髪にボリュームがなくなると、ショートスタイルは難しいかも…とためらっていませんか?

Rougyのヘアデザイナー、二階堂雪さんが提案するグラデーションボブなら、そんな悩める髪でも大丈夫。「トップにボリュームを持ってきて、丸みをしっかり残すようなシルエットにすれば、ボリュームが足りない髪でもボブスタイルが楽しめます」(二階堂さん)

髪悩みに負けないスタイリング方法を教わりました。

【お悩み】ペタンコになりやすいトップにボリュームが欲しい!

ショート代表:新井希衣子さん(52歳/主婦)のお悩みを解消するには…

■髪型:トップにレイヤーを入れボリュームをもたせたグラデーションボブ

完成
サイド
バック

新井さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★

「ボリュームゾーンが下にあると顔のラインがもたついて見えるので、トップにボリュームをもたせます。頭頂部がペタッとしやすい新井さんに、ぴったりのスタイルです。今回はサイドの髪を耳にかけず、ふんわりシルエットに仕上げていますが、耳にかけてタイトにまとめるだけでシャープな印象にもなり、いろいろな表情が楽しめます」(二階堂さん)

■スタイリング:頭頂分の髪を根元を立ち上げるように巻き、トップのボリュームをアップ!

「トップにボリュームが出にくい方は、髪を乾かす段階から根元を立ち上げるようにドライヤーをあててください。指の腹で地肌を擦りながら、根元中心にドライヤーをあてると毛穴の向きも立ってくるので、立ち上がりがつくりやすくなります」(二階堂さん)

スタイリング前

■1:頭頂部の髪が立ち上がりやすいように、指で地肌を擦りながらドライヤーをあてる

特に分け目あたりの地肌を重点的に擦って、根元から立ち上がりやすいようにする。

■2:頭頂部の髪を前後2つの毛束に分け、それぞれカールアイロンで毛先から根元に向かって巻く

毛束を真っ直ぐ上に持ち上げながら、顔側の毛束は毛先から内巻きに、後頭部側の毛束は外巻きにする。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■髪を乾かすときは地肌を指で擦って、分け目を消すようにすること
  2. ■トップの髪を根元から立たせてボリュームをもたせる
  3. ■染めるときは元の髪色よりワントーン明るくしてツヤ感を出す

「髪色を明るくしたくない方でも、ご自身の髪色よりワントーン明るくするだけでツヤ感が出てきます。ツヤ感があるだけでパサついたダメージヘアに見えないのでオススメです」(二階堂さん)

Rougy ヘアデザイナー・二階堂雪さん。アンチエイジングの美容法を模索中。「口の中に親指を入れ、口内マッサージをするとリフトアップ効果があるんですよ」

 お問い合わせ先

Rougy
住所/東京都港区南青山3-10-32 Aoyama Morita bldg1F
TEL:03-6804-6082
営業時間:火~木11:00~20:00 金12:00~21:00 土・日祝10:00~19:00
定休日:月曜、第1・3火曜(月曜が祝日の場合は火曜に振り替え)

ひとりひとりの髪質や個性を生かしたスタイリングを提案してくれる大人の隠れ家的サロン。
この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑