旅からインスパイアされたトム フォード ビューティ『プライベート ブレンド コレクション』

パリの女性が偏愛するセンシュアルな香り

ジャスミン ルージュ オード パルファム スプレィ●50ml ¥28,000・リップ カラー 10 ¥6,000(トム フォード ビューティ)

パリの女性が赤い口紅を愛してやまないのは、ひと塗りで官能的な表情をもたらし、日常から恋のモードへとスイッチを切り替えてくれるから。そして、たとえ素顔であっても普段着でいても、赤い口紅をまとえばパッと花開くような微笑みで人を惹きつけられると信じているから。『ジャスミン ルージュ』は、まさに赤い口紅と同じ才能をもった香り。白いジャスミンの花がミステリアスなスパイスと出合って、情熱の赤へと染め上げられていくようにセンシュアルでドラマティック。デビュー以来、男女ともに支持が高く、ユニセックス フレグランスとして不動の人気です。パリでとっておきの場所を訪れるときは、赤い口紅とこの香りをエスコート役に!

プライベートアイランドを描いた香り

ソレイユ ブラン オード パルファム スプレィ●50ml ¥28,000・ソレイユ コントゥーリング コンパクト 03 ¥11,500(トム フォード ビューティ)※コンパクトは7月5日発売

ハワイは人を欲張りにする。降り注ぐ陽光、叙情的な夕景、月の光が照らすビーチ…ここにあるすべてを独り占めしたいと思ってしまうから。でも『ソレイユ ブラン』を今度のバカンスに連れていったら、それが叶うかもしれません。香りのイメージソースはセレブリティがお忍びで訪れるラグジュアリーなアイランドリゾート。フローズン ココナッツミルクの香りは甘く秘密めいたカクテルを思わせ、クリーミーで艶やかな花々の香りはシルクのローブのよう。そんな香りにコーディネートしたいのは、肌に太陽の輝きを宿すチーク&ハイライトのセット。大好きなリゾートで過ごす時間が、かけがえのない私的な時間へと塗り替えられていきます。

南イタリア、ポジターノの空と海をイメージした香り

ソーレ ディ ポジターノ オード パルファム スプレィ●50ml ¥28,000・クリーム アンド パウダー アイ カラー 左 01 右 03各¥6,500(トム フォード ビューティ)

断崖絶壁に咲き乱れる花のように、パステルカラーの家々がぎっしりと立ち並ぶ絶景の街、ポジターノ。文豪ジョン スタインベックが滞在していたことでも知られ、プレシャス読者の間でも憧れの旅先として名前があがる美しいリゾート地です。旅を愛するトム フォード氏も「ここは僕の夢の場所」と賛美。空と海をつなぐ不思議な街の魅力を『ソーレ ディ ポジターノ』というフレグランスに描きました。ベルガモットにビター オレンジ、レモンやマンダリンなどの柑橘系にシソの葉のアクセント。爽やかでありながら余韻を残す香りは、いつまでも終わらない夢のよう。リゾート気分を盛り上げるアイ カラーで、目元にも空と海のきらめきを加えて。

ときめきをくれる都市、ニューヨークにふさわしいバニラの香り

バニラ ファタール オード パルファム スプレィ●50ml ¥28,000・ネイル ラッカー 右 02 下 39各¥4,100(トム フォード ビューティ)

N.Y.に足繁く通う人は言います。「ときめきと元気をもらえるから、この街が好き」と。目まぐるしいほどアップテンポなリズムで動いている都市は、行くたびに新しい表情を見せて訪れる人々を魅了し続けます。『プライベート ブレンド コレクション』にはトム フォード氏の研ぎ澄まされた都会的感性が息づく、まさにN.Y.的といえる香りが数多くラインナップ。そのなかから今、旬のN.Y.を表す1本を選ぶなら、それは運命のバニラ『バニラ ファタール』でしょう。香ばしいローストコーヒーに濃厚なバニラ、スモーキーなウッドの複雑なブレンドが多様性のある都市の魅力を映し出します。ジェンダーレスな感覚の香りをまといヌーディなネイルで決めたら、この街の空気に自然に溶け込めそう。

問い合わせ先

※この特集で使用した商品はすべてトム フォード ビューティのものです。
※掲載商品の価格には消費税は 含まれておりません。 別途消費税8%がかかります。

【関連記事:トム フォードフレグランス夏を纏う、香りの流儀】

この記事の執筆者
TEXT :
松澤章子さん ビューティディレクター
BY :
Precious2018年7月号“トム フォード”フレグランスが誘う美しき夏の記憶より
美容編集者として30年のキャリアをもつ。インターナショナル誌の副編集長を長く務めた経験を生かし、ファッション、ライフスタイル、カルチャーといった広い視野から女性の美と生き方について考察。女性誌やウェブ等への執筆や広告のディレクションを手掛ける。 好きなもの:イヌ科の動物、とくに柴犬、パリ的なもの、食べること、「明日は何を食べようか」と考える時間、こってりした食事、しっとりしたスイーツ、リトルブラックドレス、香り、国内外の市場、ボリス・ヴィアン、動物モチーフの小物や雑貨、フェリーニの映画、粘土細工、ピラティス
クレジット :
撮影/戸田嘉昭(パイルドライバー) 構成/五十嵐享子(Precious編集部)