髪型を決める上でバランスがよく、理想の顔型と言われている「卵型」。どのようなヘアでも似合うと思われがちですが、40代以降になるとそうはいきません。頰のたるみや輪郭の緩みといった、加齢による悩みが加わってくるのは、防ぎようがないこと。それでも「せっかくの美しい輪郭を、きれいに見せ続けていきたい」と思いますよね。

ZACC raffineのスタイリスト・鵜野香織さんは、「ワンレングスや全体的に重い印象の髪型は、卵型のきれいな輪郭を活かせません」と断言! 卵型の女性は、「菱形シルエット」と「襟足の控えめな浮遊感」で、顔の輪郭をしっかりと強調する髪型が最良。顔のたるみや緩みが気になり始めたら、輪郭を「隠す」のではなく、「あえて出す」ことを意識するのが、ポイントとなってくるのです。

それは実際に、どんな髪型? 実例を拝見してみましょう。

■髪型:頭頂部を立ち上げてサイドもふんわり。毛先は控えめに遊ばせて輪郭をあえて強調!

卵型のショートヘア代表:松島順子さん(56歳/モデル・会社員)の場合

完成
サイド
バック

松島さんのHAIR CHART

やわらかさ(柔→硬)★★
ボリューム(少→多)★★★
髪の太さ(細→太)★★
うるおい(乾→潤)★★★
白髪の量(多→少)★★★★

卵型の輪郭をきれいに見せるためには、土台のシルエットを「菱形にカット」してもらうことが重要なのだそう。

「頭頂部に高さを出し、サイドはボリュームの出にくいこめかみの上部分にレイヤーを入れる。トップの立ち上げとサイドのレイヤーの組み合わせで、髪全体に立体感が生まれます」(鵜野さん)

■スタイリング:「頭頂部の高さ」「サイドのボリューム」「襟足の遊び」を意識!

「髪の両サイドが潰れていると、顔が縦長に見えてしまうだけでなく、年齢を感じさせてしまったり、さみしい印象に。スタイリングで顔周りに空気感を出しながら、襟足の毛束を控えめに動かすことで、首元の印象をキュッと引き締めると、より輪郭が美しく強調されます」(鵜野さん)

スタイリング前

■1:ドライヤーで「頭頂部の根元」を立たせる

髪を持ち上げて、根元にドライヤーの熱を当てるのがコツ。

■2:つむじ周りの髪を前後に分けてカーラーで巻く。前髪も同様に

頭頂部は太めのカーラー、前髪は細めのカーラーで巻くとバランスが取れる。

■3:ドライヤーで癖づける

ドライヤーをカーラー全体に当てる。30秒〜1分くらいを目安に。

■4:毛先、中間にワックスをもみ込む

ワックスはパールひと粒大。柔らかいテクスチャーでツヤの出るものを選んで。襟足は少しつまむ程度に。

■5:ハード系のスプレーで根元の立ち上げをキープ

頭頂部の根元にスプレーをする。

〈卵型ショートヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ドライヤーで頭頂部の根元をしっかりと立たせる
  2. 頭頂部をカーラーで巻いてさらにボリュームを出す
  3. 襟足は動かし過ぎず、控えめに指でハネさせて

「ドライヤーで根元を立たせないと、カーラーで巻いても効果が半減してしまいます。根元がふんわりを立ち上がるまで、しっかりと熱を当ててください」(鵜野さん)

ZACC raffine副店長・鵜野香織さん。最近ハーフマラソンにエントリーしたそう。「完走を目指して、日々練習してます!」

問い合わせ先

  • ZACC raffine
  • 住所/東京都港区北青山3-11-7 AO4F
    TEL:03-5468-5882
    営業時間:月・金12:00~21:00  水・木10:00~21:00  土・日・祝10:00~19:00
    定休日:火曜(火曜祝日の場合水曜)
フランス語で「洗練された」という意味のraffine。その名の通り洗練された技術と上質なおもてなしで迎えてくれる
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑