今年、にわかに復活したのがストライプのネクタイだ。アイビーファッションや、高校生の制服などでもなじみのある柄のため、織り柄が緻密なネクタイが主流の昨今はあまり注目されていなかった。

ところが、半年に1度イタリア・フィレンツェで行われ、紳士服のトレンドを作り出すメンズファッション展示会・ピッティ・ウォモでは、会場を行き交う紳士たちが一様にストライプのネクタイ(レジメンタルタイ)を着用し始めている。カジュアル指向の昨今だが、タイドアップのエレガンスを楽しみたい紳士に取って、若やいだイメージを作れるストライプのネクタイ、特にイギリスを発祥とするレジメンタルタイは最適なのだ。

ここでは、紳士服の基本であるイギリス式の着こなしに必要な、ネクタイのバリエーションを紹介したい。今年の再注目株はもちろんレジメンタルタイ。コレを1本新調しておけば、タイドアップが必要なときにも迷わない。何年も着ているスーツやジャケットが、新鮮なコーデになって蘇る。旬のネクタイこそ、最もコスパの高いおしゃれアイテムなのだ。

ここでは、イギリス式Vゾーンを例に取り、レジメンタルタイ以外のVゾーンのつくりかたもまとめて解説する。

イギリス式Vゾーンは、常にエレガントである必要がある。色鮮やかで大胆な柄のタイやスカーフを使いつつも、ストライプのタイを使うことで、完成されたVゾーンに仕上がる。ジャケット別にVゾーンコーデのポイントを紹介する。

 メンズファッションの本家となるイギリスは、正統的なスタイルを表現する。一方で、1960年代に起こった、ピーコック革命に象徴されるような色鮮やかな着こなしも取り入れる。「正統でありながら大胆」。そんなキーワードがイギリスのコーディネートのポイントになる。正統派のネイビーのスーツやジャケットを主体に、色鮮やかでゴージャスな柄をデザインしたVゾーンを演出することで、最も注目されている、エレガントなブリティッシュスタイルを見事に表現できる。

イギリス発祥の、本家本元のアイテムを合わせることが、イギリス式Vゾーンの要諦である。
 タイは、レジメンタルストライプを選びたい。英国連隊旗を起源にもつレジメンタルは、かつて、自身の所属を表す、紳士にとって重要なドレスコードでもあったのだ。

 次に注目のタイは、ペイズリー。イギリス的な着こなしには、小さな柄から大きな柄まで、さらにビビッドな色でもVゾーンが決まる。

 そんな2種類のタイを基本にして合わせるシャツは、ストライプやクレリックが王道のスタイルをつくる。はっきりとしたロンドンストライプのシャツ、白い襟と白いカフスのクレリックシャツが必須。

 ギンガムチェックのシャツにも注目を。ストライプのタイと合わせれば、トレンドのブリティッシュスタイルが完成する。

ジャケット別Vゾーンテク
■ネイビージャケットの場合

クレリックシャツと小紋タイでクリーンな印象を与えるのが正解!ネイビージャケットになじむ、淡いブルーのクレリックシャツに、ネイビーの小紋ジャカードタイを合わせ、清潔感のあるイギリススタイルを。スーツ¥114,450(ハケット ロンドン丸の内店〈ハケット ロンドン〉) シャツ¥30,450・タイ18,900(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル&アッサー〉) チーフ¥10,500(ディンプル〈シーワード&スターン〉)
クレリックシャツと小紋タイでクリーンな印象を与えるのが正解!ネイビージャケットになじむ、淡いブルーのクレリックシャツに、ネイビーの小紋ジャカードタイを合わせ、清潔感のあるイギリススタイルを。スーツ¥114,450(ハケット ロンドン丸の内店〈ハケット ロンドン〉) シャツ¥30,450・タイ18,900(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル&アッサー〉) チーフ¥10,500(ディンプル〈シーワード&スターン〉)
幾何学パターンでトレンドのVゾーンを表現するのがイギリス式Vゾーン。注目のギンガムチェックのシャツ。胸元を若々しくする、トラッドな柄がいよいよブレイク! 鮮やかなグリーンをアクセントにしたストライプのタイで、シャープに着こなしたい。スーツ¥114,450(ハケット ロンドン丸の内店〈ハケット ロンドン〉) シャツ¥33,600・タイ¥18,900・チーフ¥8,400(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル&アッサー〉)
幾何学パターンでトレンドのVゾーンを表現するのがイギリス式Vゾーン。注目のギンガムチェックのシャツ。胸元を若々しくする、トラッドな柄がいよいよブレイク! 鮮やかなグリーンをアクセントにしたストライプのタイで、シャープに着こなしたい。スーツ¥114,450(ハケット ロンドン丸の内店〈ハケット ロンドン〉) シャツ¥33,600・タイ¥18,900・チーフ¥8,400(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル&アッサー〉)

■グレージャケットの場合 

ツヤのある上質なタイ&シャツが大人の色気をかもし出す。ツヤのあるタイとシャツを合わせ、グレージャケットをドレッシーな雰囲気にまとめる。ストライプのシャツに、光沢感のあるタイでコントラストを。スーツ¥228,900(リシュモン ジャパン〈ダンヒル〉) シャツ¥18,900(ハケット ロンドン丸の内店〈ハケット ロンドン〉) タイ¥18,900・チーフ¥9,450(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル&アッサー〉)
ツヤのある上質なタイ&シャツが大人の色気をかもし出す。ツヤのあるタイとシャツを合わせ、グレージャケットをドレッシーな雰囲気にまとめる。ストライプのシャツに、光沢感のあるタイでコントラストを。スーツ¥228,900(リシュモン ジャパン〈ダンヒル〉) シャツ¥18,900(ハケット ロンドン丸の内店〈ハケット ロンドン〉) タイ¥18,900・チーフ¥9,450(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル&アッサー〉)
ブラウン地にペイズリーをアレンジしたタイで、トレンド感あふれるスタイルを演出。チーフはラフに。スーツ¥228,900(リシュモン⦆ジャパン〈ダンヒル〉) シャツ¥32,550(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル&アッサー〉) タイ¥15,750(バーニーズ ニューヨーク新宿店〈ドレイクス〉) チーフ¥10,500(ディンプル〈シーワード&スターン〉)
ブラウン地にペイズリーをアレンジしたタイで、トレンド感あふれるスタイルを演出。チーフはラフに。スーツ¥228,900(リシュモン⦆ジャパン〈ダンヒル〉) シャツ¥32,550(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル&アッサー〉) タイ¥15,750(バーニーズ ニューヨーク新宿店〈ドレイクス〉) チーフ¥10,500(ディンプル〈シーワード&スターン〉)

■ツイードジャケットの場合

肉厚のツイードは今季の注目。ミックス調のジャケットに対して、グリーンのソリッドタイと淡いブルーのシャツが洒落た対比を生む。ジャケット¥294,000(ビームス ハウス 丸の内〈ファーラン&ハーヴィー〉) シャツ¥16,800・タイ¥12,600(ハケット ロンドン 丸の内店〈ハケット ロンドン〉) チーフ¥7,350(トゥモローランド〈シーワード&スターン〉)
肉厚のツイードは今季の注目。ミックス調のジャケットに対して、グリーンのソリッドタイと淡いブルーのシャツが洒落た対比を生む。ジャケット¥294,000(ビームス ハウス 丸の内〈ファーラン&ハーヴィー〉) シャツ¥16,800・タイ¥12,600(ハケット ロンドン 丸の内店〈ハケット ロンドン〉) チーフ¥7,350(トゥモローランド〈シーワード&スターン〉)
フェアアイルニットをポイントに。ジャケット¥294,000(ビームス ハウス 丸の内〈ファーラン&ハーヴィー〉) シャツ¥30,450(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル&アッサー〉) タイ¥12,600(トゥモローランド〈シーワード &スターン〉) ニット¥24,150(ハケット ロンドン 丸の内店〈ハケット ロンドン〉) チーフ¥3,990(シップス 銀座店〈ブリューワー〉) 
フェアアイルニットをポイントに。ジャケット¥294,000(ビームス ハウス 丸の内〈ファーラン&ハーヴィー〉) シャツ¥30,450(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル&アッサー〉) タイ¥12,600(トゥモローランド〈シーワード &スターン〉) ニット¥24,150(ハケット ロンドン 丸の内店〈ハケット ロンドン〉) チーフ¥3,990(シップス 銀座店〈ブリューワー〉) 
ネイビースーツをモダンに演出する、色鮮やかな胸元シャープなシルエットを表現した、ネイビーのスリーピースをよりエレガントに仕上げるなら、鮮やかなジャカードタイにクレリックシャツが正解。スーツ¥199,500・シャツ¥32,550(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル &アッサー〉) タイ¥14,700(ヴァルカナイズ・ロンドン〈シーワード&スターン〉) チーフ¥10,500(ディンプル〈シーワード&スターン〉) タイバー¥9,975(バーニーズ⦆ニューヨーク新宿店〈ルイ ファグラン〉) 時計¥1,627,500(ジャガー・ルクルト)
ネイビースーツをモダンに演出する、色鮮やかな胸元シャープなシルエットを表現した、ネイビーのスリーピースをよりエレガントに仕上げるなら、鮮やかなジャカードタイにクレリックシャツが正解。スーツ¥199,500・シャツ¥32,550(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ターンブル &アッサー〉) タイ¥14,700(ヴァルカナイズ・ロンドン〈シーワード&スターン〉) チーフ¥10,500(ディンプル〈シーワード&スターン〉) タイバー¥9,975(バーニーズ⦆ニューヨーク新宿店〈ルイ ファグラン〉) 時計¥1,627,500(ジャガー・ルクルト)

いかがだろうか? 今すぐ買うならまずは今年流のレジメンタルタイ。その上で、イギリス式Vゾーンの特徴を理解して、さまざまなバリエーションネクタイで、Vゾーンコーデを楽しんでいただきたい。

※価格は2012年冬号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
矢部克已 エグゼクティブファッションエディター
BY :
MEN'S Precious2012年冬号「お洒落3大国、英仏伊シャツ×ネクタイのお洒落対決」より
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/川口賢典(アナーキック エージェンシー/人物)、小池紀行(パイルドライバー/静物) スタイリスト/梶谷早織 ヘア&メーク/MASAYUKI(the VOICE) モデル/Cuba 構成・文/矢部克已