年齢を重ねるごとに、髪の毛にうねりやクセが出やすなった…と感じたことはありませんか? そんなクセやうねりを味方につけるには、レイヤーを入れること。

Rougyのヘアデザイナー、江良 栞さんは「レイヤーを入れておくと、毛先だけを1カールさせるだけでスタイルに動きが出ます。膨らみやすい髪質でも、仕上げにワックスをなじませておけば、広がりを抑えられます」と断言します。では実際に、クセやうねりを生かした髪型とはどういうものなのか? 見ていきましょう!

【お悩み】サイドに広がりやすい髪を落ち着かせたい!

相原彩子さん(38歳/主婦)のお悩みを解決するには…

■髪型:レイヤーで顔まわりに動きを出した、前上がりのシルエット

完成
サイド
バック

相原さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

後ろと内側の髪は1本1本がしっかりしているのに、顔まわりと前髪が細くてパサついている相原さんの髪。「縦長のシルエットになるように、顔まわりとの頭のはちのあたりにレイヤーを入れました。パサついている前髪は厚めにしています。薄い前髪だと地肌が透けて見え、寂しい印象になるので、大人の女性には不向きですね」(江良さん)

■スタイリング:毛先だけ内巻きに1カールして、動きを出す

「レイヤーの入っている毛先を、カールアイロンで巻くだけで動きが出るので、軽やかな印象に仕上がります。もともとのクセやうねりを、その人の個性として、そのまま生かしても素敵です」(江良さん)

スタイリング前

■1:毛束を取り、毛先だけ1カール内巻きにする

カールアイロンで毛先だけを内巻きにする。

■2:ハードタイプのワックスを毛先になじませる

ワックスを両手のひらに広げ、髪の中間から毛先を揉み込みながらなじませる。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■縦長のシルエットをつくって横に広がる髪を抑える
  2. ■毛先を巻いて動きを出す
  3. ■前髪は厚めにしてツヤ感と若々しさをアピール

「レイヤーを入れるとスタイルに動きを出しやすくなります。華やかさが欲しい顔まわりは、特にレイヤーを入れて軽さと動きを出すようにしたいですね」(江良さん)

Rougy ヘアデザイナー・江良 栞さん。毎日、湯船に浸かるようにしているとか。「休日は1時間、平日でも30分は湯船に浸かって体をほぐしています。おかげで肩こりが楽になりました」

問い合わせ先

  • Rougy
  • 住所/東京都港区南青山3-10-32Aoyama Morita bldg 1F
    TEL:03-6804-6082
    営業時間:火~木11:00~20:00 金12:00~21:00 土・日祝10:00~19:00
    定休日:月曜、第1・3火曜(月曜が祝日の場合は火曜に振り替え)
ひとりひとりの髪質や個性を生かしたスタイリングを提案してくれる大人の隠れ家的サロン

大人のヘアカタログ

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑