うねるって広がるのに、髪が細くなっているからボリュームを出しにくいのが、エイジング毛。うねりを抑えようとしてストレートにし過ぎると、ペタ~ッとした貧相なヘアスタイルに。

「うねりと広がりを抑えるのには、髪の重さが必要ですが、毛先までストレートにしてしまうと、動きがなくなってしまい、おばさんぽいスタイルになってしまいます」(FIX-UPメイクアップアーティスト・高橋紀衣さん)。「脱おばさん」しながらうねって見せない、ミディアムヘアの対策法を探ります。

【お悩み】うねってピンピンはねる髪を、上品にまとめたい!

ミディアム代表:吉成暁子さん(40歳/自営業)のお悩みを解決するには…

■髪型:「毛先だけ」内巻きにパーマをかけて動きをつくる

完成
サイド
バック

吉成さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★
  4. うるおい (乾→潤)★★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

汗ばんだり湿度が高くなると、クセとうねりが出やすくなる吉成さんの髪。「シャギーコントロールをあまり入れず、髪の重みでうねりが出にくいようにしています。クセの出やすい前髪も厚めにとっているので、毛先はパーマをかけて動きを出す工夫をしています」(高橋さん)

■スタイリング:前髪を左右に引っ張りながらドライヤーをあてる

特にクセが強く、顔にピタ~ッとくっついてしまう吉成さんの前髪。「前髪の毛根の向きが違うので、方向をそろえるようにブローするのがポイントです。左右に引っ張りながら根元からブローしておけば、髪の伸びが長持ちします」(高橋さん)

スタイリング前

■1:前髪を指で挟み、左右に引っ張りながらドライヤーをあてる

前髪の根元の向きを揃えるように、根元にドライヤーをあてながら左右に引っ張る。

■2:毛先を内巻きにしながらドライヤーを上から下に向かってあてる

パーマがかかっているので指先で丸めるだけで束感のあるウエーブが復活。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■クセやうねりのある髪はグラデーションを入れず、重さで抑える
  2. ■ブローするときは毛根の向きをそろえるように引っ張りながら、ドライヤーをあてる
  3. ■毛流れを整えるように、ドライヤーは上から下に動かすとツヤ感もアップ

「うねりが気になる部分は、毛根の位置が不ぞろいなケースも。前髪以外でも、引っ張りながらブローをすると髪が落ち着いてまとまりやすくなります」(高橋さん)

FIX-UPメイクアップアーティスト・高橋紀衣さん。長かった髪をバッサリ!「20㎝ほど切って、ウルフ調にイメチェンしました」

問い合わせ先

  • FIX-UP SHIBUYA
  • 住所/東京都渋谷区渋谷1-6-10 @Qビル1F
  • TEL:080-8083-7492
  • 営業時間:平日11:00~21:00 土・日・祝日10:00~20:00(ただし第2日曜は18:30まで)
  • 定休日:火曜
大人の女性ならではの髪悩みをスタイリッシュに解決してくれる。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑