ただ1つに束ねるだけなのに、おばさんっぽくなるか、抜け感のある上品スタイルになるか…。ガラッと印象が変わってしまう、大人の女性のポニーテール。

その分かれ道を、kakimoto arms LaLa terrace MUSASHIKOSUGI店のディレクター・林 麻美さんに教わりました。

狙うのは無造作なルーズ感。「巻く+引き出す」ひと手間で大人のポニーテールは完成

完成
サイド
バック

うねってツヤなし状態のまま束ねたり、ひっつめるようにギュッと結ぶと、おばさんっぽくなります。

「うねった髪をカールアイロンでカール感とツヤを出し、ギュッと束ねた部分から髪を引き出して後れ毛を作ります。“無造作”をつくるひと手間で、仕上がりに差が出ます」(林さん)

このポニーテールは、髪にボリュームがなく、すぐにペタッとしてしまう人にもオススメだとか。「カールアイロンで髪を巻いたり、毛束から髪を引き出す分だけボリュームが出るので、髪が細い方や、頭頂部にボリュームが欲しい方にぴったりです」(林さん)

高村千歳さん(46歳/主婦)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)☆☆
  2. ボリューム(少→多)☆☆
  3. 髪の太さ (細→太)☆☆
  4. うるおい (乾→潤)☆☆☆☆
  5. 白髪の量 (多→少)☆☆☆☆

やわらかく、うねりやすい高村さんの髪。「やわらかい髪質にこそ、このスタイルがおすすめです。うねりを巻き込むようにカールアイロンで巻けば、ニュアンスのあるウェーブヘアになります」(林さん)

アレンジ前

■1:髪の中間から毛先にかけてカールアイロンで外巻きにする

ランダムに毛束をとり、髪全体を外巻きにする。

■2:手のひらにワックスをのばし、髪をほぐしながらなじませる

髪を根元からかき上げるように内側からほぐす。

■3:耳の先端よりもやや高めの位置に髪を束ねる

結び目から髪を引き出すので、しっかりきつめに結ぶこと。

■4:結び目を抑えながら髪を引き出す

片手で結び目を押さえたら、結び目の上あたりを指で髪を握ってそのまま引き出す。

■5:ひとつまみの毛束で結び目を巻く

ポニーテールにした毛束の下の方から毛束をひとつまみ持ち、結び目を巻く。

■6:巻き付けた毛先をアメピンで留める

ポニーテールの毛束で隠れるように、下の方で留める。

■7:もみあげ部分の髪をカールアイロンで外巻きに

顔にかかる髪の中間から毛先にかけて外巻きにする。

「ボリュームが欲しい人は、結び目から髪を引き出すときにちょっと多めにすると、ボリュームアップできます」(林さん)

kakimoto arms LaLa terrace MUSASHIKOSUGI店 ディレクター・林 麻美さん。花が大好きでフラワーアレンジメントを習っているとか。「後輩の結婚式で花のウェルカムボードを作ったら、とても喜ばれました」

問い合わせ先

バギーのまま個室を利用できる「Mama&Baby's Room」を完備した、ママにうれしいサロン。
この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2018.10.23 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑