いつの間にか丸くなってしまったあごのライン。このラインをカバーするには、トップのスタイリングに秘策があるようです。

sui副店長の中西雄二さんによると、「トップにボリュームをもたせ、全体的なシルエットを菱形に整えるのがポイントです。いちばん膨らませたい菱形の横の角を頬骨よりちょっと高めに設定すると、引き締まった顔印象になります」とか。

小顔効果が狙えるスタイリングテクニックをご紹介します。

【お悩み】せっかくブローしても、すぐトップがペタッとなる!

ショート代表:内藤亜弥さん(44歳/自営業)のお悩みを解決するには…

■髪型:頬骨より高い位置にボリュームが出るようにラインを調節

完成
サイド
バック

内藤さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★
  2. ボリューム(少→多) ★
  3. 髪の太さ(細→太) ★★
  4. うるおい(乾→潤) ★★★
  5. 白髪の量(多→少) ★★★

毛量はちゃんとあるのに、トップのボリュームが出にくい内藤さんの髪。「トップに高さを出すことで、ボリューム不足もあごのラインを引き締めて見せることも、どちらの悩みも解決できます」(中西さん)

■スタイリング:髪を乾かす段階からトップを根元から立たせることを意識!

「年齢と共に毛根の形がいびつになっています。髪を乾かすとき、髪の根元を動かすように手ぐしでとかしながらドライヤーをあてると、毛根の形が整ってきます」(中西さん)

スタイリング前

■1:ドライヤーをあてながら、手ぐしで左右にとかしながらブローする

ドライヤーのあたる風向きに、手ぐしで地肌からとかすのがポイント。
左右にとかしながら、根元からしっかり乾かす。

■2:頭頂部の毛束の根元にカーラーをあて、垂直に引き上げてから巻く

頭頂部の真ん中をカーラーで巻いたら、その後ろも同様にしてカーラーで巻く。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■髪を乾かすときから髪の根元を立たせることを意識してドライヤーをあてる
  2. ■カーラーで巻くときは根元を立たせるように垂直に引き上げて巻く
  3. ■菱形のピークを頬骨より下にしない

「髪の全体的なシルエットを菱形にするとき、左右の角が頬骨より下にあると、顔全体の印象が下がって見えるためよけいにたるんだ印象を与えます。ピークの位置は高めに設定しましょう」(中西さん)

sui 副店長・ヘアデザイナー 中西雄二さん。昨年から始めたのがスケートボード。「友人に誘われて始めました。月1回のペースでしか練習できないので、なかなか上達しないですね」

問い合わせ先

sui
住所/東京都渋谷区神宮前4-1-20神宮前フォレストビル3F
TEL:03-6455-5802
営業時間:月・水12:00~21:00、木10:00~19:00、金13:00~22:00、土10:00~20:00、日10:00~19:00
定休日:火曜

エレガントながらモダンでくつろげる空間。気持ちのいい雰囲気の中、個性を引き出してくれる。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑