キャリア女性の日常をさらに輝かせる、ダイヤモンドのジュエリー。転職や昇進など、自分が新たなステージを迎えるときに、ダイヤモンドの存在は心強い味方になるもの。

なかでも今、40代・50代の女性が注目したいのが、2ストーン(2粒)ダイヤモンドのジュエリー。リズムのあるデザインやリラックス感は、ソリティアダイヤモンドよりワンランク上の、こなれた印象を演出してくれます。

そんな2ストーン ダイヤモンドのデザインバリエーション豊かな、フォーエバーマークの最新アイテムをご紹介していきましょう。

■1:働く女性のNEXTステージにふさわしい、2粒のダイヤモンドが煌めきを放つTwo D コレクション

「フォーエバーマーク Two D コレクション」 パヴェ ペンダント¥440,000[素材:プラチナ×ダイヤモンド上センター0.30ct、下センター0.15ct、脇石計0.13](福岡三越 6F 宝石サロン<フォーエバーマーク>)・手首側上からプレーン バングル¥190,000[素材:K18ホワイトゴールド×ダイヤモンド](伊勢丹新宿店 本館4Fジュエリー&ウォッチ<フォーエバーマーク>)・パヴェ バングル¥240,000[素材:K18ホワイトゴールド×ダイヤモンド](福岡三越 6F 宝石サロン<フォーエバーマーク>)ジャケット¥44,000(wb)

フォーエバーマーク Two D コレクション」は、ふたつのダイヤモンドが大切な人とのつながりを象徴した、表情豊かなラインナップです。

このコレクション名のTwoには、2人と2つ、DにはDiamond(ダイヤモンド)とDear(大切な人)という、ふたつの意味が込められています。身につけることで、夫婦、恋人だけでなく、親子や兄弟姉妹、そして親友まで、心の通ったDear(大切な人)の存在をいつもそばに感じていられる、お守りのようなジュエリーです。

ふたつのダイヤモンドを、直線的なチェーンでつなげたモダンなネックレス。胸元で揺れるたびに、華やかさたっぷりな煌(きら)めきを放ちます。

たとえばこんな鮮やかなブルーのニットジャケットのVゾーンにプラスすると、知的さとラグジュアリー感を印象づけて。手元にも同じ「フォーエバーマーク Two D コレクション」のバングルを重ねづけすれば、こなれたスタイリッシュムードが加速。ひと粒ダイヤモンドより華やかさが増したこのコレクションは、新しいNextステージに向かう、キャリア女性にふさわしいタイムレスな美しさをアピールします。

Two D コレクションのピアスは2WAYにも

「フォーエバーマーク Two D コレクション 」パヴェピアス¥285,000[素材:プラチナ×ダイヤモンド センター上0.10ct、下0.10ct、脇石計0,08ct](Oomiya 和歌山本店<フォーエバーマーク>)・パヴェ リング¥270,000[素材:プラチナ×ダイヤモンド センター上0.10ct、センター下0.20ct、脇石0.24ct](小田急百貨店 町田店 4階=宝飾売場<フォーエバーマーク>)

「フォーエバーマーク Two D コレクション」のなかでも、華やぎあふれるパヴェタイプ。耳元で揺れるピアスは、チェーンから下が取り外せて、ひと粒のスタッドタイプとしても使える2WAY。気分やシーンに応じて印象変えができるから、コーディネートの幅が広がります。

迫力あるデザインのリングとセット使いすれば、キャリア女性に必要な品格を加え、自信に満ちたイメージを高めてくれます。

フォーエバーマークって、どんなブランド?

130年以上の歴史を誇る「マスター・オブ・ダイヤモンド」=デビアス グループから誕生した「ダイヤモンドそのもののブランド」が、フォーエバーマークです。ジュエリーブランドではなく、ダイヤモンドという宝石そのものと、ダイヤモンドの美しさを追求するブランドなのです。

フォーエバーマークの厳しい基準を満たしているのは、世界中で流通するダイヤモンドの、わずか1パーセント未満。その証として、フォーエバーマークのダイヤモンドには、ブランドのアイコンと個別認証ナンバーが印されています。


フォーエバーマーク ダイヤモンドが「ハイクオリティ」なのはなぜ?

肉眼では見ることができないブランドアイコンと個別認証ナンバーが印されたダイヤモンド。この印は、1/20ミクロンの深さ(人間の髪の毛の5000分の1に相当)のダイヤモンドのテーブル面に印されています。

ダイヤモンドへの美しい輝きを追求している、フォーエバーマーク ダイヤモンド。選び抜かれた鉱山から採掘された後、綿密なカットと研磨は、世界有数のディアマンテール(研磨会社)が手がけます。

そしてダイヤモンドの価値基準とされる4C(カラット、カット、クラリティ、カラー)とに加え、フォーエバーマーク独自の厳しい品質基準を満たしたダイヤモンドだけが、フォーエバーマーク ダイヤモンドと認められるのです。

フォーエバーマーク ダイヤモンドには、最先端技術により肉眼では見えない個別認証ナンバーが印され、「自分だけのもの」というオンリーワンの証が。


■2:ダイヤモンドを包み込む、優雅な曲線が女らしさを引き出す!フェミニンなTwo Dも

「フォーエバーマーク Two D コレクション」ペンダント¥340,000[素材:プラチナ×ダイヤモンド 上0.20ct、下0.30ct](小田急百貨店 新宿店 本館5階=宝飾売場<フォーエバーマーク>)・リング¥410,000[素材:プラチナ×ダイヤモンド 左0.18ct、右0.30ct](名古屋栄三越 6階ウオッチ&ジュエリー<フォーエバーマーク>)・ピアス¥450,000[素材:プラチナ×ダイヤモンド 各上0.14ct、下0.22ct](伊勢丹 浦和店 1F=アクセサリー<フォーエバーマーク>)

2粒のダイヤモンドを優しく取り囲む曲線の美しさが際立った、フェミニンなシリーズ。繊細なラインを描くメタルに、ふたつのダイヤモンドが愛らしく寄り添い、さりげなく華やいだ気品を生み出してくれます。

華奢なデザインなので、ピアス、ネックレス、リングをトータルでつけても華美になりすぎず、エレガントさが際立って、別格の存在感に。自身のキャリアステージがステップアップするたびに、ダイヤモンドをひとつずつそろえていく…。厳選され、美しい輝きを追求しているフォーエバーマークのジュエリーにこそ、その価値があるのです。

■3:エクスクルーシブなTwo D コレクションは数量限定! 限られた人だけが手にできる喜び

「フォーエバーマーク Two D コレクション 」特別限定版 リング¥3,000,000(参考価格 ※ダイヤモンドのクオリティによって価格は異なります)[素材:プラチナ×ダイヤモンド ハート1.00ct、スクエア0.50ct](フォーエバーマーク)・ピアス(スタッドピアスとして着用)¥285,000[素材:プラチナ×ダイヤモンド センター上0.10ct、下0.10ct、脇石計0,08ct](Oomiya 和歌山本店<フォーエバーマーク>) ブラウス¥32,000(MOGA)

「フォーエバーマーク Two D コレクション」には、特に大人の女性に向けたスペシャルな限定コレクションも。

存在感のあるリングはハートとスクエアという、フォルムの違うふたつのダイヤモンドをバランスよく組み合わせた、スタイリッシュな仕上がりが魅力。ひとつつけるだけで、華やぎ力は十分です。センターのダイヤモンド(ハートとスクエア)は、フォーエバーマーク最上級カットグレード「ブラックレーベル」。まばゆい煌めきは、指先に羨望のオーラを放ちます。

特別な予定がある日には、このダイヤモンドリングの気品あふれる輝きを主役に、とっておきのエレガンスを楽しんでみて。

「Two D コレクション」特別限定版は、30個限定!

「フォーエバーマーク Two D コレクション」特別限定版 リング¥3,000,000(参考価格 ※ダイヤモンドのクオリティにより価格は異なります。リングは2種合わせて15個限定)[素材:プラチナ×ダイヤモンド ハート1.00ct、スクエア0.50ct](フォーエバーマーク)

上のモデル着用カットでつけたリングと同様のハート型ダイヤモンドをメインに使用し、右側のスクエア型の石が、下に位置するデザインも。また異なる表情を見せてくれます。

スイートなハートだけでなく、クールなスクエアのダイヤモンドが組み合わせられているので、甘すぎないところもポイント。ハートとスクエア、指先に燦然と輝くふたつのダイヤモンドが自然に目に入るたびに、誇りを持って身につけられる、逸品リングなのです。

「フォーエバーマーク Two D コレクション」特別限定版 ペンダント¥3,000,000(参考価格 ※ダイヤモンドのクオリティによって価格は異なります。ネックレスは15個限定)[素材:プラチナ×ダイヤモンド スクエア1.00ct、ハート0.50ct](フォーエバーマーク)

涙型フォルムのパヴェダイヤモンドの内側に、存在感あるハートとスクエアの大粒ダイヤモンドが優雅に煌めいて。ボリュームがあるデザインのトップとバランスを合わせて、チェーンは長さの調整が可能な2本の両引きタイプで、さらにドラマティックな印象を高めています。

夜のフォーマルなドレスアップはもちろん、あえてデイリーなニットスタイルの胸元に飾れば、こなれた雰囲気が際立つテイストミックスが実現し、おしゃれの完成度がグンとアップ。


キャリア女性にふさわしい「確かなダイヤモンド」

私たちからは普段、意識がいかない流通の面でも、そのこだわりを発揮しているのがフォーエバーマークです。ダイヤモンドを採掘してから、私たちの元に届くまで、社会的に正しいプロセスを経ていることにこだわり抜く…。その姿勢は、ブランドローンチのときからぶれることがありません。その背景を知ると、フォーエバーマークのダイヤモンドの美しさは、より奥深いものになります。

一例としてデビアス グループとフォーエバーマークは、ダイヤモンドの産出国、アフリカ南部、カナダなどの自然保護に注力しています。1ヘクタールの土地を採掘するごとに、6ヘクタールの土地を自然保護に役立てて、周囲の生態系に常に配慮しています。また資源利用の改善にも積極的に努め、2016年には3億リットルの節水を行いました。

ダイヤモンドが市場に出るまでのプロセスには、多くの女性が関わっています。

そしてフォーエバーマークはデビアス グループの一員として、鉱山労働者、地質学者、エンジニア、トレーナー、研磨職人などスタッフとして働く女性たちのキャリアを支援しています。

物流から専門コンサルティングに至るまで、多くの女性が関わっており、女性の尊厳と地位の向上の可能性を広げています。さらに雇用創出や地域発展、医療や教育の充実など、ダイヤモンドの産出地で働く人々の労働環境の整備にも積極的に取り組むことが、フォーエバーマークの誇りだといいます。

美しいだけでなく、エシカルであり、女性のエンパワメントに注力している…こういった見えない背景にまでの徹底的なこだわりによって、フォーエバーマークのダイヤモンドは、つける女性自身を内面から輝かせてくれるのでしょう。

キャリアを積み重ねてきた女性だからこそ、ダイヤモンドもクオリティや背景が確かなものを選びたいものです。

問い合わせ先

PHOTO :
TOSHI HIRAKAWA(人物)、木村 慎(静物)
STYLIST :
難波洋子
HAIR MAKE :
平元敬一
NAIL :
小原千明(uka)
MODEL :
立野リカ(Precious専属)
WRITING :
佐野有紀
EDIT :
安念美和子