レディース白トップスコーデまとめ。さまざまな着こなしに取り入れやすい白トップス。秋のコーデにも出番は多そうです。そこで今回は、ニットやシャツ、ブラウスなど白のトップスを使った大人の着こなしを20選ピックアップしました。白レーストップスや白トップスとスカートの組み合わせのお手本も、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】

レディース秋の白レーストップスコーデ


【1】白レースシャツ×黒スカート

【1】白レースシャツ×黒スカート
スカート(ブラミンク)、シャツ(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、ブレスレット・チャーム・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

繊細な表情を生むレースと、優雅な印象を醸し出すラッフルで女性らしさを強調した着こなしも、モノトーンならきりりとした雰囲気。スカートはミモレ丈のトラペーズシルエット。ラッフルがつくる上品な陰影に、ほのかな光沢をもたらすコットンシルク素材です。

レディース秋の白トップスコーデ


【1】白ブラウス×ベージュパンツ×カーキバッグ

【1】白ブラウス×ベージュパンツ×カーキバッグ
バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ブラウス(三喜商事〈ステファノモルタリ〉)、パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ピアス(アストラット 青山店〈フィリップ オーディベール〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ディープなカーキと縦型フォルムが着こなしに個性を宿すショルダータイプのバッグを主役に。清潔感のある白ブラウスに合わせると、ニュアンスのあるカーキ色が映えます。

【2】白シャツ×ブラウンパンツ

【2】白シャツ×ブラウンパンツ
シャツ(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ネックレス・バングル・時計(ハリー・ウィンストン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

研ぎ澄まされたフォルムの白シャツに定評のあるミカコ ナカムラの新作は、自然な光沢をもつコットンブロードを使った比翼仕立てのロングプルオーバー。合わせのワイドパンツは、初秋を感じさせるこっくりとした色味のオレンジブラウンです。ぱきっとした白とニュアンスカラーとのコントラストが映えます。

【3】白ブラウス×グリーンパンツ×ファーコート

【3】白ブラウス×グリーンパンツ×ファーコート
シルクのブラウス(ドゥロワー 青山店〈ドゥロワー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ファーコート(ステディ スタディ〈イヴ サロモン〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ピアス(グローバルコーポレーション〈ミスイ〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

深いグリーンの大人色パンツが、白ブラウスの甘さを程よく抑え、エレガントな印象に導きます。

【4】白ブラウス×グレージャケット

【4】白ブラウス×グレージャケット
ペンダント『ティファニー T スマイル』・ネックレス『リターン トゥ ティファニー ラブロック』・『ティファニー T ナロー チェーン』・リング『ティファニー セッティング バンドリング』・『ティファニー ハードウェアボールダングル』・『ティファニー エンブレイス バンドリング』・バングル『ティファニー メトロ』・ブレスレット『ティファニーT ナロー チェーン』・時計『ティファニーメトロ』(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ジャケット(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)、シャツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

上品な白シャツに、辛口のチェーンと甘いハートを、ボリューム感をそろえて重ねづけ。テイストにとらわれない自由さが、大人の余裕を感じさせます。

【5】白シャツ×カーキワイドパンツ

【5】白シャツ×カーキワイドパンツ
シャツ(アオイ〈マントゥ〉)、パンツ(アマン〈ベルウィッチ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO)、リング(TASAKI) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ややグレー味を帯びた深みのあるカーキに、シャツ生地の凛とした表情のホワイトが映える小粋なコントラスト。9分丈のタックパンツに、ブラウスのような趣のシャツを合わせたシンプルな着こなしも、センスの光る配色でおしゃれ感満載です。バイカラーのプレシャスレザーバッグやヌーディーなサンダルなどモードな攻めの小物で盛り上げましょう。

【6】白シャツ×デニムパンツ×ノーカラーコート

【6】白シャツ×デニムパンツ×ノーカラーコート
デニム(リー・ジャパン〈リー〉)、コート(ADORE)、シャツ(三喜商事〈バンフォード〉)、イヤリング・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(バリー 銀座店)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

デニム界の名門ブランドがつくるトレンドデニムなら、大人世代も安心感のあるはき心地です。白のバンドカラーシャツと、グレージュのノーカラーコートで、すっきりと上品にまとめた着こなしで。

【7】白トップス×グレーワイドパンツ×ジャケット×ストール

【7】白トップス×グレーワイドパンツ×ジャケット×ストール
パンツ(オンワード樫山〈ベイジ,〉)、ニットジャケット・ストール(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ノースリーブトップス(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ボルドリーン セレリア〉)、靴(DESPRÉS丸の内店〈DES PRÉS〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

落ち感が優雅なワイドパンツだから、カジュアルなカーキもエレガントな雰囲気! ハイゲージのニットジャケットも、仕事では応用力抜群です。

【8】白トップス×黒パンツ×黒コート×ストール

【8】白トップス×黒パンツ×黒コート×ストール
パンツ・コート・トップス(コロネット〈ザ ロウ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バングル(アストラット 青山店〈エディー ボルゴ〉)、ストール(三喜商事〈アリュード〉)、クラッチバッグ(エストネーション〈ペラン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはしなやかなナイロン×コットンの混紡素材。マニッシュなコートが主役の日は、パンツや小物で女らしさをアピールしましょう。

【9】白ニット×白パンツ×グレージュコート

【9】白ニット×白パンツ×グレージュコート
マウリツィオ ペコラーロのコート・ボグナーのニット(三喜商事)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、時計・ピアス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

クールグレージュのコートは、袖口をロールアップして配色を楽しめる仕立て。インを白系でまとめて、澄んだ知性が香らせましょう。さらに、トープのバッグ、ライトグレージュの靴で色調に奥行きを。

【10】白シャツ×ネイビーカットソー×ネイビーパンツ

【10】白シャツ×ネイビーカットソー×ネイビーパンツ
シャツ『SUNDAY』・カットソー・パンツ・バッグ・靴(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ドロップショルダーで、気負いなく着られるビッグシルエットのシャツは、アウターシャツとして、さらりとはおるのもおすすめです。リラックスしながらも白×ネイビーでまとめて、知的なカジュアルを演出しましょう。

【11】白ブラウス×ブリックレッドパンツ

【11】白ブラウス×ブリックレッドパンツ
ブラウス・パンツ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、バングル・リング(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

すっきりとしたスタンドカラーと控えめなドレープ使いが、キャリアシーンに映える一枚。ブリック色のパンツで秋らしい配色を意識しつつも、シルバーのジュエリーを手元に重ね、視線が集まるところはひんやり、シャープに。ハリのあるシルクツイルにウォッシュ加工を施し、なめらかな風合いを実現。ほんのりブルーみを帯びた独特の白が落ち着いた印象を醸し出します。

【12】白ニット×パンツ×ベージュロングジレ×スカーフ

【12】白ニット×パンツ×ベージュロングジレ×スカーフ
スカーフ『カレ ウォッシュ』《パウニー族の首長》・バングル(エルメスジャポン)、ロングジレ・タートルニット・パンツ(ブラミンク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ロングジレのベルト部分に、正方形スカーフを差して、立ち姿を華やかに彩る巻き方。洗いをかけてヴィンテージのような風合いに、やわらかく仕上げたスカーフなので、落ち感がきれいで、あしらいやすいのがうれしいポイントです。オフ白~ベージュになじむ、スカーフのマスタードイエロー系の配色も洗練された装いへと導きます。

【13】白柄シャツ×黒パンツ

【13】白柄シャツ×黒パンツ
シャツ・パンツ・ピアス・バングル(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ムッシュ サンローランが愛したモロッコをイメージソースに、ベルベル人が用いる花柄をイカットプリントで表現したシャツ。深みのある柄にシックな美しさが宿ります。体のラインをふんわりと包み込むような少しゆったりとしたシルエットのコットン生地なので、暑さの残る日も涼やか。トライバルなムードの大ぶりのシルバージュエリーで小粋にまとめましょう。

秋の白トップス×スカートコーデ


【1】白ブラウス×黒スリットスカート

【1】白ブラウス×黒スリットスカート
スカート(コロネット〈エアロン〉)、ブラウス(ebure)、バッグ(イザベル マラン)、ピアス・ネックレス (ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

動きのあるイレギュラーヘムの個性派スカートに、ベルスリーブのボリュームトップスで軽やかに甘さをプラス。裾と袖にポイントをおいたグラフィカルなシルエットが華やかな着映えをかなえます。ボトムはチューリップ状にスリットの入ったスカートの上に、共布のラウンドヘムのスカートを重ねたデザインです。

【2】白シャツ×黒スカート

【2】白シャツ×黒スカート
シャツ(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、ピアス(ベルシオラ)、テーブル(hhstyle 青山ショールーム) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ジャカード織りで端正なストライプ模様を浮かび上がらせたシルクシャツは、くるみボタンをあしらった肩章やロングカフが、クラシカルなミリタリーテイストを表現。程よくストイックな雰囲気のなかにノーブルな女らしさが漂います。メタルバックルの幅広ベルトでウエストをマークしてモードに攻めましょう。

【3】白ブラウス×グレータイトスカート

【3】白ブラウス×グレータイトスカート
スカート(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(セシル・エ・ジャンヌ)、バッグ(和光〈マウロゴベルナ〉)、バッグに巻いたスカーフ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベルト付きのハイウエストスカートは、年齢とともに気になるおなか周りをすっきりカバーしてくれる優れもの。ラップタイプだから、脚さばきもスムーズ。白ブラウスが、仕事にふさわしい緊張感を与えてくれます。

【4】白ブラウス×黒スカート

【4】白ブラウス×黒スカート
スカート(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ピアス・リング(シャンテクレール東京店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ミニマルにまとめた着こなしに、スカートの華やかなレースやブラウスのやわらかな質感が際立ちます。スカートは、大柄のフラワーモチーフの艷やかなマクラメレースを使った、巻きスカート風の仕立て。生地の重なる部分が斜めに走るラインが美脚を印象づけます。

【5】白シャツ×黒ラメスカート

【5】白シャツ×黒ラメスカート
スカート・シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、眼鏡(シャネル アイウェア事業部)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン)、リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

白のシャツで品よく知的に演出。ラメ入りのブラックスカートで華やぎを出したぶん、ジュエリーはごくごくさりげなくするのがポイントです。

【6】白シャツ×ライトブルースカート

【6】白シャツ×ライトブルースカート
シャツ『FRIDAY』・スカート・バッグ・靴(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

カジュアルなポロ襟に、存在感のあるエレガントなダブルカフスリーブを組み合わせた、絶妙な外しが粋なシャツ。モダンな光沢を放つライトブルーのスカートを合わせたら、小物は白で爽やかに仕上げましょう。