「ザ・カフェ by アマン」がこの夏から朝食をスタート! 美しい緑と爽やかな空気に包まれて、ランチやディナータイムでは食べられない、ペストリーやサンドイッチ、キッシュといった朝食限定のメニューを味わうことができます。

ペストリーシェフが食材にこだわってつくるクロワッサンやデニッシュ 

都心にあって、自然の森のなかに位置し、総ガラス張りで緑に包まれているかのような気分になれる「ザ・カフェ by アマン」。「アマン東京」のなかでも別棟として独立した存在で、33階のロビーやラウンジ、イタリアンレストランとはまた異なる雰囲気が楽しめます。旬の食材を使ったカジュアルフレンチダイニングとして幅広い層から好評を得る「ザ・カフェ by アマン」が、要望に応えて8月1日から平日のみ朝食の提供をスタート。朝7時から10時まで、パン類とドリンクをアラカルトで注文することができます。メニューの要となるパン類は、フランスでの修業経験をもつペストリーシェフが担当。

こだわりのパン オ ショコラとクロワッサン、パン オ レザン
左から、バターの甘い香りに心がときめく焼き立てのパン オ ショコラ、クロワッサン、パン オ レザン 各¥350。どれも小ぶりのサイズで、あれこれ試すのも楽しい。

フランスでパンが日常に溶け込んでいること、朝の街がパンとバターの香りであふれていることに感動したというペストリーシェフがつくるのは、食材にこだわったペストリー類。クロワッサンやパン オ レザン、ブリオッシュには国の厳しい規定をクリアしたフランス産のAOCパムプリー発酵バターを使用。良質なミルクによるバターの豊かな香りとコクが鼻腔をくすぐります。

フルーツを使ったデニッシュとオレンジブリオッシュ
左から、彩りも華やかな季節のフルーツを使ったデニッシュと軽い食感のオレンジブリオッシュ 各¥350

食欲を刺激するセイボリーメニュー

甘いペストリーのほか、相模原の有精卵を使った日替わりのキッシュやサンドイッチ(スモークサーモン、生ハムの2種類)も用意。食欲を刺激するセイボリーメニューが朝の眠気を吹き飛ばします。

アマン東京の朝食
写真のキッシュ・ロレーヌほか、キッシュ¥500の内容は日替わり。コーヒー類は¥500、和歌山の谷井農園による人気のオリジナルジュースはオレンジや季節のフルーツを使ったものなど全4種類で各¥1,000。甘みをつけないナチュラルなヨーグルトは¥350。
プロシュート、チーズ、コーンのサンドイッチ
サンドイッチは2種類(スモークサーモン、生ハム)で、各¥750。写真の生ハムは、プロシュートとチーズ、コーンをパンにはさんで軽く焼き目をつけたもの。

上質な朝時間を約束する、緑を望むブレックファスト

メニューはいずれもアラカルトで、そのときの気分や用途に合わせて利用できるのもポイント。慌ただしい朝はクロワッサンとコーヒーでクイックに仕事モードへと心をリセット。キッシュやサンドイッチをつまむ“おいしい”ブレックファストミーティングや、美しい緑を眺めながら朝のミニデートなんてプランも素敵です。自然に包まれて、緑を愛でながらホテルクオリティーの朝食を楽しむ——「ザ・カフェ by アマン」でのひとときが、朝の数時間を特別なものへと変えてくれます。明日の朝、少し早起きして爽やかな都会の森へ飛び込んでみてはいかがでしょう?

晴れた日はテラス席がおすすめ。
緑に囲まれたアマン東京
都心にいることを忘れる、鮮やかな緑に囲まれた「ザ・カフェ by アマン」でのひととき。

※掲載した商品はすべて税・サービス料別です。

問い合わせ先

  • ザ・カフェ by アマン 
  • 営業時間/7:00〜10:00(朝食/平日のみ)、11:00〜22:00(日曜は〜21:00、月曜が祝日の場合は日曜〜22:00、月曜〜21:00)
  • 定休日/なし
  • 朝食はアラカルトのみ(コーヒー類 各¥500、ペストリー 各¥350、キッシュ¥500など)
  • 全51席(うちカウンター11席、オープンテラス14席)
    TEL:03-5224-3339(「アマン東京」カフェ、レストラン予約番号/9:00〜21:00)
  • 住所/東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー アマン東京1F
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT :
石原あや乃
EDIT&WRITING :
門前直子