今年注目される秋の帽子コーデをご紹介。秋におすすめな大人の帽子コーデをピックアップしました!

【目次】

キャップを使ったコーデ


【1】ロロ・ピアーナのボルドーキャップ×ネイビーのニット

成熟世代のスポーティはラグジュアリー素材で心地よく、贅沢に
トップス・パンツ・キャップ・マフラー・スニーカー(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ボルドーのキャップに合わせた、うっとりするほどやわらかなベビーカシミヤのニットウエアは、袖のライン使いやジップアップが軽快なアクセントに。しなやかなシルクのパンツを合わせ、ネイビー×ボルドーの秋色配色をリュクスに仕上げましょう。

黒の帽子を使ったコーデ


【1】イレブンティの黒の帽子×ディープブルーパンツ

同僚の送別会で代官山のビストロへ。ディープブルーのパンツでセンスよく!
ブラウス(wb)、パンツ(ウィム ガゼット 青山店〈ベルウィッチ〉)、帽子(三喜商事〈イレブンティ〉)、バングル(インデアン・クラフト)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(エストネーション〈エストネーション〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

休日のカジュアルスタイルでは、さりげないおしゃれ感が漂う黒の帽子とディープブルーのパンツで小粋に!

【2】イレブンティの黒の帽子×ベージュブラウス

早く目覚めた朝は木立のなかを相棒と散歩。爽やかな風が心地よく感じて
ブラウス(イプセ)、パンツ(キートン)、帽子(三喜商事〈イレブンティ〉)、ネックレス・ネックレストップ・バングル(ファンエンパヤ)、バッグ(プレインピープル丸の内〈ドラゴン〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

リラックス感のある淡いベージュのワントーンでまとめた着こなしも、黒の帽子などの小物をちりばめてキレ味よくまとめましょう。

【3】黒の帽子×ジュエリーウォッチ

マニッシュに装う日も繊細なブレスレットウォッチがしなやかな心を映し出す
時計/パンテール ドゥ カルティエ SM・リング(カルティエ)、帽子/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

黒の帽子とSMサイズのジュエリーウォッチは、思いのほか華奢で女らしい表情に。時計には「パンテール」という名のもとになった、優雅でしなやかなつけ心地も健在です。マニッシュな装いに、この時計ひとつで女らしさが香り立ちます。

【4】ボルサリーノの黒の帽子×白ブラウス

爽やかな白ブラウスと黒のハンサム小物でこなれ感を楽しんで
ブラウス・靴(ウールン商会〈ペセリコ〉)、スカート(レキップ)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

シャツ仕立てのノースリーブブラウスが主役の、知的な着こなしに。比翼仕立てのブラウスは、袖のシャーリングやリボンなどフェミニンなディテール使いが魅力です。とろみ素材のひざ下丈のスカートを合わせれば、たちまちこなれ感のあるカジュアルに。オールブラックの帽子やスリッパサンダルで、ハンサムなエッセンスを加えましょう! 

ベージュの帽子を使ったコーデ


【1】スーパードゥーパーハッツのベージュの帽子×

カジュアルに上品さを授けるグレージュ効果で、デニムスタイルをきれいめに
コート(クルチアーニ銀座店〈クルチアーニ〉)、カットソー(コロネット〈エアロン〉)、デニム(showroom SESSION〈サージ〉)、帽子(ADORE〈スーパードゥーパーハッツ〉)、ネックレス〈短〉・〈長〉(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)  撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

インディゴの深いブルーとともに、重みのあるチョコレートブラウン、ベージュの帽子でまとめた小物使いが、グレージュの着こなしにリッチなコントラストを生み出してくれます。

【2】ボルサリーノのベージュの帽子×メランジュニット

メランジュニットにコーデュロイパンツ。冬の定番をほっこり重ねて
ニット・パンツ・ストール・ブーツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、帽子(ボルサリーノ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ローゲージならではのメランジュニットや、ベージュの帽子、コーデュロイパンツで秋の装い。ほんのり赤みを差したメランジュ編みの味わい深さ、そして、ボーイッシュなかわいさのあるコーデュロイパンツが、上級センスの要になります。

【3】アルテサーノのベージュの帽子×黒ジャケット

白パンツ×黒ジャケットの潔いまでのシンプルさに小物で遊び心を加えて
ジャケット(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、パンツ・バッグ(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店)カットソー(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、帽子(アマン〈アルテサーノ〉)、ペンダント・バングル・時計 ※すべて予価(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

帽子とビッグトートでイタリアの伊達男を意識。小物使いでこんなにも余裕の表情が生まれます。

秋おすすめの帽子を使ったコーデ


【1】サティアトゥエナの白の帽子×黒ニット

仕事帰りに親友とセレクトショップへ高揚感をきれい色に託して
ニット(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインレス〉)、帽子(ウィム ガゼット 青山店〈サティアトゥエナ〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ペンダント(バカラショップ丸の内)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

明るい白の帽子と体にフィットする黒のリブニットを合わせ、大人っぽくまとめましょう。

【2】スーパードゥーパーハッツの白の帽子×ファーストール

白~グレージュのまろやかな色味が安心感を生み出して
トップス・パンツ(エンフォルド)、帽子(ADORE 六本木ヒルズ店〈スーパードゥーパーハッツ〉)、ファーストール(ADORE)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) 田中 雅(取材) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

澄んだ空気に包まれながら、シャンパンブランチを堪能。そんな気分にフィットするのが、クリーミートーンを丁寧に重ねたリッチ・カジュアル。ハリのあるウールのセットアップをベースに、帽子から靴まで小物はすべてグレージュに統一することで、ここまで洗練された雰囲気に仕上がります。

【3】ボルサリーノのベージュの帽子×白ニット

最上のクオリティが生み出す軽やかでやわらかなテクスチャーのハーモニー
カシミヤニット(クルチアーニ 銀座店)、ファーストール(CHIE IMAI)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、手袋(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

タートルネックニット×パンツのベーシックな装いに、ベージュの帽子とセーブルのニッティングストールで華やぎを添えましょう。