グレーのパンツを取り入れたコーディネートをまとめました。ベーシックで何にでも合わせやすいカラーの「グレー」をより上級者っぽく着こなすためのテクニックをご紹介。

【目次】

レディースグレーパンツコーデ


【1】グレーパンツ×ブルゾン×カーディガン×シャツ

【1】グレーパンツ×ブルゾン×カーディガン×シャツ
ブルゾン・カーディガン・Tシャツ・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈トーマス・マイヤー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ナイロンシルクタフタで仕立てたコートは、控えめな光沢が上品。グレーのジャージー生地を配した袖口や、ドローストリングでシルエットを自在に調節可能など、ひとひねりあるデザインも魅力です。ネイビーも異素材をかけ合わせれば、こんなにも新鮮に映ります!

【2】グレーパンツ×トレンチコート×ニット×シャツ

【2】グレーパンツ×トレンチコート×ニット×シャツ
スカーフ『ジュ・ドゥ・ポワ』(エルメスジャポン)、コート(レナウン プレスポート〈アクアスキュータム ホワイトレーベル〉)、バンフォードのニット・イレブンティのシャツ・パンツ(三喜商事)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ピアス・ブレスレット (ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ヴァシック〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

シャツ+ニットのレイヤードにしなやかなベージュトレンチを合わせた上品カジュアルな着こなし。シャツの胸元を埋めるように70㎝角スカーフを配して顔周りに華やぎを添えつつ、リッチな印象に仕上げましょう。

【3】グレーパンツ×ブルゾン×プルオーバー

【3】グレーパンツ×ブルゾン×プルオーバー
コート(ヘルノ プレスルーム)トモウミ オノのプルオーバー・パンツ・ミッレのピアス・ネックレス(チェルキ)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

シルクのような光沢感が美しい新素材「モノストレッチ」を使用したスポーティーな一着。高めのスタンドカラーには、フードが内蔵されており、ふっくらとした丸みを帯びたボリュームフォルムが、顔周りに華やぎを添えてくれます。裾にあしらわれたドローストリングの紐をキュッと締めると、ふんわりと優しいシルエットが生まれ、大人顔のエレガンスブルゾンに。リラックスした着こなしも、パールネックレスやパイソンバッグを加えることで、都会的な雰囲気に仕上がります。

【4】グレーパンツ×ブルゾン×ノースリーブトップス

【4】グレーパンツ×ブルゾン×ノースリーブトップス
ブルゾン・ノースリーブトップス・パンツ・バッグ(ジバンシィ表参道店)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

人気が復活したMA-1やボンバー風のディテールをベースに、クチュール感あふれるビジュー使いが贅沢なジップアップブルゾン。一見ハードな流行も、モードブランドの黒で取り入れれば、大人のカジュアルがグンとあか抜けます。またワンピースなど、女らしい着こなしに合わせるのも、上級センスの見せ場です!

【5】グレーパンツ×半袖カットソー×ベスト

【5】グレーパンツ×半袖カットソー×ベスト
パンツ・ベスト・トップス・バッグ・ブレスレット・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パンツのチャコールグレーを基軸に、グレーの色調でシックにまとめて。温度調節に重宝するサマーベストは、肩先にあしらったブロンズのボールチェーンの意匠がリュクスな雰囲気を後押ししてくれます。

【6】グレーパンツ×コート×ニット×ストール

【6】グレーパンツ×コート×ニット×ストール
コート¥230,000(ヘルノ プレスルーム)、ニット¥44,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ¥47,000(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ストール(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

スパンコール付きニットやシルバーバッグで、コットンリネンのデニムに華やかさをプラスしましょう。

【7】グレーパンツ×ジャケット×シャツ

【7】グレーパンツ×ジャケット×シャツ
ボリオリのジャケット(コロネット)、シャツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ポケットチーフ・バッグ(和光)、メガネ(ファブ〈セリマ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

カジュアルなコットンのニットジャケットだが、高密度で編まれているため形くずれもせず、きちんと感も◎。インナーの滑りを助けるため、袖のみ裏地を採用する配慮も魅力です。

レディースグレーワイドパンツコーデ


【1】グレーワイドパンツ×トレンチコート×ニット

【1】グレーワイドパンツ×トレンチコート×ニット
コート(ヘルノ プレスルーム)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(キッチン&カンパニー〈ボルボネーゼ〉)、バッグ(三喜商事〈バンフォード〉)、サングラス(ミラリジャパン〈マイケル・コース〉)、靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

スマートなシルエットを描くコンパクトサイズのトレンチ。スエードのガウチョパンツ、レース素材のスニーカーで軽快な足元に仕上げましょう。

【2】グレーワイドパンツ×ネイビーブラウス

【2】グレーワイドパンツ×ネイビーブラウス
トップス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・ネックレス(エム&アソシエイツ〈ロドリゴ ニューヨーク バイロドリゴ オタズ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンドコー〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

爽やかな印象の杢グレーのワイドパンツには、女らしいやわらかさを添えるネイビーのシルクブラウスが好相性です。

【3】グレーワイドパンツ×ブルゾン×シャツ

【3】グレーワイドパンツ×ブルゾン×シャツ
フーデッドコート・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ワイドパンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、スーツケース〔参考価格〕(フィーゴ〈フェリージ〉) 靴(JIMMY CHOO)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

旅の場面でもリラックス感はほどほどに、ワイドパンツを主役にいつもと同じようなきちんとスタイルをキープ。白シャツをベージュブルゾンの袖口からのぞかせた絶妙な色重ねで、どこまでも上品な着こなしを目指します。

【4】グレーワイドパンツ×ロングジャケット×ブラウス

【4】グレーワイドパンツ×ロングジャケット×ブラウス
ジャケット・ブラウス・パンツ・バッグ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2016年

ロングジャケットにハイウエストのワイドパンツを合わせれば、トレンドを忘れないスタイルの完成です。インナーはVカットで首元をスッキリとさせましょう。

ライトグレーパンツに合うトップス


【1】ライトグレーパンツ×グレーブラウス

【1】ライトグレーパンツ×グレーブラウス
コート・ブラウス・パンツ・バッグ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

高密度のナイロン生地で仕立てたノーカラーコート。カーキがかったグレージュの色味と、シルキーな質感が、とびきり洗練された印象に導きます。ウエストや裾にあしらわれたドローストリングで、シルエットを自在に調整できる、今どきのディテール使いも魅力。グレージュのシルクブラウスにアイスグレーのスエードパンツ…異なる質感のニュアンス色を重ね、奥行きのある着こなしを目指しましょう。

【2】ライトグレーパンツ×黒ブラウス

【2】ライトグレーパンツ×黒ブラウス
ジャケット(ADORE)、ブラウス(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ・靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

黒を基調としたパンツの着こなしに、バッグと足元できれい色を加味。ベーシックカラーに慣れ親しんだ人にとって、きれい色はハードルの高い存在。でも、なじみのある黒を味方につければ、スッとものにできるのです。 

【3】ライトグレーパンツ×ブルーブラウス

【3】ライトグレーパンツ×ブルーブラウス
ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ワイドパンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

華やかに着映えるブルーのブラウスをシンプルなライトグレーのパンツに合わせると、きれい色の魅力がさらに引き立ちます。合わせたきれい色は鮮やかなブルーでありながら、しなやかなシルク素材を使用しているので、色の強さを緩和し顔色をいつもより明るく見せてくれます。前身ごろの美しいドレープとパフスリーブで、ほのかな甘さも演出しましょう。

【4】ライトグレーパンツ×グレージャケット

【4】ライトグレーパンツ×グレージャケット
ジャケット・パンツ・インナー・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、サングラス(ミラリジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、時計(ピアジェ)、スニーカー(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

伸縮性のあるジャージー素材のジャケットとパンツは、思わず大股で歩きたくなるくらい快適な着心地が魅力です。