大人の女性におすすめの、デニムパンツを使ったコーディネートに関するまとめ記事です。ラグジュアリーファッション誌『Precious』のこれまでの記事から、ワイドデニムパンツ・スキニーデニムパンツなどのコーデを厳選してご紹介します。カジュアルなシーンでも仕事場でも、大人のデニムの着こなしで周囲を魅了してください。

【目次】

ワイドデニムパンツのコーデ


【1】サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロのワイドデニムパンツ×ベージュトレンチコート

【1】サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロのワイドデニムパンツ×ベージュトレンチコート
コート・Tシャツ・デニムパンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ヴィンテージ感のあるデニムパンツがトレンチのクラシカルなムードにマッチ。スパンコールのボーダー模様Tシャツや真紅のパテントバッグで強い光沢をちりばめて、モダンに仕上げましょう。

【2】ヤコブ コーエンのワイドデニムパンツ×ベージュトレンチコート

【2】ヤコブ コーエンのワイドデニムパンツ×ベージュトレンチコート
コート(ザシークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス(三喜商事〈マレーラ〉)、デニムパンツ(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、バングル・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

コットンツイルのオーソドックスなトレンチを、ゆったりめの身幅や、やや前振りのショルダーラインの今どき感で絶妙にアレンジ。大胆なプリントブラウスで遊び心を添えたデニムパンツのスタイルもシックに決まります。

【3】サージのワイドデニムパンツ×黒カットソー

【3】サージのワイドデニムパンツ×黒カットソー
カットソー(アングローバル〈イレーヴ〉)、デニムパンツ(showroom SESSION〈サージ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

フォレストグリーンのカットソーとブルーのワイドデニムパンツの装いに、ボタンなしのジャケットをカーディガンのようにはおって小粋に。

【4】グッチのワイドデニムパンツ×白カーディガン

【4】グッチのワイドデニムパンツ×白カーディガン
バッグ『オフィディア』・カーディガン・デニムパンツ・スカーフ・リング・靴(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

カシミヤニットとワイドデニムパンツで過ごす休日。外出に必要なものをすっきり収納できるスマートなボストンバッグで、心も足どりも軽やかになります。

【5】リーバイスⓇ ビンテージ クロージングのワイドデニムパンツ×ネイビーニット

【5】リーバイスⓇ ビンテージ クロージングのワイドデニムパンツ×ネイビーニット
デニムパンツ『1950's701』(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイスⓇ ビンテージ クロージング〉)、ニット(ブラミンク)、ペンダント・バングル・スカーフ(ブルガリ ジャパン)、バッグ(アマン〈アルテサーノ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

1950年代のグラマラスな女優の休日を彷彿とさせる『1950’s 701』。1939年に発売された、ブランド初のレディス5ポケットデニムです。華奢なウエストを強調するハイライズと、ヒップから太ももにかけてフィットするストレートなシルエットが特長。ワイドパンツの流行とともに、再び旬のボトムとして脚光を浴びています。リジッド(ノンウォッシュ)デニムならではの素朴な風合いも魅力。シンプルなニットのインスタイル、無造作なロールアップからのぞく足首の白さに野性味を帯びた女らしさが漂います。

【6】ディオールのワイドデニムパンツ×ネイビージャケット

【6】ディオールのワイドデニムパンツ×ネイビージャケット
バッグ『ブック トート』・ジャケット・シャツ・デニムパンツ・ピアス・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

1960〜70年代のメゾンを代表するエンブロイダリージャカード、ブランドロゴが階段状に並ぶ「ディオール オブリーク」。それを今季は、圧巻のビッグトートに! 一瞬でいつものデニムパンツの着こなしを旬に導く効果に魅せられます。

スキニーデニムパンツのコーデ


【1】スキニーデニムパンツ×黒シャツ

【1】スキニーデニムパンツ×黒シャツ
撮影/Afro BY:『Precious3月号』小学館、2019年

モデルのロージーは、ジバンシィのアイコンバッグ『GV3』を斜めがけ。ゴールドのハンドルや留め具が、黒ベースの着こなしに上品な艶を加えています。スキニーデニムにロングブーツを合わせて、すっきりとした印象に。

【2】レッドカードの黒スキニーデニムパンツ×ブラウンシャツ

【2】レッドカードの黒スキニーデニムパンツ×ブラウンシャツ
シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、バングル・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、デニムパンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、スカーフ(ボータレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

シャツ+デニムというオーソドックスな着こなしも、ブラウンのコットンリネンシャツ&スキニーのブラックデニムパンツというセレクトで、今年らしく洗練されて。辛口度の高い着こなしには、ゴールドジュエリーで女らしさを添えることが必須です。

【3】レッドカードのスキニーデニムパンツ×カーキジャケット

【3】レッドカードのスキニーデニムパンツ×カーキジャケット
ジャケット(マディソンブルー)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、デニムパンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ニュートラルアイテムのノースリーブカットソーとスキニーデニムパンツに、辛口のジャケットを合わせた装いは、マニッシュな印象。そこにゴールドジュエリーを添えるだけで、ハッとさせるような女らしさが生まれます。

【4】白スキニーデニムパンツ×黒ジャケット

【4】白スキニーデニムパンツ×黒ジャケット
撮影/Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

デコルテ見せ+縦ラインを強調する白のトップス&デニムパンツで、端正なジャケットスタイルをすっきり女らしく。

【5】黒スキニーデニムパンツ×黒カーディガン

【5】黒スキニーデニムパンツ×黒カーディガン
撮影/Splash・アフロ BY:『Precious8月号』小学館、2018年

スタイルのよさを生かした、潔くシンプルな「全身黒」。まとめ髪や肩がけしたカーディガンでカジュアルに仕上げるのが好感度の決め手です。

【6】ヴァレンティノの黒スキニーデニムパンツ×白Tシャツ

【6】ヴァレンティノの黒スキニーデニムパンツ×白Tシャツ
ヴァレンティノ ガラヴァーニの靴・サングラス・バッグ・ヴァレンティノのTシャツ・デニムパンツ(ヴァレンティノ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

今また新鮮に映るのが、白Tシャツとデニムパンツの潔さ。足元にキリッと輝くシルバー靴を選んだのは、コットンの清潔感を引き立てるためです。あえて色を投入しないことが、モノトーンを成功に導く鍵に。ジュエリーのごとく光を反射する、辛口なスタッズが大人の迫力をもたらします。

春のデニムパンツレディースコーデ


【1】サルヴァトーレ フェラガモのデニムパンツ×ブルーニット

【1】サルヴァトーレ フェラガモのデニムパンツ×ブルーニット
ニット・デニムパンツ・バッグ・サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

編み地に表情のあるニットは、ブランドの今季のキーカラー・ブルーに、メタルボタン付きレザーパイピングをのせた大人好みの一枚。「ジャスミン」の色名にエレガンス香るオフホワイトのバッグが、デニムパンツのコーディネートの清新な引き締め役になってくれます。

【2】ロエベのデニムパンツ×白ニットドレス

【2】ロエベのデニムパンツ×白ニットドレス
ニットドレス・デニムパンツ・かごバッグ・ウールシルクのショール(ロエベ ジャパン)、ブルーのレザーブレスレット・シルバーのビーズブレスレット・シルバーのペンダント・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、デジタルカメラ『ライカTL2』・レンズ・プロテクター・ストラップ・ストラップラグ(ライカ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

ゆったりとしたニットドレスは、昼はデニムパンツに合わせて、夜はドレスとして着回せるから、旅に必携のアイテムです。

【3】ブルネロ クチネリのデニムパンツ×白Tシャツ

【3】ブルネロ クチネリのデニムパンツ×白Tシャツ
白Tシャツ・デニムパンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

ブルネロ クチネリの「定番白Tシャツ」は、ストレッチのきいたやわらかな肌触りと美しい光沢が格別。希少価値の高い超長綿を紡いだ生地は、強度にも優れ、毛羽立ちが最小限に抑えられている。また、ボトムスはこちらも定番のデニムパンツできまり。細部にいたるまでブランドの矜持が感じられる一枚です。

大人のデニムコーデ


【1】レッドカードの黒デニムパンツ×黒ブラウス

【1】レッドカードの黒デニムパンツ×黒ブラウス
ブラウス(ユナイテッド・アローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、バングル・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

黒のラッフルトップス+黒デニムパンツという全身黒の装いが重たくならないのは、ノースリーブで大胆に肌を見せ、足首をのぞかせているから。甘口のフリルトップス、ニュートラルなデニム、辛口のレザーバッグ…と黒でも多彩な表情や質感のものを合わせることで、華やいだ印象に。光をまとうようなゴールドジュエリーで、ニュアンスアップさせましょう。

【2】ブルネロ クチネリのデニムパンツ×グレンチェックジャケット

【2】ブルネロ クチネリのデニムパンツ×グレンチェックジャケット
白Tシャツ・ジャケット・デニムパンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

マニッシュなテーラードジャケットに合わせるインナーは、首元がキュッと引き締まったクルーネックの定番白Tシャツ&デニムパンツが断然気分! シックなグレーに、目の覚めるようなクリアな白を合わせるとメリハリが生まれ、都会的な印象に仕上がります。

デニムパンツコーデの関連記事