ネイビーの靴を使った、大人の女性の冬コーデを、ラグジュアリーマガジン『Precious』より17パターン、選り抜きました。ネイビーのパンプスやローファーで、冬のおしゃれを楽しむ際の参考になれば幸いです。

レディース冬のネイビー靴コーデ


【1】ネイビーパンプス×白パンツ×黒ブラウス×ネイビーケープ

【1】ネイビーパンプス×白パンツ×黒ブラウス×ネイビーケープ
ケープ・ブラウス(ブラミンク)、パンツ(MOGA)、ファーストール(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ピアス(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ダブルフェースのウールケープは、上質な素材感を生かすような、ミニマルなデザインが魅力的。コートの中は、シルクブラウス×細身パンツですっきりと。ネイビーのパンプスで知的にまとめましょう。

【2】ネイビーパンプス×レザースカート×ブラウス×ネイビーコート

【2】ネイビーパンプス×レザースカート×ブラウス×ネイビーコート
コート(Theory luxe)、ブラウス(レキップ)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、ピアス(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ/三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

レザーのスカートを使った、気品漂うオールネイビーのコーディネート。端正なネイビーと、エッジィな表革を組み合わせた意外性が魅力のラップスカートに、ノーカラーのロングコーデと華やぎブラウスを合わせたスタイリングです。甘めのレースブラウスも、一気にモードな印象に!

【3】ネイビーパンプス×ブルーワンピース×ネイビーコート

【3】ネイビーパンプス×ブルーワンピース×ネイビーコート
ワンピース(三喜商事〈アニオナ〉)、コート (トラデュイール)、バッグ (ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

よく見ると流行のグレンチェック柄があしらわれ、旬の気分も楽しめるワンピース。やや長めの丈感だから、座ったときもひざが出ず、どんなシーンでもエレガントな印象に。パンプスまで色味をそろえて、きちんと感を強調しましょう。

【4】ネイビーパンプス×ブルースカート×柄ブラウス×白ジャケット

【4】ネイビーパンプス×ブルースカート×柄ブラウス×白ジャケット
ジャケット・ブラウス(インドゥエリス)、スカート(和光〈サポート サーフェス〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

かっちりとしたテーラードも、伸縮性のある素材だから着心地も楽々。オフ白のジャケットになじみのよいブルーのタイトスカートをつなぐのは、華やかなプリントのブラウス。優雅なシルエットを描くボウのアクセントが、媚びない女らしさを演出してくれます。足元は濃いネイビーのパンプスを合わせて、白からネイビーへと向かうグラデーションで魅了しましょう。

【5】ネイビーパンプス×ネイビーパンツ×白シャツ×ネイビージャケット

【1】ネイビーパンプス×ネイビーパンツ×白シャツ×ネイビージャケット
ジャケット・パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、シャツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ピンブローチ(ミキモト)、時計(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

男性と肩を並べても引けを取らないスーツは、キャリア女性たるもの、マストでおさえておきたいもの。インナーにシャツ襟タイプを合わせると堅苦しいので、ノーカラーや小ぶりタイプの襟がおすすめ。足元はスーツと同系色のパンプスを選びましょう。

【6】ネイビーパンプス×ネイビーパンツ×トップス×グリーンコート×スカーフ

【2】ネイビーパンプス×ネイビーパンツ×トップス×グリーンコート×スカーフ
コート(ドゥロワー 梅田店)、パンツ(theory luxe)、トップス(ロンハーマン)、眼鏡(モスコットトウキョウ〈モスコット〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、バングル(ブシュロンカスタマーサービス)、バッグ・靴(ピエールアルディ 東京) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはウールの混紡素材を採用したストレッチタイプ。エレガントなセンタープリーツ入りです。フェミニンなコートのボリューム感を最大限に生かすなら、すっと伸びた脚を強調するスティックパンツが好相性。ネイビーパンプスですっきりまとめましょう。

【7】ネイビーパンプス×ボルドーワイドパンツ×ボルドーブラウス

【3】ネイビーパンプス×ボルドーワイドパンツ×ボルドーブラウス
パンツ(アマン〈ベルウィッチ〉)、ブラウス(キートン)、ピアス(ケイテン)、ベルト(yoshie inaba)、バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

秋色カラーを代表するボルドーは、仕事で通用するカラーパンツの代表格。ウエスト周りにボリュームのあるタック入りのワイドテーパードは、ジャケットをはおらない日ほど活躍させて! ネイビーのパンプスを味方につけて、おしゃれ偏差値の高さも見せつけてしまいましょう。

【8】ネイビーパンプス×デニムパンツ×黒ニット×ネイビーケープ

【4】ネイビーパンプス×デニムパンツ×黒ニット×ネイビーケープ
ケープ・ニット・パンツ・靴(ルイ・ヴィトン) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フロントは襟元にニュアンスを生み出すジップ使いのハイネックと、両サイドが下がったシルエットが、スタイリッシュでいて豊かな表情を演出してくれるケープ。バックはリッチなカシゴラウールの風合いが際立つシンプルデザインです。ちらりと見える「モノグラム・モチーフ」がさりげなく特別感を醸して。デニム×ネイビーパンプスのカジュアルスタイルが一気に上品に。

【9】ネイビーパンプス×レザースカート×エメラルドブラウス×グレージャケット

【5】ネイビーパンプス×レザースカート×エメラルドブラウス×グレージャケット
ジャケット(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ブラウス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、レザースカート(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス(ケイテン)、ポケットチーフ(アマン〈フィナモレ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ノート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ウールにカシミヤやシルクを混紡することで、表情豊かに仕上がったニットジャケットはラペルに丸みをつける等、女らしいディテールが際立ちます。コンパクトなシルエットだから、スカートとの相性も抜群! 足元までブルー系でまとめて、きちんと感を演出しましょう。

【10】ネイビーパンプス×黒ニット×グレーパンツ×グレージャケット

【6】ネイビーパンプス×黒ニット×グレーパンツ×グレージャケット
ジャケット・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン)、ニット(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンチェッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

やや高めのウエスト位置に施された幅広ブラックのあしらいが、端正なチェックのスーツから女らしさを引き出すアクセントに。しなやかなビスコース素材も、フェミニンムードを加味してくれます。足元にはネイビーのパンプスで知的な印象に。

【11】ネイビーパンプス×ネイビーワンピース

【7】ネイビーパンプス×ネイビーワンピース
ワンピース(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス (チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(アクリスジャパン/コンテス事業部〈コンテス〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

空気をまとう、ジョーゼット素材のワンピースなら、ネイビーでも女性らしさが際立ちます。ラメ糸を織り込んだ繊細な柄は、まるで夜空をきらめく流れ星のよう。ネックレスとバッグはグレイッシュな色味でリンクを。足元のスエードパンプスはネイビーでそろえて、品格のある装いに。ワンピースのラメの柄は「フィルクーペ」というクチュールにも用いられる技法です。

【12】ネイビーローファー×ネイビーパンツ×白トップス×グレーカーディガン

【8】ネイビーローファー×ネイビーパンツ×白トップス×グレーカーディガン
カーディガンジャケット(レリアン)、ノースリーブトップス(レキップ)、パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、ピアス・ブレスレット(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ミチノ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ボトムに今どきのディテールが加わるだけで、スーツのボトムをはいているような堅さはいっさいなし! 端正なローファーとの相性も抜群です。上品なカーディガンの持ち味も生かされて、リラックスしたオフィススタイルがかないます。

【13】ネイビーパンプス×水色パンツ×ネイビーニット×ネイビーファーコート

【9】ネイビーパンプス×水色パンツ×ネイビーニット×ネイビーファーコート
ファビオ ガヴァッジのファーコート・マルセル セラフィーヌのバッグ(ADORE 六本木ヒルズ店)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ニット(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

澄みきった冬空にも似たライトブルーで、おしゃれを活性化。ネイビーを合わせ、濃淡ブルーでまとめることで、こんなにも爽快な印象に。パンツルックの日こそ、上質なミンクファーのジャケット&ネイビーパンプスで、休日カジュアルをラグジュアリーに仕上げて。

【14】ネイビーパンプス×グレースカート×ネイビーブラウス×ネイビーカーディガン

【10】ネイビーパンプス×グレースカート×ネイビーブラウス×ネイビーカーディガン
スカート(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ブラウス(ルック〈スキャパ〉)、カーディガン(Theory luxe)、眼鏡(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティ〉)、時計(和光〈クレドール〉)、ドキュメントケース(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

うっすら透けるウールを、巧みなバイアス使いでかなえたラップスカートは、仕事服にふさわしいピンストライプ柄です。ふくらはぎのいちばん太い部分が隠れるミモレ丈でフェミニンパンプスとの相性もばっちり。

【15】ネイビーパンプス×ネイビーワンピース×ベージュコート

【11】ネイビーパンプス×ネイビーワンピース×ベージュコート
ワンピース(キートン 銀座店)コート(ebure)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

クラシックなテイストのワンピースに合わせて、きちんと感のあるコートをプラス。ダークな色味のワンピースに、優しい女性らしさが加わってエレガントです。端正なハンドバッグ&パンプスで、さらに絵になる着こなしに。

【16】ネイビーパンプス×オレンジパンツ×キャメルニット×キャメルカーディガン×スカーフ

【12】ネイビーパンプス×オレンジパンツ×キャメルニット×キャメルカーディガン×スカーフ
カーディガン・ニット(Theory luxe)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、スカーフ(エミリオ・プッチ ジャパン)、ピアス・ブレスレット(ステディ スタディ〈ソフィー ビル ブラーエ〉)、靴(JIMMY CHOO)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

暗がりのバーでも、カクテルのように艶やかなスカーフがあれば、表情も明るく。バッグとパンプスの色味をリンクさせたのもおしゃれポイントです。

【17】ネイビーパンプス×ネイビーパンツ×白トップス×ネイビーロングカーディガン

【13】ネイビーパンプス×ネイビーパンツ×白トップス×ネイビーロングカーディガン
ロングカーディガン・トップス・パンツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915〉)、スカーフ(wb) 撮影/小池紀行・池田敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ネイビーのワントーンスタイルは、色をそろえすぎると、かえって地味に。そこで、グラデーションが美しいカーディガンをセレクト。コーディネート全体にメリハリが生まれて、こなれ感も満載です!