清潔感があり、暑い夏に爽やかさをプラスしてくれる色、ブルー。そんなブルーのアイテムを使った夏におすすめの着こなし方をピックアップしました!

【目次】

ブルーのトップスを使ったコーデ


【1】ロロ・ピアーナのブルーシャツ×コットンデニム

【1】ブルーシャツ×コットンデニム
シャツ・パンツ・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、サングラス (イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティー〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジ ャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

濃淡のインディゴブルーでそろえたシャツ&パンツは、ともにこだわりのコットンデニム素材。シルクを思わせるソフトな感触に、テイラーリングの技術を注ぎ込んだ逸品です。キャメルのレザー小物を合わせ、辛口のかっこよさを引き出しましょう。

【2】キートンのブルーホワイトシャツ×デニム

【2】ブルーホワイトシャツ×デニム
時計『セルペンティ スピガ』・リング『セルペンティ』・イヤリング『ビー・ゼロワン』・バングル(ブルガリ ジャパン)、シャツ(キートン)、パンツ(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

白とネイビーのストライプシャツにブルーパンツを合わせた、力の抜けたコーディネートです。小物には、エレガントで力強い美しさをたたえるヘビのモチーフのブレスレットウォッチを選んで、着こなしのアクセントに。

【3】エミリオ・プッチのブルーブラウス×白パンツ

【3】ブルーシャツ×白パンツ
バングル・バングル・ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン)、トップス・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ブルーのブラウス×白パンツの着こなしに、硬質でひんやりとしたシルバーのバングルを合わせて、辛口で都会的な表情に。さらにバングルとピアスに使われているブラックオニキスが差し色になり、全体にメリハリとシャープさを生むコーディネートです。

【4】ポール カのブルーストライプシャツ×ネイビーワイドパンツ×白カーディガン

【4】ブルーストライプシャツ×ネイビーワイドパンツ×白カーディガン
パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、カーディガン(ウールン商会〈ペセリコ〉)、シャツ(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(IWC)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

遠目にはスカートのようなネイビーパンツにブルーのシルクトップスと白ニットを合わせて、好感度の高い清涼配色をエレガントに。そこに、ひんやり輝くジュエリーや辛口ウォッチを効かせて、クール&ラグジュアリーに仕上げるのが大人の流儀です。パンツは薄くしなやかなレーヨン素材。右から左に向かって布を重ね、サイドでリボン結びするラップ仕立てがスカートライクな表情の秘密。

【5】プラダのブルーストライプノースリーブシャツ×ネイビータイトスカート

【5】ブルーストライプノースリーブシャツ×ネイビータイトスカート
シャツ・スカート・腕にかけたコート・ウエストバッグ・手に持ったマルチケース・ブレスレット・ストラップ付き白のトートバッグ・バナナ柄のトロリー・トロリーの奥に置いたトランク・スニーカー(プラダ ジャパン)、眼鏡(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、その他/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

清潔感のあるブルーのシャツ&タイトスカートでシャープな女らしさが際立たせて。きちんと感と快適さに、程よくモード感を備えた装いは、どんなシーンにもフィットします。

ブルーのスカートを使ったコーデ


【1】ドゥロワーのブルースカート×白シャツ×ブルーカーディガン

【1】ブルースカート×白シャツ×ブルーカーディガン
シャツ(アクアモーレ〈トマソ ステファネリ〉)、カーディガン(Theory luxe)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、時計(パテック フィリップ)、バッグ(ジバンシィ表参道店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

軽やかに揺れる姿が美しいミラノリブで仕立てたサックスブルーのフレアスカート。その愛らしい印象を高めてくれるのが、シンプルな白シャツです。バッグはマットなものではなく、インパクトのあるパイソンのネイビーバッグを効かせると、甘すぎないラグジュアリーなトリコロール配色が完成します。

【2】プレインレスのブルースカート×黒ノースリーブトップス

【2】ブルースカート×黒ノースリーブトップス
トップス(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインレス〉)、ネックレス(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、扇子(エストネーション〈デゥヴェルロワ〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

濃厚なコバルトブルーのしっとりとした華やぎが際立つスカートには、黒のトップスを合わせて。足元はサンダルで優雅な抜け感を演出しましょう。

【3】フェンディのブルースカート×白ブラウス

【3】ブルースカート×白ブラウス
ブラウス・スカート ・バッグ・ピアス(フェンディ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

聡明な印象を与えるロイヤルブルーのタイトスカートには、クリアな白ブラウスを合わせれば魅力がさらに際立ちます。くすみのないクリアなホワイトシルクは顔を明るく照らす効果が絶大。セットインで肩周りは華奢に見せつつも、さらに腕に切り替えを施し、ふんわりとした袖のラインを表現。ノーカラーながら、肌をのぞかせる巧みなデザインで、ネックレスいらずの優美な表情を実現しています。

【4】ジル・サンダーのブルースカート×白ブラウス

【4】ブルースカート×白ブラウス
スカート・シャツ・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

知的な雰囲気が漂う、アシンメトリープリーツのブルーのスカートには、限りなく白に近いパウダーブルーのシャツを合わせてフレッシュに。淡い色調をくずさないように、小物も白やベージュでまとめるのが正解です。やわらかな素材を組み合わせたフェミニンな着こなしでも、シャツの襟元に浮かぶ、Vラインが顔立ちをシャープに演出。スカートは風をはらんで軽やかに揺れる爽快なライトブルー。ウエスト部分から流れるように施されたプリーツ使いが、たおやかな雰囲気を醸し出してくれます。

【5】マディソンブルーのブルースカート×ライトブルーシャツ

【5】ブルースカート×ライトブルーシャツ
靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉)、シャツ・スカート(マディソンブルー)、帽子(アングローバルショップ 表参道〈エクア アンディーノ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

夏の風景に溶け込む、ライトブルーのスカート&シャツの着こなしで爽やかに。自由を謳歌する日の着こなしに選ぶのは、パームツリーの「ジュエル靴」。おしゃれの冒険を楽しみながらも、手元にはソリッドなゴールドバングルを。どんなときでも、気品を大切に、リッチな輝きを添えるのも、大人のおしゃれの流儀です。

ブルーのパンツを使ったコーデ


【1】フェンディのブルーパンツ×ブルーストライプシャツ

【1】ブルーパンツ×ストライプシャツ
シャツ・パンツ(フェンディ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ブルーのパンツには、ベージュに明るいネイビーをあしらった、インパクトのあるストライプのシャツを。脇と後ろ身ごろに深いスリットが入った遊び心のあるデザインがポイントです。今年流行のストライプだからこそ楽しめるモードなあしらいを、シックなネイビーでさりげなく着こなして。ブルーのクロップドパンツも同じトーンですっきりとまとめましょう。

【2】マックスマーラのブルーパンツ×白カットソー×ブルージャケット

【2】ブルーパンツ×白カットソー×ブルージャケット
エス マックスマーラのジャケット・ウィークエンドマックスマーラのパンツ・マックスマーラのカットソー・靴(マックスマーラ ジャパン)、ネックレス・ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、ブレスレット(ケイテン)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス・ナルダン〉)、バッグ(エミリオ・プッチ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

デニム調のブルーを上下で重ねて。ジャケット&パンツは、ともにリネンに洗いをかけた生地を使用。デニム調のメランジ感が、濃淡カラーを自然になじませてくれます。足元は黒スニーカーで、引き締めつつも軽快に。

【3】Yoshiko Tomioka For RED CARDのブルーデニムパンツ×黒ノースリーブニット

【3】ブルーデニムパンツ×黒ノースリーブニット
バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈カパフ〉)、カーディガン・ニット(スローン)、デニム(ゲストリスト〈Yoshiko Tomioka For RED CARD〉)、バングル(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス表参道店〈キャッツ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ブルーのデニムと黒カーディガン・ニットというオーソドックスな着こなしをセンスよく印象づけるのは、遊び心のあるかごバッグと上質なローファー。手元のバングルで、女らしさを添えましょう。

【4】ヤコブ コーエンのブルーワイドパンツ×白チュニック

【4】ブルーワイドパンツ×白チュニック
チュニック(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、パンツ(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、ネックレス・バングル(インデアン・クラフト)、ベルト(コロネット〈フォルテ フォルテ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ブルーのワイドデニム×風通しのいいコットンチュニックで爽やかな表情に。存在感のあるターコイズのロングネックレスやサッシュベルトの小物が、頑張りすぎないカジュアルに程よいトレンド感を与えてくれます。

【5】ベルウィッチのブルーパンツ×黒ブラウス

【5】ブルーパンツ×黒ブラウス
ブラウス(wb)、パンツ(ウィム ガゼット 青山店〈ベルウィッチ〉)、帽子(三喜商事〈イレブンティ〉)、バングル(インデアン・クラフト)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(エストネーション〈エストネーション〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

さりげないおしゃれ感が漂うディープブルーのパンツで小粋に!トップスのブラウスは黒のレースで大人らしさを表現しましょう。

【6】ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカムのブルーパンツ×白ニット×黒ジャケット

【6】ブルーパンツ×白ニット×黒ジャケット
パンツ(ストラスブルゴ〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、ニット(ブラミンク)、サングラス(モスコット トウキョウ)、バッグ(JIMMY CHOO)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

明るいスカイブルーのパンツとネイビートップスとのトーン・オン・トーン配色を大人っぽく洗練させて。くたっとした質感のスエードジャケットもこなれ感を後押ししてくれます。