シンプルなアイテム同士をコーディネートしていても、ラグジュアリーなオーラを放っているヴィクトリア・ベッカム。最近のSNAPでは黒タートルを、かっこよく着こなす姿が何パターンもパパラッチされていました。

ボトムのデザインによって、ニットのサイズを変えて選んでいたり、辛口のエレガントさが際立った小物のあしらいなど、見逃せないポイントは盛りだくさん。ぜひご自分の着こなしにも取り入れてみてください。

リッチさが光る大人のベーシック!ヴィクトリア・ベッカムの黒タートルスタイル4選

■1:ハイゲージニットをウエストインして、すっきりとスマートさを強調

おしゃれ上級者の間で流行の白ブーツをワンポイントに、アクティブさを演出。
おしゃれ上級者の間で流行の白ブーツをワンポイントに、アクティブさを演出。

スキニーパンツにハイゲージニットをウエストインして、スタイリッシュさを印象づけて。オール黒の着こなしが重たくならないように、ニットの袖をプッシュして手首を見せるアレンジにも要注目。この着方ひとつで、抜け感が出て軽やかさがアップするので、ぜひお手本にしたいスタイルです。

■2:ワイドパンツのボリュームに合わせ、BIGサイズタートルでリラックス

ヘアもアップにはせず、ゆるっとウェービーなスタイリングがお似合い。
ヘアもアップにはせず、ゆるっとウェービーなスタイリングがお似合い。

スーパーロング丈のワイドパンツには、あえて同じようなゆるりとしたサイズ感のタートルをコーディネートして今っぽく。リラックス感が出て、大人の余裕ある雰囲気に。こんなとき大きめのサイズのニットは、メンズものを買うのがおすすめです。足元にはスニーカーやちょっとカジュアルめのローファーなどがマッチします。

■3:「黒」を品よく軽快に仕上げる、キャメルのコート×斜めがけバッグ

バッグを斜めがけにして、単なるコンサバにまとめていないところも新鮮。
バッグを斜めがけにして、単なるコンサバにまとめていないところも新鮮。

マニッシュなキャメルコートを主役に、インはタートルニット×タック入りパンツで黒の装いに。黒の着こなし×キャメルのコートという鉄板の配色が、ただリッチなだけでなく今っぽく見えるのはヘアもアップでコンパクトにして、サングラスで切れよくシャープにまとめているから。簡単に真似できるので、ぜひトライしてみてください。

■4:ゆるっとデニムにはフィット感あるコンシャスタイプで、女性らしさをアピール

トップスのタートルに合わせて、足元もすっきりと黒のブーツでモードな印象に。
トップスのタートルに合わせて、足元もすっきりと黒のブーツでモードな印象に。

オーバーサイズのデニムの日は、ボディーにぴったりフィットするタイプのニットをインして太めベルトでウエストマークを。上半身のスリムさをあえて主張して、女性らしさを印象づけたシンプルカジュアルに仕上げています。黒のフィットしたタートルだから、自然と引き締まった感もアピールできます。


ヴィクトリア・ベッカムの黒タートルスタイルは、ボトムのデザインやテイストに合わせてサイズを変えたり、袖の着方をアレンジしたりと、切れよく見せるためのこだわりポイントがつまっていました。これから、黒タートルを着るときの参考にして、スタイリングをアップデートしてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀