巾着型バッグ「BOND(ボンド)」が大ブレイク中の「VASIC(ヴァジック)」とは?

2015年にニューヨークで誕生した「VASIC(ヴァジック)」は、ヘアスタイリストでもあり、バッグへ並々ならぬ愛情を持っていた水尾加乃子さんがクリエイティブディレクターとして立ち上げたブランドです。

「クラシックでスリークなデザインが使う人やシーンを選ばず、女性の人生を礼賛するように日々の暮らしに寄り添ってほしい。そしてシーズンの鍵となる素材や色で、ファッションの楽しさを伝えたい」。

そんな想いからつくられた「VASIC(ヴァジック)」のバッグは、その願い通り、シーンを問わずどんな装いにもしっくりとマッチし、それでいて高感度なエッセンスを加味してくれます。売れに売れているアイコンバッグ「BOND(ボンド)」は、結ぶ、繋げるという意味の通り、ノット(結び目)をアクセントにし、ハト目とコード(紐)にフォーカスした凛としたデザインが印象的。

中央のノットがアクセントになっている「BOND(ボンド)」。こちらの通常サイズのほか、ミニ、ミニミニサイズも品薄状態が続いています。

毎日使うものだから…と、耐久性の高いシュリンクレザーを使用するなど、機能性の面でも女性の心を見事に捉えています。

ネクストアイコンバッグは、モダンな「CITY(シティ)」に注目

今や大人気の「VASIC(ヴァジック)」で「BOND(ボンド)」の次にブレイク確実と目されているバッグが「CITY(シティ)」。ハンドバッグのスタンダードデザインであるショルダーバッグを、ハト目とコード(紐)を連想させる要素を取り入れたモダンなデザインでアップデート。

マスタードイエロー、グリーンなど、トレンドカラーで鮮度よく持つのも楽しい「CITY(シティ)」。バッグ各¥45,000(税抜)

すっきりとしたボディに艶やかなレザーが映え、クリーム、ブラックなどに加えてトレンドカラーであるイエローを定番化するなど、オリジナリティのあるカラーパレットも魅力です。

3/6(水)より、伊勢丹新宿店本館1階ハンドバッグ売り場にデビュー!

昨秋オープンした「VASIC AOYAMA」店に続き、 3/6(水)から伊勢丹新宿店本館1階ハンドバッグ売り場にて新ショップがオープン。「CITY(シティ)」など大人気のバッグを身近に触れられるチャンスなので、ぜひ足を運んでみてください。

「CITY(シティ)」のモデル着用シーン。バッグ各¥45,000(税抜)

デビューからわずか数年で瞬く間に急成長を遂げている、ニューヨーク発のバッグブランド「VASIC(ヴァジック)」。大人の女性の着こなしにモードなエッセンスを与えてくれるバッグ「BOND(ボンド)」や「CITY(シティ)」は、常に品薄状態。幸運にも出会えたときには即買いをおすすめします!

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
松崎のぞみ