女性らしく、ときに可愛らしく見せてくれる大人スカート。そんな大人スカートの夏におすすめの着こなし方をピックアップしました。

【目次】

大人のおしゃれスカートコーデ


【1】ドゥロワーのサックススカート×白シャツ

【1】サックススカート×白シャツ
シャツ(アクアモーレ〈トマソ ステファネリ〉)、カーディガン(Theory luxe)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、時計(パテック フィリップ)、バッグ(ジバンシィ表参道店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

軽やかに揺れる姿が美しいミラノリブで仕立てたサックスのフレアスカート。その愛らしい印象を高めてくれるのが、シンプルな白シャツです。バッグはマットなものではなく、インパクトのあるパイソンのネイビーバッグを効かせると、甘すぎないラグジュアリーなトリコロール配色が完成します。

【2】ADOREのカーキタイトスカート×ネイビーブラウス

【2】カーキタイトスカート×ネイビーブラウス
ブラウス(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、スカート(ADORE)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

程よいボリューム感が新鮮なネイビーのブラウスには、女らしいカーキのタイトスカートを合わせて都会的に。ピュアホワイトのバッグを足すことで、キレ味のよい夏スタイルが完成します。

【3】プレインレスのブルースカート×黒リブニット

【3】ブルースカート×黒リブニット
ニット(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインレス〉)、帽子(ウィム ガゼット 青山店〈サティアトゥエナ〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ペンダント(バカラショップ丸の内)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

キレイなブルーのスカートには、体にフィットする黒のリブニットを合わせ、大人っぽくまとめて。白のハットでさらに品よく仕上げましょう。

【4】HAUNTのマスタードイエロースカート×黒ニット×黒小物

【4】マスタードイエロースカート×黒ニット×黒小物
ニット(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)、スカート(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、ベルト(J&M デヴィッドソン 青山店)、バッグ(JIMMY CHOO)、時計(ショーメ)、靴(GALERIE VIE 丸の内店〈ATP〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

落ち着いた深みのあるマスタードイエローのスカートは、軽やかに揺れるシルエットも手伝って、夏に取り入れても重たさは一切なし! 合わせるトップスからバッグ、さらに靴まで黒で統一すると、すっきりキレのある印象にまとまります。トップスをスカートにインしたら、太ベルトで仕上げのアクセントを。

【5】エアロンのオレンジスカート×白Tシャツ

【5】オレンジスカート×白Tシャツ
Tシャツ(レキップ)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、ピアス・ネックレス(マルコ・ビチェゴ ジャパン)、リング(デペッシュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

みずみずしいオレンジ色のミモレ丈スカートとクリーンな白Tシャツのコンビネーションが、夏にふさわしい爽快なイメージを演出します。鎖骨をわずかにのぞかせる襟元がフェミニンな雰囲気を醸し出して。まるでブラウスのような上品さは、細番手のコットンが生む光沢感や、袖口をダブルで仕上げることで表現。

【6】エアロンのオレンジスカート×白Tシャツ×夏小物

【6】オレンジスカート×白Tシャツ×夏小物
Tシャツ(インドゥエリス)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、サイモン アルカンタラのピアス・カオリ ミリネリーの帽子(ストラスブルゴ)、バッグ(エリオポール銀座〈フランシス バレンティーヌ〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

夏らしい爽やかな色合いのコットンリネンのオレンジスカートと、クリーンな白のTシャツには夏の太陽がお似合い。カゴバッグ、ラフィア帽と、天然素材を重ねて、リゾート風に仕上げましょう。

【7】ハイアリンのフォレストグリーンプリーツスカート×黒ノースリーブブラウス

【7】フォレストグリーンプリーツスカート×黒ノースリーブブラウス
靴(シジェーム ギンザ〈ニナ リッチ〉)、ノースリーブブラウス(アクアモーレ〈トマソ ステファネリ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈トマジーニ〉)、リング(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フォレストグリーンのプリーツスカートのような、きれい色を楽しむ日の締め色として黒のスエード靴は最適なアイテムです。キュッとくびれたヒールと浅めのノーズなど、官能的に見えることに重きをおいてつくられた一足。

大人のフレアスカート


【1】エスカーダの白フレアスカート×白トップス×太リボンベルト

【1】白フレアスカート×白トップス×太リボンベルト
トップス・スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)(ケイテン)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

スカートのウエストにあしらった太いリボンベルトが、メリハリシルエットをつくる白のセットアップ。ハリのあるコットン地だから、甘くなりすぎず、程よくカジュアルなのがおしゃれです。そこに、ノーブルな黒×ゴールドのバッグと靴を配し、ピリリと効かせることで、大人にふさわしいモノトーンの着こなしが完成します。

【2】リジェールの白フレアロングスカート×黒トップス

【2】白フレアロングスカート×黒トップス
トップス(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉)、スカート(アパルトモン 青山店〈リジェール〉)、コッパーのバングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(TASAKI〈TASAKI por RELIQUIAE〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

夏のロングスカートは、コーディネートのバランスをつくりやすいのが魅力です。下にボリュームがあるぶん、上はシックカラーのノースリーブですっきり。スリットが入ったスカートには、さりげない抜け感が。軽やかに見せるサイドスリットや、裾のタックが効果的なトップスと好相性。大ぶりな小物使いで盛り上げましょう。

【3】シクラスの白フレアスカート×ネイビーノースリーブブラウス

【3】白フレアスカート×ネイビーノースリーブブラウス
スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー〉)、ピアス(チェルキ〈ミッレ〉)、バングル(ファンエンパイヤ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

単色では重くなりがちなネイビーも、白のスカートでフレッシュに。ネイビーを基調としたマルチボーダーが、シンプルな装いのさりげないアクセントになります。大容量なのに、こなれて見えるラフィア素材のバッグは、ラフでもOKな仕事スタイルの代表的アイテムです。

【4】ル ヴェルソーノアールのネイビーフレアスカート×サックスノースリーブブラウス

【4】ネイビースカート×サックスノースリーブブラウス
スカート(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、シルクブラウス(TOMORROWLAND〈BALLSEY〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

上半身の印象が決め手の日は、控えめなネイビーのフレアスカートにサックスブルーのブラウスとパールネックレスを添えて、たおやかな女らしさを演出しましょう。ブラウスはスカートにインしてコンパクトにまとめるのがベストです。

40代におすすめのスカートコーデ


【1】ストゥールスのオレンジひざ丈スカート×白オフショルブラウス

【1】オレンジひざ丈スカート×白オフショルブラウス
ブラウス(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ストゥールス〉)、ピアス・バングル(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、ベルト(フラッパーズ〈アロン〉)、靴(JIMMY CHOO)、バッグ『STARDVST』(ヴェルサーチ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

オフショルダーのブラウスとタイトスカートで女らしく。ファーバッグやサンダルは黒でそろえ、ぐっと引き締めましょう。

【2】リビアナ・コンティのひざ丈スカート×黒ジャケット×白ブラウス

【2】黒セットアップひざ丈スカート×黒ジャケット×白ブラウス
ジャケット(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、トップス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ベルト(yoshie inaba)、ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

緊張感のある日は、きちんと感のある黒ジャケットに、黒スカート、爽やかなコントラストを描く白のシルクブラウスを合わせ、知的な印象に。さらにクリアな白バッグを添えて、全体のトーンを明るく仕上げると、清涼感もアップします。

【3】ハイアリンのひざ丈タイトスカート×白ブラウス×ベージュブルゾン

【3】白ひざ丈タイトスカート×白ブラウス×ベージュブルゾン
ブルゾン・バッグ(キートン)、アリクアムのブラウス・ハイアリンのスカート(ストラスブルゴ)、ネックレス(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

この季節、大活躍する白いタイトスカート。定番的なアイテムだからこそ、アウターにはパンチング加工を施した軽やかなベージュのレザーブルゾンを。小物で添えたシャンパンゴールドが浮かないよう、艶のあるインナーで上手につなぎましょう。

【4】yoshie inabaの白ひざ丈タイトスカート×白カットソー×カーキブルゾン

【4】白ひざ丈タイトスカート×白カットソー×カーキブルゾン
ジャケット(ボウルズ〈ハイク〉)、カットソー(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(yoshie inaba)、ブレスレット(ケイテン)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

白スカート&白カットソーという、全身を白で統一したエレガントな着こなしに、カーキのジップアップジャケットをさりげなく肩がけ。そんなテイストミックスで洗練された着くずしを狙うなら、バッグはクラシカルなネイビーのワンハンドルで品よくまとめましょう。