯びた女らしさが漂います。