ブルースカート着こなしまとめ。ブルースカートの他、ロイヤルブルーやライトブルーまで、大人の女性に着こなしてほしいブルースカートコーデをご紹介します。トップスや小物などの合わせ方を参考に、ぜひ鮮やかなブルースカートコーデにチャレンジしてみてください。

【目次】

レディースブルースカートコーデ


【1】ブルースカート×黒ノースリーブ

【1】ブルースカート×黒ノースリーブ
トップス(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインレス〉)、ネックレス(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、扇子(エストネーション〈デゥヴェルロワ〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ブルーのスカートを黒のトップスに合わせると、濃厚なコバルトブルーのしっとりとした華やぎが際立ちます。足元はサンダルで優雅な抜け感を演出しましょう。

【2】ブルースカート×白シャツ×カーディガン

【2】ブルースカート×白シャツ×カーディガン
シャツ(アクアモーレ〈トマソ ステファネリ〉)、カーディガン(Theory luxe)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、時計(パテック フィリップ)、バッグ(ジバンシィ表参道店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

軽やかに揺れる姿が美しいミラノリブで仕立てたサックスのフレアスカート。その愛らしい印象を高めてくれるのが、シンプルな白シャツ。バッグはマットなものではなく、インパクトのあるパイソンのネイビーバッグを効かせると、甘すぎないラグジュアリーなトリコロール配色が完成します。

【3】ブルースカート×黒ニット×ハット

【3】ブルースカート×黒ニット×ハット
ニット(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインレス〉)、帽子(ウィム ガゼット 青山店〈サティアトゥエナ〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ペンダント(バカラショップ丸の内)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

体にフィットする黒のリブニットを合わせ、大人っぽくまとめるのがブルースカートを着こなすコツです。

レディースロイヤルブルースカートコーデ


【1】ロイヤルブルースカート×白ブラウス

【1】ロイヤルブルースカート×白ブラウス
ブラウス・スカート ・バッグ・ピアス(フェンディ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ノーカラーながら、肌をのぞかせる巧みなデザインで、ネックレスいらずの優美な表情を実現。首周りをキュッと包むホワイトのラインが、ビジネスシーンにふさわしい、程よい緊張感をもたらしてくれます。聡明な印象を与えるロイヤルブルーのタイトスカートを合わせれば、クリアな白ブラウスの魅力がさらに際立ちます。

【2】ロイヤルブルースカート×ノースリーブブラウス×カーディガン

【2】ロイヤルブルースカート×ノースリーブブラウス×カーディガン
カーディガン(ワンドコーポレーション〈アランレッド〉)、ブラウス・スカート(キートン)、ピアス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビーの魅力のひとつともいえるのが、重ねるほど美しさが際立つグラデーションの妙。ペイズリー柄を連ねたシルクサッカー生地のノースリーブブラウスに、彩度が異なる2色の糸を織り込んだアズーロ(ブルー)カラーのプリーツスカートを合わせて、レディーライクな装いを満喫しましょう。

レディースライトブルースカートコーデ


【1】ライトブルースカート×ライトブルーシャツ×ハット

【1】ライトブルースカート×ライトブルーシャツ×ハット
靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉)、シャツ・スカート(マディソンブルー)、帽子(アングローバルショップ 表参道〈エクア アンディーノ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

夏の風景に溶け込む、ライトブルーの着こなしで爽やかに。自由を謳歌する日の着こなしに選ぶのは、パームツリーの「ジュエル靴」。おしゃれの冒険を楽しみながらも、手元にはソリッドなゴールドバングルを。どんなときでも、気品を大切に、リッチな輝きを添えるのも、大人のおしゃれの流儀です。

【2】ライトブルースカート×白シャツ

【2】ライトブルースカート×白シャツ
スカート・シャツ・バッグ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

知的な雰囲気が漂う、アシンメトリープリーツのスカートには、限りなく白に近いパウダーブルーのシャツを合わせてフレッシュに。淡い色調をくずさないように、小物も白やベージュでまとめるのが正解です。やわらかな素材を組み合わせたフェミニンな着こなしでも、シャツの襟元に浮かぶ、Vラインが顔立ちをシャープに演出します。スカートは風をはらんで軽やかに揺れる爽快なライトブルー。ウエスト部分から流れるように施されたプリーツ使いが、たおやかな雰囲気を醸し出してくれます。

【3】ライトブルースカート×白Tシャツ

【3】ライトブルースカート×白Tシャツ
洗練美を放つブルーの配色

オンスタイルの参考にしたいのが、「白Tシャツ」に華を添えるブルーのグラデーションテクニックです。女っぷりの上がる配色やメリハリあるデザインで、都会的なセンスを光らせて。美脚が叶うスカートとパンプスのバランスも必見です!

白Tシャツ、きれいめに着るなら「小物と赤を盛る」コーデ10選