ザ・ひらまつホテルズ&リゾーツ宜野座のエントランス
高台にあるエントランス。ここからは衝立のような緑の丘と赤瓦の間に海がちらりと見える。レセプションラウンジ棟へ降りていくにつれ、海の眺めが広がるランドスケープデザイン

沖縄本島のほぼ中央、東海岸にたたずむ「ザ・ひらまつホテルズ&リゾーツ 宜野座」。フランス料理の「レストランひらまつ」やイタリア料理の「リストランテASO」などで知られるひらまつが手掛けた、初のガストロノミック・リゾートがこちら。ゆるやかな沖縄時間に身を置きながら、都会でいただくひらまつの味を存分に楽しめる、滞在型リゾートです。

メイン棟のテラス
レセプションラウンジ棟のテラスからは、太平洋の眺めがグーンと迫ってきます。チェックイン時は宜野座のサトウキビを使った黒糖のプリンとオリジナルのウェルカムドリンクで迎えられます
インフィニティプール
太平洋とつながったようなインフィニティプール。水平線から昇る朝日を眺めるのにも、ぴったりの場所

海と空を眺めながら、厳選食材の極上ディナーをいただく

ステイの最大のハイライトは、夕食でしょう。サンセットの少し前にレストランへ向かい、まずはシャンパン。ひらまつブランドのドゥラモットをいただきながら、見上げるほど大きな窓から刻一刻と変わる夕映えの海と空を眺めながら、料理を待ちます。

レストランのダイニング
レストラン棟の中に、ダイニングは3か所。天井が高く、海の方角は全面ガラス張りになっています
アンティークな家具で統一された個室
4部屋ある個室。1900年代の英国のアンティーク家具、ジャン・ルイ・コケーの器など、選び抜かれた調度品が使われています

この日はフランス料理のコース。アミューズ、前菜、魚料理に肉料理など、それぞれが美しく、繊細。

なかでも、レストラン開業当時から人気が続く「赤ピーマンのムースリーヌ 爽やかなトマトのクーリー」は、赤ピーマンのムースを浮かべたトマトのスープが、シルキーかつ濃厚。

“ムッシュ ポール・ボキューズへのオマージュ”と添えられた「黒トリュフのスープ」は、黒トリュフやフォアグラの入ったコンソメスープをパイ包みで仕上げたもの。日本のお椀にインスピレーションを受け、スープがパイ包みにされたというエピソードのあるスペシャリテです。

そして肉料理「フランス産小鳩のグリエ ソース・エーグルドゥース」は部位によって焼き方や味付けを変え、ひと口ごとに驚きから、目を見開いてしまいます。

フランス産小鳩のグリエ ソース・エーグルドゥース
「フランス産小鳩のグリエ ソース・エーグルドゥース」。胸肉とモモ肉はロースト、レバーやハツなどはシンプルに塩、そして甘酸っぱいエーグルドゥースが全体をまとめます

初日のディナーはフランス料理、連泊するとイタリア料理も楽しめます。各料理には、沖縄にいながら国際都市と変わらぬクオリティーを叶えるため、食材は沖縄のものを吟味した上で、産地にはこだわらず、世界各国からそのとき最も旬の食材を取り寄せています。その分費用はかかっても、自分たちがいちばんおいしいと感じるものを供したいという真摯な姿勢がうかがえます。

さまざまな種類の泡盛
泡盛マイスターのおかげで、泡盛のイメージが変わるかも。金城次郎さんなど名工による酒器でいただくのも、特別な体験

レストラン棟内の泡盛をそろえたバーラウンジでは、泡盛マイスターがおすすめの銘柄やいろいろな飲み方を提案してくれます。珍しい古酒と並んで、30年前、シェフ平松がはじめて泡盛をおいしいと思った「龍」という銘柄も。また、小腹が空いたときにはカフェラウンジで日替わりパンやサンドイッチ、フルーツなどをつまむこともできます。

コバルトブルーの海を望む客室は、わずか19室

開放感が漂うオーシャンビューの部屋
真正面に太平洋を望むベッドは、景色に見惚れてしばらく出たくなくなるかも。ジョージ・ナカシマなど、家具の名品がさりげなく置かれています

7,000坪の敷地に客室はわずか19室。巧みなランドスケープデザインにより、各部屋で眺めや広さ、インテリア、屋根の高さやバスタブの位置などが異なります。すべての部屋がオーシャンビューであること、テラスにジャグジーがあることは共通です。そして、ミニバーの、アラン・ミリアの高級ジュースをはじめとする厳選されたソフトドリンクも無料です。

くつろぎの施設を整えたプール付ヴィラ スイート
ジャグジーやプライベートプールなど、くつろぎの施設を整えた「プール付ヴィラ スイート」(¥107,000~/1室2名利用時の1名様・夕朝食付・税別)。とっておきのプライベート感が味わえます

5タイプある客室は、どれもゆったりとした間取り。中でも憧れは「プール付ヴィラ スイート」です。宜野座の手つかずの自然に囲まれ、目の前には一切の人工物がなく、すべてをひとり占めしたかのような気分に。ジャグジーにつかりながら、海と空の広がりを感じる至福な時間を過ごせそう。

スパのベッド
東洋の五行思想をベースにしたトリートメントが受けられるスパ。プロダクツもトリートメントも、ゲストのためにテーラーメイド

ディナーを味わっているとき、ふと、音楽がかかっていないことに気づきました。大きな窓からは太平洋やリュウキュウマツの原生林の風景が広がり、繰り返す波音や梢を揺らす風音が届きます。

沖縄本島でも開発とは無縁の、あるがままの自然が残る東海岸、宜野座。この沖縄の太陽や海、自然を感じながら、浜辺を散策し、時にプールサイドに横たわり、そして世界の美食の粋を味わう、夢うつつな日々。悦びが表面張力のようにこみ上げてくる、心満たす旅があります。

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座 の詳細・Web予約はこちら >>

問い合わせ先

  • THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 宜野座
  • 料金/プレミアムツインルーム¥52,400~、プール付ヴィラ スイート¥107,000~(ともに1室2名利用時の1名分・夕朝食付・税別)
    TEL:098-968-5600
  • 住所/沖縄県国頭郡宜野座村字松田1425番
この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子