Precious_1609_223-2

近頃、カール重視でマスカラを選ぶようになったのは、クルンと巻いたドール風まつげに憧れて…というわけではありません。加齢でたるんだ上まぶたと、下向きに押されがちなまつげを、マスカラの力で一気に持ち上げてしまおう、というのが狙いです。

それをスマートにこなしてくれるのが、シスレーの『ソーカール マスカラ』。1本1本にハリを与え、生え際からググッと立ち上げてくれるのが頼もしい。カールタイプにありがちな“固める感”がゼロで、しなやかで軽やか、フサフサな仕上がりもエレガントです。

使い続けていたら切れ毛や抜けが少なくなったのもうれしい発見でした。細くて短くて、なんとも頼りないまつげに生命力が戻ったよう。土壌を充実させて活力に満ちたまつげを生み、滋養をたっぷり与えて守り育てていくトリートメント発想は、さすがシスレー。見た目と根本からエイジングケアしてくれるマスカラ、頼もしいかぎりです。

■カール固定力に優れる液が、細くてハリのないまつげを根元からしっかりと立ち上げて、上向きまつげを維持。また抜け毛の治療にも使われる育毛成分を高配合し、弱ったまつげを強く長いまつげに育てる効果も。

この記事の執筆者
美容編集者として30年のキャリアをもつ。インターナショナル誌の副編集長を長く務めた経験を生かし、ファッション、ライフスタイル、カルチャーといった広い視野から女性の美と生き方について考察。女性誌やウェブ等への執筆や広告のディレクションを手掛ける。 好きなもの:イヌ科の動物、とくに柴犬、パリ的なもの、食べること、「明日は何を食べようか」と考える時間、こってりした食事、しっとりしたスイーツ、リトルブラックドレス、香り、国内外の市場、ボリス・ヴィアン、動物モチーフの小物や雑貨、フェリーニの映画、粘土細工、ピラティス
クレジット :
撮影/戸田嘉昭(パイルドライバー) 文/松澤章子