パンツのすそ丈と靴のトップライン(はき口)までの距離感は、流行に左右されにくいメンズファッションの中でも、時代の流れに敏感なポイントだ。70年代のようなグランジファッションならば、地面を引きずるほどのロング丈も流行として許容されるだろうが、テーラードジャケットやスーツが基本のジェントルマンスタイルとは次元の違う話。パンツのすそ丈は、ほんの1cm違うだけで見た目ががらっと変わってしまう。すその長さこそ、流行に敏感な紳士が気を使うべき箇所なのである。ここでは南イタリアのプーリア州に本拠を構えるパンツ専業ブランド、ベルウィッチのパンツを例に、現代的で最も格好よく見えるすそ丈について解説しよう。

ずばり、靴のトップライン(はき口)からパンツのすそまでの間隔は4㎝がベストである! もちろん、すその長さは好みが反映されるため、より短いすそ丈でも軽快であり、長めでもエレガントに映る。だから、どうしても自分はもう少し長めががよい、もしくは短めがよいとかの好みは貫きたいもの。ただし、パンツのすそが靴に触れクッションができるすそ丈は、現代的でないので避けるべし。ひと昔前のパンツは、ほとんどがワンクッションをつくっていたので、特に中高年のスーツスタイルには注意が必要だ。今もかなりのビジネスマンが丈の長すぎるパンツをはいている・・・。

すそ丈はこの写真を基準に!「ペグトップ」パンツをはくとこうなる

パンツ¥29,000(アスティーレ ハウス〈ベルウィッチ〉) 靴¥79,000(伊勢丹新宿店〈クロケット&ジョーンズ〉)

細いすそ幅のパンツには、軽やかなローファーを合わせ、短めのすそ丈で ゆったりとしたシルエットでも、ひざから下はシャープなラインを描くのが、パンツのトレンド。そのため、すそ丈は写真のように比較的短めに設定すると、軽快かつお洒落なスタイルになる。

いかがだろうか、靴の上でワンクッションを作るすそ丈は、現代ではNG。それを守るだけでも、ビジネススタイルはぐっとスマートになること請け合いだ。

※価格はすべて税抜です。※価格は2016年春号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
矢部克已 エグゼクティブファッションエディター
BY :
MEN'S Precious2016年春号「靴合わせから、パンツ丈、トップス選びまで詳細解説!主役顔「リラックス・パンツ」登場! 」より
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/小池紀行(パイルドライバー) スタイリスト/武内雅英(code) 構成・文/矢部克已(UFFIZI MEDIA)
TAGS: