【エラ張り・ベース型必見】大きなウェーブで輪郭をボカす「神業パーマヘア」

頬骨やエラの張りが目立つ顔立ちの女性の場合、これらを手っ取り早く髪型で隠す方法はあるのでしょうか? MAGNOLiA Aoyama店のデザイナー・CHINATSUさんに解決策を伺うと、答えは明解。「パーマのウェーブで輪郭を隠せばいい」と言います。

「顔まわりにボリュームと動きを出して、頬骨やエラが隠れるようにフレームをつくることが大切。長めの前髪にしているのも頬骨をカバーするためです。輪郭を隠しすぎると、暗く地味な印象になってしまいますが、大きくゆるやかなパーマをかければ、欠点をさりげなく隠しながら、顔まわりを華やかに見せることができます」(CHINATSUさん)

今回、CHINATSUさんが提案してくれるパーマヘアは、ベース型だけでなく、頰がこけてきたという逆三角形型、顔が縦長に見える面長顔の悩みも解消できる万能スタイル。根元が立ち上がりにくい、髪が細くなってきた、という悩みにもオススメです。

■髪型:前髪の優雅な立ち上がりと、大きく動くウェーブが上品

ベース型のロングヘア代表:内田テリーサさん(41歳/会社員)の場合

完成
サイド
バック

内田さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★

「このパーマスタイルの特長は、『ぐっと立ち上がった根元』と『ウェーブの太いまとまり』。細い毛束に細かくパーマをかけると、髪が散ってしまい疲れた印象に直結するので注意してください。

耳前をラウンドさせるように前上がりにカットすることで、巻いたときに耳前とサイドの毛束が重なり、解けたような絶妙な束感が生まれます」(CHINATSUさん)

■スタイリング:カーラーで根元を起こしながら太いまとまりをつくる!

「前髪とトップは根元からカーラーでしっかり巻いて。根元が立ち上がることで、毛束に太いまとまりをつくることができます」(CHINATSUさん)

スタイリング前

■1:カーラーで後頭部と前髪を巻く

太めのカーラーを使用。前髪と頭頂部を根元からしっかりと巻いたらドライヤーで熱風を10秒当てる。その後、20秒ほど自然放置すればキープ力アップ。

■2: 耳前ハチ上の毛束を巻く

頭皮に対して斜め上に引っ張りながら根元まで巻きつける。両サイド巻いたら■1同様に熱風を当てて、自然放置。
カーラーを巻いた状態

■3: 中間から毛先に水分を含ませてパーマを出す

スプレーなどで水分を与えながら少しずつパーマを戻す。髪が湿るくらいを意識して。

■4:クリームワックスを毛先に揉み込む

手のひらにクリームワックスをなじませたら、持ち上げるように揉み込んで。

〈ベース型ロングヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■カーラーで巻いたら熱風でキープ力を高める
  2. ■水分を与えたらドライしない!毛先がパサつく原因に
  3. ■クリームワックスは保湿力のあるものを選んでツヤ感を出す

「年齢とともに髪の水分量が少なくなるため、毛束の中間から毛先はパサつきがちです。仕上げのワックスはクリーム系で保湿力の高いものを選ぶと、毛先がツヤやかにまとまり、年齢を感じさせない若々しい仕上がりになります」(CHINATSUさん)

MAGNOLiA Aoyama店デザイナー・CHINATSUさん。旅行好きなCHINATSUさん。「今年はスリランカに行く予定です。大自然に佇む、建築家ジェフリー・バワのモダンなデザインのホテルに泊まれたらと思っています。巨大な岩山のシーギリヤ・ロックや本場のアユールヴェーダも楽しみです」

問い合わせ先

  • MAGNOLiA Aoyama
  • 住所/東京都港区南青山4‐24‐8 アットホームスクエアBF
  • TEL:03-5774-0170
  • 営業時間:水・木 11:00~21:00/金 13:00~22:00/土・月 10:00~20:00/日・祝 10:00~19:00
  • 定休日:火曜・不定休
丁寧なカウンセリングで複雑に絡み合う40代の髪悩みを解決。業界トップレベルのパーマ技術は試す価値大。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑