外気が乾燥すると、髪のパサつきがいっそう気になってきますよね。六本木美容室 西麻布店のスタイリスト・西家直志さんに、脱オバサンのまとめ髪にする秘訣を教わりました。

「髪のパサつきを抑えてツヤ感を出すには、トリートメントとワックスの中間くらいのスタイリング剤を、アレンジする前になじませておくこと。見た目が美しくなるだけでなく、髪がしっとりするので、扱いやすくなります」。

ハーフアップをするときは顔周りの髪を残し、耳から上の髪を束ねるのがポイント。「アレンジの最後に毛先を巻くと、軽やかな印象に仕上がります」(西家さん)

きちんと感も出せる!髪の束感を生かしたアレンジヘア

完成
サイド
バック

角 恵子さん(38歳/会社員)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

うるおいが足りず、乾燥しやすい角さんの髪。「髪が太く、ボリュームを抑えたい方にも、このアレンジは向いています」(西家さん)

アレンジ前

■1:ミルクタイプのスタイリング剤を、髪の毛全体になじませる

 
髪の根元から毛先にかけて、まんべんなくなじませる。

■2:顔周りの髪を残し、耳から上の髪を束ねてゴムで結ぶ

両耳の先端を結んだ位置に結び目がくるように束ねる。

■3:結び目をもちながら毛束を引き出す

ひとつまみの毛束を結び目の中央、右、左と放射線状にバランスよく引き出す。

■4:ハーフアップに結んだゴムの上に、穴をつくる

毛束が左右均等に分かれるように穴をつくること。

■5:4の穴に毛束を通す

穴の上から毛束を通せば「クルリンパ」は完成。

■6:毛束を左右に引っ張り結び目を引き締める

ゴムの結び目が崩れないように根元あたりを引っ張ること。

■7:結び目をもちながら、毛束を引き出す

3で引き出した場所以外で、全体のバランスを見ながら、ひとつまみずつ毛束を引き出す。

■8:髪の中間~毛先にかけて外巻きに1カール

カールアイロンで外巻きにする。

以上、秋冬の乾燥シーズンに、髪の毛のパサつきやうねりを感じさせずにセットするミディアムヘアのアレンジ術をお伝えしました。

「髪をすべて束ねると老けた印象になってしまうので、顔にかかる髪は残すのがポイントです。最後にカールアイロンで巻くとうねりが目立たなくなりますし、ツヤ感もアップします」(西家さん)

六本木美容室 西麻布店 スタイリスト・西家直志さん。今、ハマっているのがホルモン焼き。「友人に安くておいしい店を紹介してもらったら、クセになってしまって。歯ごたえがたまりません」

問い合わせ先

落ち着いたシックな雰囲気がセレブたちに愛される大人のサロン。

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑