冬の定番・ブラウンニットのコーディネートをピックアップ。コートやパンツなどとのコーディネートのお手本を一挙にご紹介します。

【目次】

ダークブラウンニットのコーデ


【1】アニオナのダークブラウンニット×グレージュカーディガン

今年の「グレージュ」はこっくりと、艶やかに…
カシミヤ×ラムファーのカーディガン・カシミヤのニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ピアス(TASAKI〈TASAKI〉)、時計(パテック フィリップ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

極上素材のダークブラウンニットを、こともなげに日常に着るのが大人のかっこよさ。ファーが味わい深い艶を添える、こくのある色味のグレージュカーディガンは、ざっくりとした編み方も含めて、とても今年らしいアイテムのひとつです。ブラウンは最近のトレンド色でもあるので、こげ茶のニットでよりシックな配色に。手元の美しいグレージュウォッチで、繊細なセンスを感じさせましょう。

【2】Theory luxeのダークブラウンニット×ベージュワイドパンツ

異なる色調、素材を重ねて立体感のある着こなしを導く洗練ブラウンレイヤード
ジレ(アストラット 青山店〈アストラット〉)、ニット(Theory luxe)、パンツ(ebure)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

このダークブラウンニットのようにビターな色から、パンツのようなキャメルブラウンまで…。カラーレンジが広いぶんどんな人にも似合いやすく、また手もちのアイテムでトライしやすいのがブラウンのワントーン。艶やかなシルバーフォックスファーを贅沢にあしらったジレで顔周りに華やぎをプラスすれば、これまでの淡色ワントーンではかなわなかったグラマラスな表情が実現します。

ブラウンニットとコートのコーデ


【1】ロロ・ピアーナのブラウンニット×ネイビーコート

ネイビーをトラッドに着こなす王道スタイルで贅沢なコートを堪能
コート・ニット・パンツ・マフラー・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/唐澤光也(RED POINT) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

カシミヤ・フリースのしっとりとしなやかなテクスチャーで、未体験の着心地のコートを旬のブラウンニットに合わせて。ノーブルなムードに満ちた、オーセンティックなパンツスタイルを、ハイクラスのミラノマダム風に着こなしましょう。バケットバッグやストールで、旬のブラウンを差し色にした配色テクニックも、今年らしさにつながります。

【2】アバティのモカ系ブラウンニット×ネイビーノーカラーコート

アドーアのセットアップコート
コート(ADORE)ニット(コロネット〈アバティ〉)、スカート(東レ・ディプロモード〈コーニッシュ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ミモレ丈のノーカラーコートと、ジップアップ仕様の、中綿入りのフード付きジレを組み合わせた一着。セパレートでの着用も可能なので、着回し力も優秀です。トップスには、優れた保温性を誇るウールのモカ系ブラウンニットを着ると、抜群の保温性を発揮! 極寒の日もおしゃれに防寒しましょう。

【3】マックスマーラのブラウンニット×ベージュトレンチコート

マスキュリンなエレガンスを体現するトレンチコート
コート・ニット・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ブラウンのタートルネックニットに合わせた、程よく肉厚のベビーキャメル生地で仕立てたダブルブレストのトレンチコートは、自信に満ちあふれる女性にこそ似合う存在感のあるたたずまい。やわらかなキャメルベージュカラーが全身をブライトアップして、表情や雰囲気まで明るく見せてくれます。急な雨などに対応する撥水加工を施して、機能性を高めたつくりも魅力です。

【4】ボッテガ・ヴェネタのブラウンニット×テラコッタレッドコート

ウエストマークが女らしく決まる美貌の薄・軽シルエット
コート・スカート・シルクのニット・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ニュアンスのある上品なテラコッタレッドのカシミヤコートを、ブラウンニットに合わせたコーディネート。裏表がないダブルフェースだから、縁の始末が目立つラップコートでは、その上質感が極まります。幅広のハーフベルトで、女らしくウエストマークしても、ライニングを施す必要がないため、もたつくことなく、すっきりしたシルエットが実現します。

ブラウンニットとパンツのコーデ


【1】HAUNTのブラウンニット×黒パンツ

編集部で打ち合わせ。こっくりカラーでセンスよく
ニット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、ベルト・グローブ (ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴 (アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ダブルフェースのジャケットの内側とニットの色味をさりげなくブラウンでリンク。レオパード柄の靴で、足元に大人の艶を! 

【2】マックスマーラのブラウンニット×ダークブラウンパンツ

ムートンファーのように仕立てた進化系コート
コート・カシミヤニット・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ニットとパンツ、コートをブラウンで統一したワントーンコーデ。テディベアのように愛らしい、ふわふわのビッグシルエット。一見、ムートンファーと見紛うこのコートは、シルク混のキャメルヘアをファーのように仕立てた、オリジナルの進化素材です。キャメルの確かな温もりと、ムートンにはない軽やかさで、手放せない一着になります。

ブラウンニットのシンプルコーデ


【1】ディオールのライトブラウンニット×黒柄ロングスカート

トレンドのロングシルエットはシャギーカシミアでさらなる華やぎをまとって
ニット・スカート・リング・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

指を触れるたび幸福感をくれる、ふっくらと立体的なライトブラウンのカシミヤニット。今季らしいボリュームonボリュームのシルエットを満喫するなら、シルク素材のロングスカートと贅沢なレイヤードを楽しみましょう。光を受けるたび繊細な光沢を放つキャメル色のカシミヤが、ゴールドジュエリーにも負けぬ洗練された華やかさを実現します。

【2】ジエルダー ステイツマンのイエロー系ブラウンニット×オレンジカレ

カシミアニットの首元にシルクの『カレ』をひと結び。透き通る風を味方につけて
ニット(エドストローム オフィス〈ジエルダー ステイツマン〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ブレスレット・リング(カルティエ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

とろけるような肌触り、目に優しい発色…。待ち焦がれていたイエロー系ブラウンのカシミヤニットと過ごす日々がスタート! タートルネックの首元にはシルク『カレ』を、手元にはイエローゴールドのジュエリーを重ねて、彩りのグラデーションを楽しみましょう。