世界最大級の一枚岩、ウルル。アボリジニの聖地でもあり、その言葉で「世界の中心」を意味するウルルと呼ばれる。

オーストラリアの中央北部エリア、ノーザンテリトリー。ウルル-カタ・ジュタ国立公園内に、世界最大級の一枚岩、ウルル(おなじみのエアーズロックのこと)があります。オーストラリアの先住民族・アボリジニが多く住むことでも知られるこのエリアが、今、「特別な旅」を求める人たちの間で注目が高まっています。

ウルルから北部のエリアがノーザンテリトリー。日本からはケアンズ、シドニー、メルボルンなどで国内線に乗り継ぎ、エアーズ・ロック空港へ。約12時間ほどの旅に。

世界遺産にも登録されている絶景を、より楽しく、美しく、贅沢に楽しめるアクティビティや、上質な旅を求める大人にもぴったりのホテルステイ、5つ星クラスのグランピングを、3回の短期連載でご紹介しましょう。

■絶景体験1:砂漠の星空の下で、ファンタジックディナー「サウンド・オブ・サイレンス」

降るように美しい砂漠の星空の下で、本格的ディナーを楽しむ贅沢なひととき。©Voyages Indigenous Tourism Australia

ウルルの絶景を楽しむのには、サンライズやサンセットツアーが人気ですが、おすすめしたいのがディナープログラム「サウンド・オブ・サイレンス」。この人気プログラムは今年で25周年を迎えます。

スパークリングワインやカナッペを楽しみながら、サンセットを堪能。©Voyages Indigenous Tourism Australia

砂漠のなかに設営された会場で響くのは、アボリジニに古くから伝わる管楽器、ディジュリドゥの神秘的で荘厳な音色。スパークリングワインや軽食をつまみながら、サンセットを堪能したのちに、テーブルへ着席してディナーコースがスタート。メインは豊富なメニューから選べるビュッフェで、カンガルーやクロコダイルといった、オーストラリアならではの珍しい食材も。ディナーの中盤ではライトが消され、南半球の星空を眺めながら星座の解説もあり、まさに五感を満足させる贅沢な時間を過ごすことができます。

■絶景体験2:人気すぎて開催延長! 壮大なイルミネーション「フィールド・オブ・ライト」

環境に配慮した太陽電池式電球を使用しているところも、自然との共存を大切にする国ならでは。©Bruce Munro - Photo by Mark Pickthall

ディナープログラム「サウンド・オブ・サイレンス」とセットでぜひ見てほしいのが、ウルルの広大な土地に設置されたイルミネーション「フィールド・オブ・ライト」です。

暗くなると、さらに際立つ光のインスタレーション。©Bruce Munro - Photo by Mark Pickthall

世界的に活躍するイギリスの芸術家、ブルース・ムンロが手掛けた、無数の光ファイバーを使用したこのアート作品は、なんと5万個の太陽電池式電球を使用し、広大な砂漠の一角を光の海で埋め尽くします。その面積はフットボール場4つ分に匹敵し、あまりの神々しさに息をのむはず。

この最高に幻想的でロマンティックな体験は、2016年から2年間限定の予定でしたが、あまりの人気に延長を重ね、2020年までの開催が決定。オーストラリア旅行を視野に入れている人は、ぜひ旅程に組み込みたい極上プランです。

■絶景体験3:ラクダにゆられて異国情緒たっぷりに散策する「ウルル・キャメル・ツアー」

ラクダの背に乗ってのんびりと、異国情緒あふれる砂漠散策。

砂漠と聞いて真っ先にイメージする動物といえば、愛嬌のある顔つきのラクダ。そのラクダの背に乗って、ウルルを散策する「ウルル・キャメル・ツアー」も、一度は味わいたい極上体験です。

ウルルの美しいサンライズやサンセットを、ラグダに乗って楽しめるのも魅力。

日本では動物園でしかほとんど見ることができないラクダに、直に触れられる感動はもちろん、乗ってみて驚くのは意外とラクダの背が高いこと。徒歩や車中から眺めるのとは全く異なり、高い視点から雄大な自然をゆったり眺めると、開放感もひとしお。かつてラクダで移動したり、荷を運んでいた人々の気持ちを少し味わいながら、のんびりしたペースの歩みに揺られ、気持ちもリラックス。

■絶景体験4:ヘリコプターから絶景をひとりじめ! 「シーニックフライト」

パノラマのように広がる雄大な景色をひとりじめ! ©Tourism Australia

時間帯や天候によって表情を変える自然は、さまざまな角度から楽しみたいものです。そこでもうひとつ、おすすめしたいのは、空から眺めるという味わい方。ヘリコプターやセスナでの遊覧飛行が楽しめるアクティビティ「シーニックフライト」は、15分と30分のコースを用意。エアーズロック周辺のウルルから、国立公園のあるカタ・ジュタの両方を回る30分コースなら、ノーザンテリトリーの多彩な自然の魅力を、より味わえること請け合い。そして空から見ても、やはりその広大さに、改めて驚かされるはず。

視界の広いヘリコプターも、遊覧飛行には最適。高空ならではのこんな絶景が楽しめます。 ©Tourism Australia

年齢を重ね、仕事も生活も時間も、ある程度ゆとりができたタイミングこそ、一生に一度は行ってみたい旅を実現するチャンス。心豊かに楽しめる、大人にぴったりのアクティビティや宿泊施設が充実したノーザンテリトリーは、今こそ行くべきスポットといえそうです。ノーザンテリトリーの情報は、こちらの特集ページ(外部サイト)にもさらに詳しく掲載されています。

次回は、ノーザンテリトリーの雄大な自然を、贅沢に堪能できる豪華ホテルをふたつ、ご紹介します。

関連記事

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
安念美和子