レディース冬の黒バッグコーデまとめ。黒のショルダーやトート・ハンドバッグを使った冬のコーデを34選ピックアップしました。黒バッグを合わせたワンランク上のおしゃれに、ぜひチャレンジしてみてください。

【目次】

レディース冬の黒バッグコーデ


【1】黒バッグ×デニムパンツ×ベージュダッフルコート×ファー

【1】黒バッグ×デニムパンツ×ベージュダッフルコート×ファー
コート(モンクレール ジャパン)、デニム(Theory〈JBRAND for Theory〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

フォックスファーのトリミングが分量感たっぷりに配されたダウンベストのライナーに、ダッフルコートをレイヤード。今季豊富な、付属のライナーにファーが付いたアイテムも、コンテンポラリーにファーを楽しむ選択肢のひとつです。シンプルな王道アウターに品格のある黒バッグを添えれば、ハッとさせるドラマティック感が生まれます。

【2】黒バッグ×白ニット×グレーパンツ

【2】黒バッグ×白ニット×グレーパンツ
ニット・パンツ・ブレスレット・リング・バッグ(プラダ ジャパン) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

程よく地厚でいてほんのり肌を透かすような絶妙な質感は、最高級のホワイトカシミヤを100%使用したニットならではのもの。ニットが潔くシンプルなぶん、大ぶりのインパクトリングやスタッズ付きバッグなど、大胆な小物使いでメリハリの効いたおしゃれを楽しみましょう。

【3】黒バッグ×黒プルオーバー×グレーワイドパンツ×キャメルコート×ストール

【3】黒バッグ×黒プルオーバー×グレーワイドパンツ×キャメルコート×ストール
コート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、プルオーバー(Theory luxe)、パンツ(エンフォルド)、ストール(ボーダレス〈べグ アンドコー〉)、グローブ(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

冷気が立ちこめる日は、ストールを使って、ノーカラーコートをフーデッドに。週末のカジュアルスタイルでも、品格の漂う黒バッグは欠かせません。

【4】黒バッグ×黒ニット×黒スカート×ベージュコート

【4】黒バッグ×黒ニット×黒スカート×ベージュコート
コート・ニット・スカート・ベルト・サングラス・バッグ・ブーツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

1980年代のマックスマーラのアーカイブを現代に蘇らせたワイドラペルコート。アームを細めにし、体に沿うようなシンプルなシルエットは少しフレア感を足して今年らしくアレンジ。上質なアルパカに、伝統的なジベリン仕上げを施して、波打つような光沢を出したベージュがノーブルな雰囲気。上品なワンハンドルバッグとも好相性です。

【5】黒バッグ×白カットソー×デニムスカート×グレージャケット×ストール

【5】黒バッグ×白カットソー×デニムスカート×グレージャケット×ストール
ジャケット(三喜商事〈アルト〉)、カットソー(VINCE 表参道店〈VINCE.〉)、スカート(GALERIE VIE丸の内店〈GALERIE VIE〉)、ストール(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈バフジェイズ〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈ニナ リッチ〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)、ピアス・リング(ボンマジック サロン〈ボン マジック〉) 撮影/唐澤光也・宗高聡子(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

重く見えてしまいがちなブリティッシュ系のトラッドカジュアルに、パールの優しい彩りを。丸っこいフォルムの黒バッグがアクセントになってくれます。

【6】黒バッグ×黒ニット×黒スカート×ベージュコート

【6】黒バッグ×黒ニット×黒スカート×ベージュコート
エナメルパンプス『ベル ヴィヴィエ』・バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ピアス(髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉)、コート・ニット(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、スカート・グローブ(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

アイコニックなメタルバックルと、存在感のあるトランペットヒールに、心ときめく一足。シンプルな黒パンプスは、ヒールやトウのデザインで、センスに差がつくもの。翻ひるがえるコートからのぞく黒パンプスのシルエットやクラッチバッグのエレンガンとさが印象的で、さらに女っぷりを高めてくれます。

【7】黒バッグ×黒ニット×グレーパンツ×グレージュコート

【7】黒バッグ×黒ニット×グレーパンツ×グレージュコート
コート(オルドスファッション ジャパン)、ニット(スローン)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

表がグレージュ、裏がグレーのダブルフェースのカシミヤガウンコートを主役に。へアカーフのバッグ、パテントのキルト付きフラットシューズの小物は黒で統一して引き締めつつ、トラッド感をプラスしましょう。

【8】黒バッグ×グレーニット×グレーパンツ×黒ジャケット

【8】黒バッグ×グレーニット×グレーパンツ×黒ジャケット
ジャケット(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)、ニット(ebure)、パンツ(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、ピアス・リング(マルコ・ビチェゴ ジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

深い襟開きときゅっと絞ったウエストが上半身をコンパクトに見せる効果を発揮。流行のボリュームボトムを軽やかに着こなせます。端正なショルダーバッグを装いのアクセントに。

【9】黒バッグ×黒カットソー×グレーワイドパンツ×カーキコート

【9】黒バッグ×黒カットソー×グレーワイドパンツ×カーキコート
カシミヤのコート・ハイネックのカットソー・パンツ・バッグ・ブローチ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

キャリアの冬アウターとして欠かせないカシミヤのチェスターコートも、オフショルダーのややリラックス感のあるフォルムにアップデート。ニットのように軽くしなやかなカシミヤ素材なので、細身ながら、絶妙なメリハリのある美シルエットがかないます。ミリタリー調の色味が大人かっこいいコートには、メンズライクな大きめバッグが好相性です。

【10】黒バッグ×黒ニット×黒パンツ×ファージレ

【10】黒バッグ×黒ニット×黒パンツ×ファージレ
バッグ(グッチジャパン)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ありそうでないリッチ・カジュアルなリュックは、ファージレ、レオパードとインパクトのあるアイテムに投入して、休日スタイルを完成させましょう。

【11】黒バッグ×黒ニット×グレーコート

【11】黒バッグ×黒ニット×グレーコート
コート・タートルニット・パンツ(トム フォード ジャパン)、サングラス(トム フォード アイウエア)、グローブ(キートン)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

黒いカシミヤのケーブルニットに、グレーのダブルフェースカシミヤのフーデッドコートを肩がけ...そんないい女仕様のカシミヤカジュアルを、さらに盛り上げるのがリッチな小物使いです。光沢を放つアリゲーターのバッグにチャーミングなファー付きグローブを携えた手元には、コクのあるピンクゴールドが輝きを添える、大ぶり時計をはめて。シックカラーでまとめながら、華麗に女らしさを演出しましょう。

【12】黒バッグ×黒ニット×白シャツ×チェックパンツ

【12】黒バッグ×黒ニット×白シャツ×チェックパンツ
ニット・シャツ・パンツ(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉)、ピアス・ブレスレット・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX店〈テンサウザンドシングス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のニットはポンチョのようなデザイン。ボリュームのあるシルエットだからインに重ねてももたつかないのがうれしいポイントです。パリッとした白シャツをアクセントに、すっきりシルエットのチェック柄パンツと上品な黒バッグを合わせ、シックで洗練された印象に。

【13】黒バッグ×グレーワンピース×白コート

【13】黒バッグ×グレーワンピース×白コート
コート・ワンピース・バッグ(アオイ〈ポールカ〉)、ピアス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバートリーモーリス〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

エレガントなボディーラインを強調する細身ワンピースに、体をすっぽりと包み込むボリュームコートをふんわり肩がけ。前立てからつながるボリュームのある襟を少し高めに立てれば、往年の女優さながらのオーラが漂います。仕上げに端正なフォルムの黒バッグを添えて、エレガントを際立たせましょう。

【14】黒バッグ×ネイビーワンピース×トレンチコート

【14】黒バッグ×ネイビーワンピース×トレンチコート
ワンピース(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、コート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリハ〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のワンピースはメンズライクなピンストライプ。トップスは縦、スカートはバイヤス風に配した柄が、視覚効果でメリハリ感をアピールしてくれます。トレンチコートは袖を通さず、さりげなくはおるのが気分。コンサバにならないよう、スタッズ付きバッグをチョイスして、旬の装いに。

【15】黒バッグ×黒ニット×黒パンツ×グレージュコート

【15】黒バッグ×黒ニット×黒パンツ×グレージュコート
コート・パンツ(コロネット〈ザ ロウ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン(ウノアエレ〉)、バッグ(シャッツィ・チェン)、グローブ(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ニット/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

カシミヤ素材のコートは、驚くほどしなやかな着心地。全体にハトメが配されたベルトが、ミリタリーテイストを感じさせる、上品なアクセントになってくれます。ファーバッグで遊び心を取り入れて、こなれたスタイルに仕上げましょう。

【16】黒バッグ×オレンジスカート×オレンジニット

【16】黒バッグ×オレンジスカート×オレンジニット
スカート・ニット・ピアス・リング・バッグ・靴(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)、クラリネットケース・楽譜/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

オレンジのローゲージニットをクラシカルなひざ下丈スカートと組み合わせた「まじめ」なコンビネーション。一見ベーシックなようで、こっくり色同士でまとめたワントーンがとても新鮮です。この秋、スカートで洗練を目指すなら、選ぶべきは細身なひざ下丈! 黒バッグの肩がけで視線を上げるのもポイントです。

【17】黒バッグ×黒ニット×デニムパンツ×グレーニットコート

【17】黒バッグ×黒ニット×デニムパンツ×グレーニットコート
アウター(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(ヤコブコーエン GINZA SIX)、手袋(キートン)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ニットアウターは、ふんわりとエアリーなグレージュが高い好感度を実現。黒とのコントラストで、遠目にも映えるドラマティックなシルエットを描く。グレージュのタイトフィットデニムに、ニットと小物類は黒で統一して颯爽とした雰囲気に仕上げましょう。

【18】黒バッグ×ベージュニット×グレーパンツ×黒ケープ

【18】黒バッグ×ベージュニット×グレーパンツ×黒ケープ
ケープ・カシミヤのタートルニット・ストレッチカシミヤ×シルクフランネルのパンツ・ファートリミングのバッグ・別売りファーストラップ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・リング・バングル(ブルガリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

肩がけした瞬間にわかる、類いまれなやわらかさと軽さ。最高品種の誉れ高いヒルカス子山羊のうぶ毛を梳すいて採取した希少なベビーカシミヤは、高級カシミヤブランドならではのエクスクルーシブ素材です。大人カジュアルの仕上げには、やわらかなファーバッグを添えましょう。

【19】黒バッグ×グレージュニット×パンツ×グレージュコート×ストール

【19】黒バッグ×グレージュニット×パンツ×グレージュコート×ストール
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ヘリンボーン柄で端正なイメージをもちつつ、ファー襟で迫力を加えたドルチェ&ガッバーナのコートに、グレージュのニット&ストールで穏やかな印象を与えて。合わせる小物はシックな黒でも、艶でまとめれば贅沢な大人の雰囲気に仕上がります。

【20】黒バッグ×グレーニット×ピンクパンツ×グレーコート

【20】黒バッグ×グレーニット×ピンクパンツ×グレーコート
コート(アパルトモン 東京店〈ソヤ〉)、ニット(アストラット 青山店〈アストラット〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、ベグ アンド コーのストール・コースのグローブ(ボーダレス)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ペンダント(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

プラムピンクのパンツは挑戦色ですが、グレーのグラデーションにミックスすることで取り入れやすくなります。一見おとなしく見えて、よく見ると華やか!なスタイリングで、洗練された大人のカジュアルスタイルに。バッグは端正な黒バッグを選んで、きちんとした表情も添えましょう。

【21】黒バッグ×黒ニット×パンツ×黒コート

【21】黒バッグ×黒ニット×パンツ×黒コート
カシミヤアウター(edit & co.〈YURI PARK artigiano〉)、ファー付きスニーカー(リエート〈サントーニ〉)、タートルネックニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、バングル(バーニーズ ニューヨーク〈サヤカ デイヴィス〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

カシミヤアウターの装いに小粋な表情を演出するモードなファースニーカー。ニュアンスのある形のバッグを添え、全身をコンパクトな洗練シルエットでまとめましょう。

【22】黒バッグ×黒ブラウス×黒スカート×黒コート

【22】黒バッグ×黒ブラウス×黒スカート×黒コート
ブラウス・スカート(ブルーベル・ジャパン〈カルヴェン〉)、コート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈エレナ ギゼリーニ〉)、靴(ピエール アルディ 東京)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/水田 学(NOSTY) 田中 雅(取材) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ハイネックや立体的なフォルムなど、旬を凝縮させたブラウスで、フォーマルな着こなしにも鮮度を。フローラルモチーフをなぞった白のラインが黒の着こなしを明るく見せてくれます。スクエアフォルムのバッグで、さらにエレガント感を際立たせて。

【23】黒バッグ×黒ニット×黒スカート×ストール

【23】黒バッグ×黒ニット×黒スカート×ストール
ニット(Theory luxe)、スカート(wb)、ストール(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、バッグ(yoshie inaba)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ファッショニスタをお手本に、グレーのストールをマントのようにはおり、モダンな雰囲気に。クラッチバッグで艶を差したのがポイントです。

レディース冬の黒ショルダーバッグコーデ


【1】黒ショルダーバッグ×黒ツイードドレス

【1】黒ショルダーバッグ×黒ツイードドレス
ドレス・ポーチ・イヤリング(シャネル) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

顔周りに程よい抜け感を授けるオフネックのフラットカラーと端正なダブルカフスが上品なモード感を醸すコートドレス。黒を基調に、モスグリーンやネイビー、ピンクなどが見え隠れするツイードが、特別な一着をまとう喜びを高めてくれます。クラッチにもなるダブルチェーンのミニバッグで、軽やかに仕上げるのが今の気分! 

【2】黒ショルダーバッグ×オールインワン

【2】黒ショルダーバッグ×オールインワン
オールインワン・バッグ・ピアス・バングル(ルック〈フィラージュ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

オリジナルのキュビズム柄プリントで仕立てたミディ丈のオールインワン。ドレープ性のあるさらりとした素材感で、流れるように揺れるフレアラインが出現します。洗練されたデザインと、ピンクベースに黒を効かせたシックな配色で、モード色の強いアイテムも大人の女性にふさわしい仕上がりに。バッグは黒バッグを合わせて、全体を引き締めましょう。

【3】黒ショルダーバッグ×白ニット×黒パンツ×ベージュブルゾン

【3】黒ショルダーバッグ×白ニット×黒パンツ×ベージュブルゾン
ブルゾン(Theory luxe)、ニット(wb)、パンツ(REYC)、手袋(キートン)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

陰影のある毛並みが表情豊かなエコファーブルゾンと、ウールカシミヤのニットでグレージュの上品なグラデーションをつくったあと、黒で全体をきりりと引き締めて。ドロップショルダーのブルゾン、ストレートシルエットのニット、黒のショルダーバッグなど、こなれ感の漂うアイテム選びも着こなしの小気味よさを後押ししてくれます。

【4】黒ショルダーバッグ×白ブラウス×白スカート×黒コート

【4】黒ショルダーバッグ×白ブラウス×黒スカート×黒コート
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ・靴(フェンディジャパン) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗高聡子(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

このブーツの大きな魅力はソックスのように見えるストレッチ素材によって、きゅっと引き締められた足首。その繊細さを際立たせるために、ボトムには思いきりボリュームのあるフレアを! そして、トップスはシャープなテーラードできりっと引き締めます。黒と白を交互に配し、メリハリのリズムを強調するのもポイントです

【5】黒ショルダーバッグ×黒ニット×黒パンツ×ネイビーコート

【5】黒ショルダーバッグ×黒ニット×黒パンツ×ネイビーコート
コート・パンツ・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、サングラス(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ アイウェア〉)、ニット/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

カシミヤ混ウールのダブルフェースを使用したコートを主役に。ウエストの絞りに対してやや広めの肩幅とフレアシルエットで、ルダンゴト・コートのクラシックな上品さを印象づけます。フロントボタンのトップにあしらわれたアイコンのガンチーニがポイントに。ブーツカットパンツとの組み合わせ、バッグやサングラスの小物使いなど、ジャッキースタイルを意識した装いに。

【6】黒ショルダーバッグ×トップス×バーガンディスカート×ストール

【6】黒ショルダーバッグ×トップス×バーガンディスカート×ストール
ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、トップス(アオイ〈マントゥ〉)、スカート・グローブ(キートン)、ペンダント・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

色そのものが女性らしいバーガンディー。華やかなボリュームブラウスやタイトスカートなど、エレガントな合わせで楽しむときは、バッグや靴でかちっと端正な印象を加味すると、都会的な大人の装いが完成します。

【7】黒ショルダーバッグ×白プルオーバー×白コート

【7】黒ショルダーバッグ×白プルオーバー×白コート
ウールカシミヤのコート・ネックレス付きプルオーバー・バッグ(シャネル) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ラグランスリーブで身幅も、丈もゆとりがあるけれど、素材が軽く、しなやかだから、今年らしいボリュームシルエットを見せられるコート。思いきってフルレングスを選ぶのが正解です。ラグジュアリーな白でまとめれば、冬の街に映える美しい人に。黒のショルダーバッグを引き締め役に携えましょう。

【8】黒ショルダーバッグ×グレーTシャツ×黒パンツ×カーディガン

【8】黒ショルダーバッグ×グレーTシャツ×黒パンツ×カーディガン
クルチアーニのカシミヤTシャツ・カーディガン・パンツ・オリバー ゴールドスミスのサングラス・ミチノのバッグ・ニナ リッチの靴(ストラスブルゴ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

グレーのTシャツと、温もりのあるメランジェローゲージカーディガンの組み合わせが、休日らしいリラックス感を生んでくれます。いつもならスポーティーなカットソーを合わせていたところを、カシミヤTシャツに変えるだけで、スタイリッシュかつ大人の余裕が感じられる着こなしに。バッグもショルダータイプを選んで、軽快感を強調しましょう。

【9】黒ショルダーバッグ×黒ワンピース

【9】黒ショルダーバッグ×黒ワンピース
ワンピース・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ペンダント・バングル・リング(ピアジェ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

わずかに広がるAラインシルエットは、おなか周りを自然にカバーしてくれますし、高め位置のウエストはスタイルアップ効果抜群です。すとんと落ちるきれいなドレープに合わせて、華奢なY字ペンダント&チェーンのショルダーバッグを添えると、縦のラインが強調されます。

【10】黒ショルダーバッグ×黒ニット×グレーパンツ×グレージャケット

【10】黒ショルダーバッグ×黒ニット×グレーパンツ×グレージャケット
ジャケット・パンツ(エミリオ・プッチ ジャパン)、ニット(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンチェッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

やや高めのウエスト位置に施された幅広ブラックのあしらいが、端正なチェックのスーツから女らしさを引き出すアクセントに。しなやかなビスコース素材も、フェミニンムードを加味。このジャケット、実は、裏地が色鮮やかなプッチ柄に! エレガントな表情のバッグで品格ある装いに仕上げましょう。

【11】黒ショルダーバッグ×黒ニット×黒スカート×黒ライダースジャケット

【11】黒ショルダーバッグ×黒ニット×黒スカート×黒ライダースジャケット
ライダースジャケット(アストラット 青山店〈アストラット〉)、ニット・スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、バッグに付けたブローチ(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ストラスブルゴ〈ニナ リッチ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/唐澤光也・宗高聡子(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

ライダース×ジャカードスカートの甘辛ミックスのインパクトに負けないように、仕上げのネックレスアレンジで華やぎをプラス。バッグに付けたブローチ使いもセンスのいいアプローチになってくれます。