たちまち旬顔カジュアルに!「カーキ×美人グリーン」の洗練スタイル8選

この数年、シックカラーとして人気を集める「カーキ」は、この春、新しいベーシックカラーに浮上。合わせる色を選ばない万能カラーですが、この春のおすすめは、アースカラーより華があり、鮮やか色より穏やかな「美人グリーン」との色合わせ。新しい配色で、シンプルなカジュアルが見違えます。

今回は、この「カーキ×美人グリーン」の配色で、洗練されたスタイルを演出する8つのコーディネートをご紹介します。

■1:カーキとライトグリーンを重ね、優しく着映える洗練ワントーンに

コート¥270,000・ニット¥89,000(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ¥48,000(ブルーベル・ジャパン〈ホープ〉)、ピアス¥66,000・リング¥172,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ¥63,000(アマン〈ア ヴァケーション〉)、ストール¥48,000(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)

ライトグリーンのコートに、ワッシャー加工が施されたカーキのパンツを合わせたら、シンプルでもニュアンスのある着こなしに。柄のバッグで、さらにセンスアップさせましょう。

問い合わせ先

■2:みずみずしいグリーンを小物で投入。リフレインしてリズミカルな着こなしに

ニット¥33,000(リーミルズエージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、スカーフ「赤道直下」¥56,000(エルメスジャポン)、時計「ロングアイランド プティ」¥950,000(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、ピアス¥30,000・リング¥45,000・カフブレスレット¥31,000(ステディ スタディ〈トムウッド〉)

鮮やかなグリーンが上品になじみ、着映えるのがカーキの魅力。グリーン×ブルーベースのスカーフ、パールグリーンの時計のストラップ…と、思いきってきれい色を投入しましょう。

問い合わせ先

■3:まろやかで印象的。繊細なグリーングラデーションでおしゃれ上級者に

ブルゾン¥844,000・カーディガン¥280,000・ブラウス¥337,000・スカート¥117,000・バッグ¥290,000(ブルネロ クチネリ ジャパン)、イヤリング¥18,000(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、リング/指先から¥34,000・¥24,000(エストネーション〈アリアナ ブザード ライフォル〉)

オリーブブラウンのブルゾンに、オリーブカーキのスカート、多彩なグリーンが彩るトップス…。ていねいに色を重ねるだけで、おしゃれ鮮度が高まります。

問い合わせ先

■4:ドライな質感の服にモダンな“光”を加え、カジュアルを都会的に

シャツ¥24,000・スカート¥24,000(エストネーション)、ニット¥16,000(ロンハーマン)、ピアス¥79,000・バングル[右手]手首側から¥1,520,000・¥725,000・[左手]ブレスレット¥860,000・リング¥260,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト¥34,000(コロネット〈エアロン〉)、バッグ¥34,000(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴¥48,000(アマン〈ペリーコ〉)

フレッシュなグリーンをニット、バッグ、靴にちりばめて。仕上げは、ゴールドジュエリーをたっぷりと重ねづけ。軽やかな春スタイルに華やぎが加わります。

問い合わせ先

スタイリスト白井艶美さんが伝授!「旬カーキ×美人グリーン」で完成する新グラデーション配色のつくり方

「カーキにグリーンを合わせる配色は春らしく新鮮! 辛口シンプルなカジュアルに旬のムードが生まれ、大人の休日スタイルを更新してくれます」と、白井さん。

新配色のポイントは、まず「幅広いトーンがそろうなかでも明るめのカーキとオーガニックな優しいグリーンをベースにすること」。

さらに色を加えるときは、「鮮やかめのグリーンや白で明るさを添えるとメリハリもアップ! ドライな質感の服が多いこの季節、仕上げにジュエリーで“光”を添えると、華やかでこなれた印象に」

■1:艶素材のカーキを主役に。濃淡グリーンを小物で加え華やかなこなれ感を演出

ワンピース¥63,100(Vince 表参道店)、サングラス¥34,000(モスコット トウキョウ)、バングル/上から¥51,000・¥66,000(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、バッグ¥84,000(コロネット〈エアロン〉)、スカーフ¥7,000(三喜商事〈イレブンティ〉)、ベルト¥21,000(ブルーベル・ジャパン〈ホープ〉)、靴¥98,000(ピエール アルディ 東京)

シルクのカーキのワンピースに、セージカラーのバッグやスカーフ、深いグリーンのバングルとサングラスをトッピング。

問い合わせ先

■2:フェミニンな着こなしも、新グラデーションなら凛とした印象に

ブルゾン¥160,000(バリー 銀座店)、ニット¥26,000(ebure)、スカート¥43,000(アングローバル〈イレーヴ〉)、サングラス¥44,000(ケリング アイウエアジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ペンダント¥63,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ¥132,000(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴¥63,000(三喜商事〈イレブンティ〉)

旬のムードが漂う配色なら、淡くまろやかな色合いでももたつかない。バッグで光沢を添えるのがポイントです。

問い合わせ先

■3:辛口すぎず、優しすぎない配色で都会の休日を新鮮に

トレンチコート¥59,000(バブアー 二子玉川店)、ニット¥15,000(RHC ロンハーマン〈RHC〉)、パンツ¥75,000(ブラミンク)、エメラルドグリーン×白のスカーフ¥45,000(エミリオ・プッチ ジャパン)、バッグ¥166,000(トッズ・ジャパン)、靴¥79,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)

カーキのトレンチとオーガニックグリーンのパンツという装いに、エメラルドグリーン×白が鮮やかなスカーフをプラス。グリーン系の柄を加えるのも、華やかなこなれ感を生むテクニックです。

問い合わせ先

■4:心地よくリラックスした週末の着こなしも、「なんだかおしゃれ!」な印象に

カーディガン¥166,000・カットソー¥40,000(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、パンツ¥99,000(ウールン商会〈ジェントリーポルトフィーノ〉)、バングル¥110,000(ザ ストア バイシー 代官山店〈アグメス〉)、バッグ¥135,000(J&M デヴィッドソン 青山店)、ストール¥29,000(ロンハーマン〈アソース メレ フォー ロンハーマン〉)、靴¥79,000(セルジオ ロッシ)

コットン、リネン混のニットとパンツを重ねた着こなしも、どこかモダン。鮮やかなグリーンの小物を重ね、ニュアンスのある休日スタイルに仕上げましょう。

問い合わせ先

※掲載した商品はすべて税抜です。

PHOTO :
水田 学(NOSTY/人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
白井艶美
HAIR MAKE :
重見幸江(gem)
MODEL :
高橋里奈
EDIT&WRITING :
川口夏希、川村有布子、矢野絵梨佳・竹市莉子(HATSU)、喜多容子(Precious)