『Precious』定期購読システムを申し込んだ方の中から500名に、和光×Preciousの特製「三つ折り財布」をプレゼント!

ラグジュアリーマガジン『Precious』の年間定期購読にお申し込みいただくと、この特別な三つ折り財布をプレゼントするキャンペーンを開催します。

和光の三つ折り財布[縦7×横10×マチ2cm]※本キャンペーン限定アイテム

今回、プレゼント用にご用意したのは、和光でロングセラーを誇る三つ折り財布です。最近、小さめのバッグが流行になり、お財布もコンパクトなものが欲しい、と思っている方も多いのではないでしょうか。そんな今、活躍するのがこのイタリア製牛革の財布。

人気の三つ折り財布をスペシャルな色に別注

和光の三つ折り財布[縦7×横10×マチ2cm]※本キャンペーン限定アイテム

サイズは小さめながらカードポケット3つ、札入れもあり、収納力はしっかり。今回、この企画のためだけの特別配色が実現しました。

『Precious』が選んだのは、ブルー×シルバー、ゴールドクロコダイル型押し、シルバークロコダイル型押しの3タイプ。どの色にも本誌で人気のグレージュ色を、両サイドのカードポケットに配しました。バッグの中から取り出すとき、華やかな色にときめきます。

和光×Preciousの特製「三つ折り財布」のこだわりポイント

  • 外側の小銭入れは大きく開閉しとても便利スナップボタンで開閉しやすい。軽くソフトな革の特性を生かし、大容量が入る小銭入れ。
  • お札もしっかりと収納できる
    ミニサイズの財布だと、札入れのスペースがないものも。こちらは内側にきちんと完備。
  • 確かな品質を誇るイタリアンメイドの刻印入り
    美しい艶感とやわらかな牛革の風合いは、イタリアの熟練した職人の手仕事によるもの。

このキャンペーン限定のアイテムなので、ぜひこの機会に定期購読をお申し込みください。


雑誌「Precious」の定期購読のお申し込み方法

お申し込みの単位は、1年間。送料は無料です。購読開始号(例/『Precious』2019年1月号より)を決めていただいたあとに、下記のリンク先よりお申込みください。

>定期購読のお申込みはこちらをクリック 

お電話でもお申し込みができます。TEL:0120-494-656(小学館P.S 定期購読係)にお電話ください。

いずれも、ご入金によるお申し込みを確認しだい、送本の手続きをいたします。お申込みいただいた方のなかから抽選で500名に、上記の財布をひとつプレゼントします。財布の色の選択は編集部におまかせください。また、素材の特性により、クロコダイル柄の出方はひとつひとつ異なります。ご了承ください。

■締め切り

2018年12月14日(金)

プレゼントの抽選は入金確認後に行います。締め切り後すぐに抽選を行い、当選された方には順次プレゼントをお送りします。これをもって、当選の発表に代えさせていただきます。

■定期購読料

お申し込みの単位は、1年間。送料は無料です。価格920円×12か月分=11,040円(送料・荷造り料は無料)。前年から継続してさらに1年間の定期購読を申し込まれる方も、プレゼントの対象となります。2018年12月14日(金)までに入金の手続きをお願いいたします。プレゼントは、現在定期購読中の方も抽選の対象となります。

※『Precious』は書店など店頭で購入していただくことを基本としておりますが、さまざまな事情で書店での購入がご不便な方のために、定期購読のお申し込みを受け付けております。

■問い合わせ先

  • 小学館P.S 定期購読係
  • TEL:0120-494-656
  • 平日9:30~17:30(土・日・祝休)

■お申し込みについてのお願い

※切手、図書券、収入印紙、郵便為替によるご送金はお受けできかねます。
※お申し込みの際、購読開始の号数をお忘れなくご記入ください。
※お申し込みの期日によっては、定期購読開始号のお届けが、発売日からやや遅れることがあります。また、複数年のお申し込みはできませんのでご了承ください。
※毎号のお届けは書店配本後、宅配便または郵便での発送となります。お届けが書店での発売より遅れることがあります。あらかじめご了承ください。
※お申し込みの際に明記していただいた内容は、商品のお届けやお支払いの手続き、お支払いの経緯の確認のために利用し、その他の目的では利用いたしません。

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
BY :
『Precious10月号』小学館、2018年
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
唐澤光也(レッドポイント)
EDIT&WRITING :
佐野有紀、高橋木綿子(Precious)
TAGS: