より利用者に配慮したデザインで滞在しやすい美術館に

1995年に開館し、都心にありながら緑や水辺を近隣にもつ環境にある美術館として人気を集めてきた東京都現代美術館。オープンから20年の経過を経て、経年劣化した施設や作品の補修などを行うため、約3年間休館していましたが、2019年3月29日にリニューアル・オープンを迎え、新たなスタートを踏み出しました。

今回の改修では設備機器の更新や美術館を隅々まで楽しんでもらうために新たなサインを設置。サイン什器はスキーマ建築計画の建築家・長坂 常さん、サイン計画はアートディレクターの色部義昭さんが担当しています。

チケット売り場
開催中の展覧会やイベントの掲示板

また、展示室内のエレベーターを増設。多目的トイレを拡充したり、出入口のスロープを増やすなど、バリアフリーも向上させています。また、子育て支援としてトイレ内におむつ替え用のベビーベッドやベビーチェアを設置したり、美術図書室のレイアウトを変更し「こどもとしょしつ」を新設。出入口も自動扉にし、子どもとの利用がしやすくなっています。

新設された「こどもとしょしつ」

屋外彫刻もリフレッシュ!新たな美しさを堪能

およそ3年間の休館中には、建物だけでなく、作品もリフレッシュ。屋外彫刻は環境の影響による劣化を修復。中庭へ抜けるエントランス扉も新設され、屋外コレクション作品を見ながら建物の内外を巡るルートができています。

リニューアル・オープン記念展「MOT コレクション ただいま/はじめまして」のエントランスで出迎えるアルナルド・ポモドーロの作品「太陽のジャイロスコープ」も修復され、展示されています。

リニューアル・オープン記念展「MOT コレクション ただいま/はじめまして」でのアルナルド・ポモドーロ「太陽のジャイロスコープ」 
美術館中央部にある中庭は少し高めの場所にあります。Photo/Kenta Hasegawa

レストラン、カフェ&ラウンジが新店舗になってフードも充実!

リニューアル・オープンから新設されたのが、レストランとカフェ&ラウンジ。レストラン「100本のスプーン」は、施設中央地下の美術図書館と同じフロアにオープン。カフェ&ラウンジは同じ場所の上の2階で、その名も「二階のサンドイッチ」。こちらは店内ではもちろん、テイクアウトして中庭で食べるのもおすすめ。

レストラン「100本のスプーン」では、美術館内でありながら、しっかりとしたお食事をお手ごろ価格でいただけます。

また、ミュージアムショップも「NADiff contemporary」がリニューアル・オープン。東京都現代美術館のオリジナルグッズのほか、清澄白河にアトリエを構える「i ro se(イロセ)」とのコラボレーション、気鋭のファッションブランド「PUGMENT」によりショップオリジナルのユニフォーム等を販売しています。

リニューアル・オープンしたミュージアムショップ「NADiff contemporary」

レストラン、カフェ&ラウンジ、ミュージアムショップ、美術図書室はいずれも定休日は美術館休館日と同じです。

リニューアルオープンに伴い、年間パスポートの発行もスタート。より訪れやすく、滞在しやすくなった東京都現代美術館、春のおでかけ候補にいかがですか?

企画展が4回まで無料、5回目以降は50%割引。コレクション展は何度でも無料で入場可能なほか、お得な特典が用意されています。年間販売価格¥4,000(税込)

問い合わせ先

  • 東京都現代美術館 
  • 開館時間/10:00〜18:00 ※展示会入場は閉館の30分前まで
  • 休館日/月曜(祝日の場合は翌平日)
  • ※ただし2019年4月29日、5月6日、7月15日、8月12日、9月16日、9月23日、10月14日、2020年1月13日、5月4日は開館
  • TEL:03-5245-4111
  • 住所:東京都江東区三好4-1-1

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子