年代、季節を問わず人気を集めるボブスタイル。「スタイリングが簡単」「女性らしく上品」という理由で、40代以降の女性からも絶大な人気を誇ります。

今回は、そんなボブスタイルの中でも、ベース型の欠点を目立たせないボブスタイルをBEAUTRIUM 265のスタイリスト・勝永智基さんに教えていただきます。

ベース型の悩みといえば、頬骨やエラの張り。これらを目立たせないために勝永さんは、「高さのある頭頂部とサイドの毛束の膨らみで、輪郭から視線をそらすことが大切」だと断言します。

「頭頂部に高さつくることで顔全体を少し縦長に見せつつ、サイドにボリュームと丸みを持たせて、髪全体のシルエットを菱形に補正します。すると、目立っていたエラや頬骨から視線が外れ、顔の形が綺麗に見えます」(勝永さん)

欠点を目立たせないポイントは、「高さのある頭頂部」と「毛先の内巻き」。それでは、ベース型を補正できるボブスタイルを拝見しましょう。

■髪型:まとまりのある毛束と丸みのある内巻きで、角張った輪郭が温かみのあるやわらかい印象に!

ベース型のボブ代表:吉野美香さん(40歳/モデル)の場合

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

吉野さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★

「内巻きでつくった丸みが特長的なボブスタイル。レイヤーなどは入れず、毛先に厚みが出るようにカットしています。毛先をまとめることで、ダメージの目立ちを軽減できるだけでなく、髪が艶やかに。丸みをつけることで、角張った輪郭をやわらかい印象に見せることもできます」(勝永さん)

■スタイリング: カールで頭頂部に高さをプラス!毛先のワンカールで菱形シルエットを実現

「下準備として、頭頂部の地肌を指でこするようにドライヤーで乾かすと、根元が立ち上がり、カーラーを巻いたときに、より根元からふっくらとした印象に。内巻きにするときは、毛先だけワンカール。毛束の中間を巻いてしまうと、頭が大きく見えてしまうので注意してください」(勝永さん)

スタイリング前
スタイリング前

■1: 前髪と頭頂部をカーラーで巻く

前髪は短い髪だけ。トップは分け目の毛流れに沿わせるように巻くのがポイント。正面から見たときにカーラーが横向きになっていればOK。
前髪は短い髪だけ。トップは分け目の毛流れに沿わせるように巻くのがポイント。正面から見たときにカーラーが横向きになっていればOK。

■2: 全体の毛先をコテで内巻きにする

コテは32mmを使用。毛束は多めに取るとまとまりとツヤが出る。巻き終わったら前髪とトップのカーラーをオフ。
コテは32mmを使用。毛束は多めに取るとまとまりとツヤが出る。巻き終わったら前髪とトップのカーラーをオフ。

■3:スタイリング剤を毛先に揉み込む

バームとオイルを1:1で混ぜたものを手のひらになじませて毛先にオン。
バームとオイルを1:1で混ぜたものを手のひらになじませて毛先にオン。

〈ベース型ボブヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. ■頭頂部のカーラーは分け目の毛流れに沿わせるように巻く
  2. ■毛先は太めのコテでワンカール
  3. ■毛束を多めにとって巻くと、まとまりとツヤが出る

「スタイリング剤はキープ力のあるバームとツヤが出るオイルを1:1で混ぜたものがオススメ。髪の乾燥や広がりが気になる方はオイルを少し多めにしてもいいかも。艶やかでみずみずしい印象に仕上がります」(勝永さん)

BEAUTRIUM 265スタイリスト・勝永智基さん。メガネ好きで知られる勝永さん。かけていないと落ち着かないのだとか。「ヴィンテージのメガネが好きで集めています。コレクションは7本。その日の服に合わせて毎日メガネを選ぶのが楽しいです」
BEAUTRIUM 265スタイリスト・勝永智基さん。メガネ好きで知られる勝永さん。かけていないと落ち着かないのだとか。「ヴィンテージのメガネが好きで集めています。コレクションは7本。その日の服に合わせて毎日メガネを選ぶのが楽しいです」

問い合わせ先

BEAUTRIUM 265
住所/東京都中央区銀座2-6-5-4F
TEL:03-3562-6606
営業時間:月・水 11:00〜20:00 木 10:00〜20:00 金 11:00~21:00 土・日・祝 10:00〜19:00
定休日:火曜・第2水曜

確かな技術で一人一人のライフスタイルに合った髪型を提案。銀座の一等地に広がる癒しの空間。
確かな技術で一人一人のライフスタイルに合った髪型を提案。銀座の一等地に広がる癒しの空間。

 

この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑