ゴムとピンだけで簡単にできるお団子ヘアですが、やり方を間違えると「若作りに思われる」「疲れた印象になる」「年齢よりもおばさんっぽくなる」などの欠点が。40代が気をつけるポイントをZACC raffineスタイリスト・櫻井小百合さんは、「きっちりとまとめすぎると、おばさんっぽい古臭い印象になるので程よくラフに、そして無造作につくるのがポイントです」と言います。

さらに、後れ毛を出さないことも重要だと櫻井さん。「若い世代のように、全体的にゆるくたくさん引き出すのはアウト。若作りに直結してしまいます」(櫻井さん)

では、40代のシニヨンスタイルで抑えておくポイントは?

「まず、アレンジの前にワックスを髪全体に揉み込んでください。髪の内側につけておくと、ラフさ、無造作な印象がつくりやすくなります。あとはゴムで結ぶ時に毛束が耳にかかるように結びましょう。耳にきっちりとかけてしまうと、一気に老けた印象になりますが、耳を少し出すと、こなれ感、おしゃれな印象になります」(櫻井さん)

古臭くなく、若作りにも見えない、ラフで無造作なお団子ヘア。自宅でもぜひチャレンジしてみてください。

正面から見るとラフで無造作、後ろから見るときっちり上品。今っぽシニヨンが完成

完成
フロント
サイド
バック

儘田典子さん(41歳/主婦)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★★
  5. 白髪の量(多→少)★★
アレンジ前

■1:髪の内側にワックスを揉み込む

地肌付近や根元は避けて、髪の中間から毛先に揉み込む。

■2:ねじった毛束をひとつ結びにする

ねじることでトップの立ち上がりが潰れない。

■3: ひとつ結びを上下に分けて、上の毛束をゴムに巻きつけてピン留めする

巻きつける時は少しゆるめが◎。毛先はゴム付近にピンで留める。

■4: 下の毛束を上の団子に巻きつけてピンで留める

巻きつける時に後れ毛が出ないように気をつけて。

「このアレンジのポイントはねじりながら毛束をひとつ結びにすることです。ワックスをなじませた毛束をねじると、根元が立ちやすく、正面から見た時に毛流れのあるラフな印象になります。耳にかけたまま結ぶのが難しい時は、結んだ後に耳上の毛束をゆるっとたるませてください。お団子にした後に引き出そうとするとシルエットが崩れてしまいます」(櫻井さん)

ZACC raffineスタイリスト・櫻井小百合さん。映画鑑賞が趣味だという櫻井さん。「邦画、洋画、なんでも好きでよく観ています。映画館で観るのが好きです」

問い合わせ先

ZACC raffine 
住所/東京都港区北青山3-11-7 AO4F
TEL:03-5468-5882
営業時間:平日12:00~21:00、土・日・祝10:00~19:00
定休日:火曜(火曜祝日の場合水曜)

フランス語で「洗練された」という意味のraffine。その名の通り洗練された技術と上質なおもてなしで迎えてくれる。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑