働く女性が理想とするジャケットスタイルは、黒をベースに着ていても軽快さがあって、地味に見えない着こなしです。黒をメインカラーに使ったジャケットスタイルで、アクティブで知的さもあるのがロージー・ハンティントン=ホワイトリー。

最近彼女がパパラッチされた姿は、ジャケット×パンツというベーシックなコーディネートが多く、インパクトのあるアクセサリーやベルト、バッグなどを上手に合わせています。毎日の着こなしに取り入れられるヒントが詰まっているから、参考にしてください。

知的なシャープさが光った黒がベースのジャケット×パンツスタイル4選

■1:ウエストマークしたベルト使いで、スマートさに加えフェミニンさを強調

バッグはあえて小さなものにすることで、アクティブな雰囲気が高まって。

肩パット入りのシャープなフォルムが際立ったダブルのジャケットには、極細ベルトでウエストをマークして、女性らしいアプローチを。タートルニット、光沢素材のレギンス、ロングブーツを黒で統一しているので、引き締まった印象にまとまります。

■2:デニムで軽快に着こなすジャケットは、腰下まで隠れる丈をセレクト

大きめのフープピアスの力を借りて、オール黒の上半身に華やかさを加味。

テーラードジャケット×デニムでつくるリッチなカジュアル。デニムが細身でフィット感のあるシルエットなので、合わせるジャケットはヒップまで隠れる長めのものをセレクト。このジャケット選びはもちろん、ウエストポーチをアクセントにするのも、気になる腰周りの体型カバーにつながります。

■3:オール黒の着こなしをフラットに見せない、斜めがけのバッグ使いが新鮮

スリット入りのデザインパンツなので、さりげなく自然と抜け感をアピールできます。

暗く重い印象になりがちな冬のオール黒の着こなし。単調になっていないのは、斜めがけバッグをあしらっているから。視線もバッグに集まり、アクティブな印象が盛り上がります。この長さの斜めがけが上級者すぎると思ったら、もう少し長めのポシェットでもOKです。

■4:ジョグパンツで旬のリラックス感を取り入れ、ジャケットの装いを今っぽく

足元をストレッチブーツにしたことで、すらっと見えてスマート効果を発揮。

普通のパンツだと老けて見えがちなモカブラウンのジャケットが主役の装いも、ボトムをジョグパンツにするだけで、流行のリラックスムードを演出できます。スポーティーに見える軽やかさも加わって、旬のおしゃれっぽさ満点です。胸元が広く開いたインナーも、顔周りがすっきり見えて大正解。


どのジャケットスタイルでもボトムによって丈をチェンジしていたり、小物をプラスして地味すぎないように、またバランスがよく見えるようなアレンジをしていたりと、見逃せないポイントがたくさん。黒がベースの着こなしでも、軽やかに見えるように工夫されていました。

ぜひジャケットを着る日の参考にして、かっこよく知的なスタイリングに仕上げてみてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀